cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2013/12/30◆2013年、吉田鋳造10大ニュース、とか
▲home ▲index

第10位
スキーウェアを買う。

昨年、29年ぶりにスキーをやって、今年の序盤にはめいほうとチャオの2回も行って。ついにスキーウェアも買ってしまうというね。ただただなんちゃってシュテムターンで降りてくるだけなんだけど愉しくてさ。
で、ついにこの年末には泊りがけでスキーに出かけてしまったのだけど、それは年明け公開の年末年始行動雑文で。引っ張るねえ(笑)。

第9位
観戦数&遠征大減少。

今年のサッカー観戦はガイナvsカマタマの入替戦で終了。全66試合。昨年の79試合からさらに減となりました。
やはりトシを感じることが増えました。それとともに「数を増やす」ことに対するモチベーションも落ちてます。このあたりは好敵手と呼んではいますが私の遥か先を進んでいる無料試合のS君にも指摘されました。ま、今年の観戦数減少はトシのせいだけじゃないんですが、とはいえ若い頃の元気が戻ってくるとは考えにくいですね……。まだ若くてバリバリ観戦活動をしている皆さん、トシ取るってこういうことですぜ(苦笑)。

第8位
ソウル蚕室で韓日戦を観る。

こちらの旅行記====ThisIsTheErrorMessege====をお読みください。いまは代表の1トップとして定着した柿谷がブレークを果たした大会でしたね。

第7位
笠松競馬でイベントを打つ。

こちらの雑文====ThisIsTheErrorMessege====をお読みください。NHK岐阜ローカルだけどテレビでも紹介され、まとめブログにも取り上げられて企画は大成功だったけど、異世界に接してちょっと火傷を負ったというのもありました。来年もこの“冠レース”自体は規模を小さくするけど続けたいですね。

第6位
家電製品を充実させる。

実家のお古のブラウン管ワイドテレビをずっと使ってきてたわけだけど、さすがにそろそろ……というわけで、夏にブルーレイレコーダーとともに買い替えを果たしました。
もっぱら衛星波の番組しか視ないので、世事には疎いです。昨年の流行語大賞ではじゃからんと2人揃って「『スギちゃん』って、誰?」だったわけでして。ああそうだ、ブルーレイにドカドカ録画しておいたのを焼かないと来季を迎えられませんね。。

冬にはついにマッサージチェアなる大物を買ってしまう。じゃからんは職場で「あんた、買うならクルマでしょ!」と言われたそうですが、クルマは買う時だけじゃなくて維持費かかるもん(笑)。
とにかく疲れるのですよ。んで、疲れが取れないのですよ。じゃからんと「『ひろひろ』当たったら買おうね」と冗談言ってたのだけど、冗談では済まされなくなってしまい(苦笑)、ついに導入してしまいました。
こういう大きい買い物をする時は後悔しないように無理しても最高性能の機器を買うことにしています。で、この椅子をどこに置くか?ということになって、拙宅でこれまで物置程度にしか機能していなかった部屋を2人して大整理。これがあってKSLカップとか全部観戦休みにしてたんだけど、おかげさまで無事に搬入まで持っていけました。せっかくなんで、オフシーズンの間に他の部屋も少しずつ整理していきたいなあ。

そうそう、昨年の10大ニュースを読んで思い出したけど、ベッドサイドPCはレノボからレッツノートの中古マシンに変わりました。レノボはじゃからんのセカンドマシンに転厩です。故『ハクリュウボーイ』号のステッカーもこっちに引越し。

第5位
仕事の内容が変わる。

10月から職場は同じですが内容がガラッと変わりまして、はっきり申し上げますがまだ適応出来ていません。というか、不適応で困っていますどうしましょう。ま、こればっかりは逃げ続けることも出来ないので、ゆっくり適応していくしかないですね。ご飯は食べたいし遊びにだって行きたい。仕事は日々の糧を得るためと割り切っているので、宝くじが大きく当たったら辞めます(笑)。

第4位
社会人蹴球資料室の再公開。

以前に書きました====ThisIsTheErrorMessege====が、昨年春からコツコツやっていた作業をなんとか年内に公開にまでもっていきたくて、それで観戦遠征を控えていたというのはあります。ただ、その結果として上にも書いたけど観戦遠征の元気もなくなってしまったという。
残っているのはJSLの記録。これはこのオフシーズンの間にまとめたいところではあるのですが、どうでしょう。

第3位
フルムーンなお年頃になる。

こちらの旅行記====ThisIsTheErrorMessege====をどうぞ。ついにじゃからんともども“フルムーン”なお年頃になってしまいました。若い皆さまには「トシ取るって悪いことばかりじゃないよ」と申し上げておきましょう(笑)。
旅行記にも書いたけど、とにかく若冲のあの屏風に逢えたというのがインパクト絶大でした。プライスさんありがとう。

第2位
テレビに出る。

ご存知の方も多いでしょうが、NHK岐阜が制作した『FC岐阜この1年』なる番組で「忘年会をしながら岐阜隊を語る」コーナーにメンバー役のエキストラとして参加してきました。←この文章には1つ重大な間違いがあります(笑)。テレビを通して聴く自分の声って結構こもって聞こえてるのですね。
おかげさまで来年も岐阜隊はJ2です。年末に大きな動きがあって、ラ監督の話とか、チェルシー呼ばわりされた(笑)とかの話はめっちゃ長くなりそうなんで年明け早々に別立てで書きたいです。

第1位
Tシャツ企画がヒットする。

1位がこれか!(笑)とお思いの方も多いでしょうけど、あの企画のそもそもはW杯予選の韓国vsウズベキスタンを視ながらだかでじゃからんと「ウズベキスタンには『ソメーヤフ』とか『ノガーシュン』とかいう名前の選手がいそうだ」と話してたのがきっかけ。それが岐阜サポ達の中で話題になり、出勤途中で「ノガーシュンTシャツを作りたい」と思いついてしまい、そしたらアイディアとかで賛同する方も増えてきて、んで勢いで作ってしまったという次第。
いやあ、やっぱりロシア文字ってインパクトあるよね〜……と思いつつネタは大成功と喜んでいたら追加注文が生まれたりして、最後には同志ノガーシュン本人が欲しがっているなんて恐ろしい情報まで飛び込んできて、先日のクリスマスパーティで広報ユキコ嬢を経由して渡してもらうようお願いしました。そしたらユキコ嬢が「そうそうこれ、本人が欲しがってまして」と、クラブスタッフも存在知ってたんかい(笑)。
副産物として、ロシア文字が少しだけ音に直せるようになりました(笑)。NHK-BS『ワールドWaveモーニング』を視てて、インタビュアーや取材者の名前が出ると「あ、セルゲイさんだ」「アナスタシアちゃんだ」とか。


そんなわけで今年も終わり。年を経るごとに自分の中を占める岐阜隊の度合いが増えていくのを感じますね。それは地域密着というよりトシ取ってフットワークが鈍くなったと理解してくださっていいような気がします。
あとは、やっぱりトシという点では感じますね。以前から書いてたと思うけど自分は人生を閉じるステップにいるってこと。来年はイソジですし、いよいよその傾向は顕著になるかもしれません。「このトシになってスキーに手を出すような鋳造が何言ってる」と思われるかもしれませんが、メンタル的には明確に閉鎖志向ですよ。何歳になっても高階涼子が醒井涼子でいる====ThisIsTheErrorMessege====とは言うものの、やはり高階になって変わった部分だってあるわけですよね、たぶん。変わっていく吉田鋳造も悪くないなと自分では思ってます。では、また来年。

▲top