cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2014/12/30◆週末のスキー、そして2014年・吉田鋳造10大ニュース、のようなもの
▲home ▲index

今年は「10大ニュース」と呼べるほどのイベントはなかったので、順位をつけずに10個羅列してみます。

2人でトラウマを除去する。

相変わらず冬はスキーです。今年に入ってからも3月までにめいほう・五竜・チャオ。で今シーズンに入って野沢と戸隠。この項については旅行記も兼ねさせてもらいます。

ぼくは野沢温泉にトラウマがあり、じゃからんは戸隠にトラウマがある。ぼくのスキー初挑戦が野沢だったのだけど、日影リフトの乗り場で階段上りが出来ずにコケてしまい周囲に嘲笑われたという暗い思い出があり、それがきっかけでスキーから29年も遠ざかっていたのだ。じゃからんは、キャンプで戸隠に行った時に鼻血に熱発という体調不良で戸隠そばも半分も喰えずにキャンプ場から強制送還されたという黒歴史がある。よし、だったら土曜に野沢で日曜で戸隠だ。完璧じゃん。
と思ったところ、長野の宿が全然出てこないのよ。なんでなんでなーんでー?と『タイミング』を歌ってしまいながらそれでも謎は解けないので困っていたのでS藤ちゃんに相談したら彼女が長野のホテルに問い合わせてくれた。

「そうですか、満室ですか……何かあるんですか?……フィギュアですか!」

全日本フィギュアスケート選手権だったのです。ぼくらは無謀にもユヅルンに闘いを挑んでいたのだった。そりゃ勝てん。無理だわ(笑)。結局、一瞬だけ「国際21ホテル」にツインルームの空きが出たのを抑えられて勝利。結局、この一瞬しか長野の空き部屋は出てこなかったですね。

野沢と戸隠のお互いのトラウマは無事に決着。ぼくは冬の野沢はあの“マカロニサラダ事件”====ThisIsTheErrorMessege====以来の訪問になるのかな。日影リフトにも普通に乗れたし、翌日にはじゃからんも体調不良を起こさずに戸隠そばを喰えました(笑)。

野沢といえば、温泉。なのだけど。
滑り終えてから行った“十王堂の湯”。うわっ熱い!と思ったけど、入ったり出たりしてたらいい感じに。しかし、地元の方は「今日はぬるい」と仰る。なんでも、野沢の源泉は95℃!それが配管を通る間に75℃くらいになって、地元の方は大抵は47℃くらいにして浸かっているのだとか。「これだと43℃くらいですもん」と来たもんだ(笑)。恐るべし、恐るべし野沢村民(笑)。

翌日の戸隠は晴天。そのせいか気温も上がり気味で、雪質が若干湿っぽくてちょっと滑りが悪かった。ぼくらは前日にがっつり滑ったんで、早めに切り上げ。それでもさすがに2日目の午後になると疲れて来て、谷側の脚のコントロールがむずかしくなる。そんな状態でぼくは中級の壁に挑んでしまってイヤなコケ方をしてしまい左膝を少し痛めてしまいました。無理はいかんですね。ヘトヘトになるのはわかってたんで、帰りの『しなの』はグリーンを奮発してしまいました(笑)。

北海道に4回行く。

ホントは5回行くはずだったというのがオチだったりする(笑)。門別競馬、有珠まなびの里、厚別&旭川忠和、釧路で全社予選。あとはブロック決勝で札幌円山に行く予定だったのだが、台風でやむなく中止に。そういえば、門別競馬もホントは昨年10月に行く予定だったのだが台風で中止になったのだった。

地方競馬場訪問コンプ。

こちらの旅行記====ThisIsTheErrorMessege====をどうぞ。益田競馬で第1Rの単勝1番を100円買ってから……何年経ったんだろ。高崎とか北見とか旭川とか、その間になくなっちゃったとこもあって。

万馬券を当てる。

基本的に穴狙いの鋳造の基本戦略に「ずっと人気をかぶっていてそこそこの戦績を残しているのに、直前のレースで人気を裏切った馬」というのがある。やはり直前のレース結果で判断してしまうひとが多いので人気薄になりやすいのです。今回の有馬のトゥザワールドがまさにそれ====ThisIsTheErrorMessege====だった。3歳馬だから2キロ軽いし、ヤネ====ThisIsTheErrorMessege====も変わっている。というわけでトゥザワールドから馬複総流しで挑んだところ大正解。万馬券自体も久しぶりだけど、「有馬でやった」というところに価値がある。これでようやく19年前の「ジェニュインの呪い」====ThisIsTheErrorMessege====も解けたと思ってよかろう。でも、こうして地域決勝予想大会で上田ジェンシャンの勝ち抜けを当ててから冷静な判断が出来なくなったように馬券戦術もなっていくのであろう。あーあ(苦笑)。

メインPCの64bit化など。

3年前だかに買ったサイコムのデスクトップなんだけど、きっかけはオマル師から永久貸与を受けていたモニターの夕陽。これをトリガーに、いよいよレガシーソフトともお別れする時だな……とWindows7を64bitに。おかげで12GBという広大なメモリ空間を相手に出来るようになりました。一緒にソフトも一気にアップグレードして、結構な出費になったけど、出しただけの満足は得られてるのでOKです。
おまけというわけでもないけど、ベッドサイドPCを1年くらいでWindows8マシンに再変更。マウスで操作する分には、そんなに使い勝手も悪くないね。

観戦数、再びの増加。

93試合かあ。約1.5倍(笑)。でも増えたのには理由があって、来年が仕事の関係でだいぶ遠征を控えないといけないと思われるので、今年はハッチャケてみました。ホームの岐阜戦と全地域リーグのコンプが出来ればいいです。ピッチは問いません。岩手全社の頃には落ち着いていたいのだけど、ね。

『総研』スマホ版の公開。

実はこちら====ThisIsTheErrorMessege====で暫定公開しています。まだ『FOOTBALL』のとこしか動きませんが(苦笑)。「観戦記録」と「観戦地印象録」は暫定開業しています。S君にモニターになってもらって、いくつか調整をかけました。S君、協力ありがとう。
スマホ版だと、相手のギアサイズがPC版以上にわからないので気を遣わないといけないとこが多いのと、操作がマウス操作じゃなくてパネルタッチになるので細かいインターフェースは向かないという点で、特にインターフェースについては設計のやり直しがあって苦労しました。オフシーズンには雑文もスマホ対応にしたい。来年は遠征が出来ない分だけ在宅の休みが増えそうなんで、来年中に旅行記も対応させたいところ。。

“イソジ”になる。

年齢の記入欄に「5」から書き始めるって、やはり圧倒的に『現実』をつきつける部分があって。40代後半から「扉を閉じる側にまわった」というのは感じてたけど、50代になってからは「何を棺桶に一緒に入れてもらって燃やしてもらうか」を考え出すようになった。エンディングノート製作にはまだ早いかもしれないけど、そろそろ着手かなあ、とか。

ある『決心』をする。

ま、これについてはたぶん来年末の雑文で。むちゃくちゃ引っ張るねえ(笑)。


あれれ、9個しかないじゃん(笑)。

でも、自分の中で今年一番のニュースは、「昨年秋に職場を変わってどうなることかと思ったけれどなんとか1年続けられた」になるのかもしれない。“技術総務”的なポジションは作れたかな?と。仕事柄、イラストレーターを使う機会が増えたんだけど、今年の初めと終わりでは出来上がりに明確な差があるもん。ま、そのヘンで頼られるような生き方が出来れば、いいです。「遊ぶカネ欲しさに仕事する」なスタンスは変わらないけど、どうせしなきゃいけない仕事だったら、いい結果は出したい。その方がしっかり遊べるというものだし。では、また来年。

▲top