cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
travelnotes : domestic
地域決勝・決勝ラウンド@長居2(その1)
▲home ▲index <<prev next>>

2011年12月02日

西岐阜からJRで大阪へ。米原からは座って移動のために先頭車に乗ってたから、西梅田から地下鉄に乗る。これで何の問題もない。====ThisIsTheErrorMessege====のだけど、西梅田の駅でタウンカード====ThisIsTheErrorMessege====で切符買おうとしたら受け付けてくれない。取り扱いが終わったようで、同額のレインボーカード====ThisIsTheErrorMessege====と交換してくれたのはラッキーかな。長居の郵便局から義捐金を送り、コンビニでおにぎり買って、長居第2陸上競技場へ。ここで地域決勝をやるのは15年ぶり====ThisIsTheErrorMessege====かなあ。

第1試合
藤枝舞 1−0 相模原

完勝でしょうね。どちらからも「負けたくない」オーラが前面に出ての慎重な前半だったけど、この“慎重な試合”を作っているのが舞ちゃんの方だというのがわかってくる。相模原の攻撃はいつも通りに右サイドから。SBの金沢が仕掛けたり森谷が流れたり、そこまでは行く。だから舞の守備陣もだんだん左に寄ってくるのだけど、中央で待つマサキ====ThisIsTheErrorMessege====には舞の右SB奈良林がピッタリとマークして仕事をさせない。前半はそのまま膠着して終了。これは舞ちゃんが“意図的に膠着させた”展開で、つまり舞ちゃんのゲーム。
一緒に観ていた岐阜サポ氏は「マサキが自由にならないのは相模原は織り込み済みだろうから、後半はどう修正するかだ。岐阜じゃないんだから修正するに決まっている」と言ってたけど、後半開始と同時に相模原がギアを上げたら舞ちゃんもギアを上げた。ぼくはリスクを背負ってユーヤ====ThisIsTheErrorMessege====がもっと前に出て直接的に攻撃に絡んでマサキを自由にさせた方がよかったんじゃないかと思うのだけど。まるで蜘蛛が獲物をモノにする時のようにじわじわと自分達の流れにしてしまう舞ちゃんの試合運びは恐るべし。右から奈良林が上げたクロスがゴール正面で清水のアタマにピッタンコでどーん。試合中にストレッチとかしてたし、逃げ切るために「交代、オレ」====ThisIsTheErrorMessege====もあるか?…と、ちょっとワクワクしてたけど俊秀御大自ら出撃はなし。
そのまま1−0で終了。件の岐阜サポ氏が気づいたのだけど、笛の瞬間に俊秀監督は両腕を高く上げてのガッツポーズではなく、右腕を曲げて腰の辺りで引き寄せるような、よくピクシーがやるようなガッツポーズだった。それは、勝利の歓喜ではなく、自分の計画通りにコトが運んだときの仕草。なるほど〜。

第2試合
HOYO 0−4 本牧

実はHOYOを観るのは初めて。予想大会でおくだ隊長が「本番ではパンツくらい履いてくるかもしれないが」====ThisIsTheErrorMessege====と表現するくらいに岐阜全社で素っ裸にされたHOYOのDFだけど、この表現を借りれば「開始1分でパンツ脱がされた」ということになるか(笑)。青田翔の飛び出しを誰も面倒見れなかった。その後も本牧はDFの緩さを突いて着実に得点を重ねていく。4得点の圧勝だけど、実はさらにバーやポストに2本跳ね返されている(笑)。本牧で目立ったのが左2列目の吉田で、「俺には『明日』なんて概念はねえっ!」とばかりに犬ころのように前線でひたすらプレス。初日からコレで大丈夫かいな。
HOYOはホリケン====ThisIsTheErrorMessege====がもはやぼくの知ってるホリケンでなくなってしまっていたし、まさに手も足も出ない感じ。もしかしたら、HOYOは“草刈り場”になってしまうかもしれないとさえ思った。一緒に観戦していた友人は「石垣島でロックは5失点したけど昇格した」と言っていたけど、あの時のレノファに該当するチームが今年の長居第2にいるようには思えなかったし……。

試合終了後に、本牧サポ氏に「こんなに飛ばして大丈夫なの?」と訊いてみたのだけど、その答は実に説得力があってシンプルだった。「『勝ち点3』の壁を越える====ThisIsTheErrorMessege====ことが重要だった」。なるほど、たしかにその通りだ。しかし、残り2節は舞ちゃんと相模原だ。そう簡単にパンツは脱いでくれないぞ(笑)。


地下鉄を乗り継いで千日前筋近くのホテルへ行き、ちょっと寛いでから夜の街へ。集合場所は、もちろんグリコ前(笑)。大勢の観光客が記念撮影。中国語も多く聞こえた。で、知らなかったんだけどグリコネオンの向かいにH&Mがあるんだね。せっかくなんで西側のメンズ・コーナーに行ってみたら綿シャツでいい感じのがあったので合わせてみたら、LサイズでOKだった。かつてはこのサイズでも“厳しかった”んだよなあ…と感慨も新たに発作で買ってしまったではないか。H&M、早く名古屋にオープンしないかなあ……。

で、Sun'sSon氏と岐阜サポ氏とで待ち合わせして、目当てにしておいたもつ鍋屋に。いつものようにサッカーの濃い目の話で、愉しいひととき。解散してから、ふらっと1パチ店で打ったら勝ってしまって、呑み代の4割程度を回収してしまった。部屋に戻って沈没。

▲top <<prev next>>