cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2019/11/07◆お待たせ!地域CL・1次R通過チーム予想大会(その2)
▲home ▲index

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜第26回〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「地域CL・1次R勝ち抜けはどこになるのか会議」〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Aグループ:金沢市民(石川)開催
東海1位FC刈谷
北信越1位福井ユナイテッド
四国2位FC徳島
九州1位沖縄SV
Bグループ:仁賀保(秋田)開催
関東1位VONDS市原
全社枠TIAMO枚方
東北1位いわきFC
北海道1位北海道十勝スカイアース
Cグループ:春野球(高知)開催
中国1位SRC広島
関西1位おこしやす京都
四国1位高知ユナイテッド
東北2位ブランデュー弘前


●初登場!西鉄と駅伝とKyuリーグを愛する人・海松氏の見解。

お初にお目にかかります。北部九州=西鉄バスに予約せずに乗れるエリアでひっそりこっそりと活動している海松(みる)というものです。
ロッソ熊本でルールを覚え、かりゆしやニューウェーブやトンビーズといったチーム名のおもしろさに惹かれて沼につかり、その後はNW北九州→静岡に進学後は芙蓉クラブや矢崎バレンテ→福岡に戻ってからは九州三菱自動車を中心に、Kyuリーグ全チームを年に一度は見るようにしています。高校生のころから毎年楽しみにしていた====ThisIsTheErrorMessege====予想大会にまさか自分が参加する日がこようとは……なんとも感慨深いものがあります。
Kyuリーグしか見ていない私になにが予想できるのかという感じですが、この舞台にお呼ばれしたからには全力で当てに行きます。

●Aグループ:沖縄→刈谷
「全力で当てに行きます」と言ったそばからダサンダーに走りますが(爆)、我が地元、九州三菱の入替戦回避→残留のためにSVには勝ってもらわねばなりません!!Kyuでの17連勝はそうそう出来るもんじゃないです。でも全社1回戦で九州勢全滅……今のKyuのレベル低下も認めざるを得ません。正直言っていわきや市原や枚方が同組だったら候補にはあげません。でもこの組ならいけると思います。行ってください(懇願)。
この組で一番やっかいなのは刈谷……ではなく初戦の徳島。去年の天皇杯・福大戦で見て以来好感を持ってます。あの鐵を5-1でボコった医福大をシャットアウトしているのは怖い。刈谷−枚方戦は高原さんと柳一誠がスカウティングしてましたが、徳島も見てるといいなあ。
沖縄で気になるのは宮崎集中開催以降ベンチにも入っていない西澤代志也の状態。西澤と一誠が並んで中盤に君臨してないと一気に力が落ちます。あとは前俊の使い方。どう起用したら効くんですかね?
福井は評価を下げる要素が特にないんですが「地域決勝はクラブの総合力を問うてくる」という鉄則からして、組織変更1年目でいきなり昇格は難しいかなと。初戦で刈谷にきっちり受けられちゃうと意外と脆いかも。
SVが勝ちあがるとしたら刈谷との一騎打ちになると思います。受けて耐えて勝ち抜くしぶといチームですが全社で見た感じでは渡り合えるとみました。頑張ってほしいものです。というかマジで九州三菱は降格すると辛いんすよ……昇格意思なしの絶対門番・三宅クラブの牙城を崩すのは容易ではないし、優勝してもいま県2部でブイブイ言わせてる八代フューチャーズやジェイリースFCが各県決勝に来るとなると……SVさんお願いだから私に近場の観戦環境を確保させてください!!!

●Bグループ:枚方→いわき
せいb……違ったいわきを相手にするなら堅守より撃ち合いに持ち込むしかないのでしょう。ホークスだってそうでした。
十勝は道リーグラスト2戦で2分、全社初戦では猛蹴を押し込みながらカウンター一発で敗戦。積極性と決定力という点ではいわきと相対するには厳しいかもしれません。でも道リーグ史上最も昇格に燃えているクラブなだけあって、全社敗退後も鹿児島に残って月曜日はテゲバとTMしてました。その裏でいわきのスカウティングはしてると思いますが……もし守備的に入ったならその瞬間に終わりです。
十勝に比べると、市原も枚方も「堅守より撃ち合い上等」の闘いができるチーム。いわきも一筋縄ではいかないでしょう。気になるのは3チームの全社の使い方。
枚方は勝負賭けということもあって3試合全く同じスタメン。いわきはスタメンをころころ変えながら戦術確認の場として利用。市原は主力の一部を帯同すらさせず、一方で全社に帯同していた横澤・児玉・鵜飼・白石を登録メンバーから外してきました。いいんですか?。個人的に「全社でガチンコの3連戦を経験させる」というのは非常に重要な要素だと思うので、ガチンコでやった順に1〜3位を選びました。枚方は中日で十勝と当たれるというのもありますし。
というか市原は一昨年の地域決勝を経験したうえで「主力に3連戦を経験させる必要はない」とクラブが判断したとしたら、それは明らかな愚行では?スタミナ度外視で2日目まで行ったとして3日目の十勝戦で大量得点が必要になった場合はどうするんでしょうか。

●Cグループ:京都→弘前
SRC以外は今まで一度も見たことないんですよねえ……全社中国で見たSRCさえ雨が真横から叩きつけてくる最悪の環境下だったので印象ゼロという。そのSRCは劇的な優勝で勢いに乗っているかもしれませんが、全社ではまともにメンバー揃わなかった教員団をボコっただけで翌日猛蹴に敗れたのはなんとも。3年前と同様に堅守よりも攻め倒すスタイルならばここでは分が悪すぎます。
この組は「高知をどう見るか」でしょうか。リーグ戦わずか4失点で全勝ではありますが、四国のレベルを考えると1枚落ちると見るか、全社で健闘した徳島をリーグ戦ではダブルで下していることを評価するか。前者であればすんなり2強2弱ととれます。いわき相手にリーグ戦2分という弘前と悩むところですが、全社での経験値を踏まえておこしやすを上位と見ます。後者であればSRC戦が中日となる高知が日程と地元の利を活かして一気に行ってしまうかもしれません。

●ワイルドカード:弘前
Cグループが高知次第で2強2弱かつ大量得点が見込めそうなので。個人的には決勝ラウンド3日目第2試合で「ワイルドカードの枚方vsC組1位のおこしやす」の再戦をやってほしいところではありますが。


●前年度優勝・『千の男』無料試合のS氏の見解。

嬉し恥かし、でぃっふぇんでぃーんぐ・ちゃぁんぴおーん!でございます。
成績は観戦結果に比例しないということがよく分かりましたので、今年は調整に調整を重ねた結果、12チーム中6チーム未観戦とすることができました……すみません。ただのピッチ原理主義の産物です。さすがに未塗りピッチのストックが少なくなってきて自治体予選とか全クラ予選とか未開の餌場を求めさまよいつつあるので、来年はさらに未観戦チームが増えるかも……。
ちょっと道がそれました。それでは予想いきます!

●Aグループ:刈谷→福井

    今年の観戦実績と印象:
  • 刈谷 未観戦
  • 福井 未観戦
  • FC徳島 1勝(新潟医福大FC)1敗(O京都)
    個に頼らない攻撃は好印象も地域外の強敵には苦杯。2回戦で退場を受けた松本が出ていれば違ったかもだが……
  • 沖縄SV 未観戦
ごめんなさい無理です!データから読むことしかできませんが……
まずFC徳島。全社で3連戦できたことは収穫だと思いますが、地域CL常連レベルのチームに通用しなかったのはこのリーグ戦を勝ち抜くには少々厳しいかと。
沖縄SVは今回の全社も3連戦を体感することができず、元J組の年齢を考慮すると心配が消えない上、リーグでほぼ互角だったJ宮崎の全社での内容を鑑みるとちょっと推せません。
残る刈谷と福井は戦力的にはほぼ五分と思われ、初日に当たる両者の勝者が突破する気がします。仮に引き分けたとしても、2日目に沖縄SVと当たる福井より3日目で当たる刈谷。日程的には刈谷有利ではないでしょうか。

●Bグループ:枚方→いわき

    今年の観戦実績と印象:
  • V市原 1勝(栃木C)
    観戦した試合は1-0ながらレナチーニョに依存せずとも総合力の高さを感じた(なお他の試合では戦術レナの情報あり)
  • 枚方 1勝(東京U)
    豪華補強がきっちり効いてる印象だが既存選手も健在。東京Uに完勝した試合は関東モンにとって衝撃的だった…
  • いわきFC 1勝(Chukyo_Univ)
    序盤にリードするや前半途中からキーマンを休ませる展開で参考程度か。ただ控えメンバーとの差は明らかにあった
  • 十勝 未観戦
観戦してないのでえらいことは言えませんが、去年の印象通りなら十勝はどうにもならないブロックに入ってしまったといえます。
他の3チームはまさに巴戦の様相ですが、リーグ戦の結果だけなら鬼の関東1部を1敗で駆け抜けたV市原(2敗してますが1敗は優勝決定後)と取りこぼしが多かった枚方、弘前や女川との試合では拮抗したいわきFCを較べるとV市原が1枚上に見えます。関東人としてもV市原に行って欲しい思いはあります。
でも少なくとも一次ラウンドに関してはやっぱり「全社力」だと思っているのです。よって全社覇者の枚方、続いて3位のいわきFCが来ると予想します。

●Cグループ:京都→弘前

    今年の観戦実績と印象:
  • SRC広島 未観戦
  • O京都 1勝(FC徳島)
    枚方に負けず劣らずの豪華補強が既存戦力底上げの相乗効果を生んだか。魅惑の攻撃陣だが、試合中盤からの勝又MFには疑問……
  • 高知 未観戦
  • 弘前 2勝(女川、プリメーロ)
    女川戦はスコア通りの完勝、攻守とも昨年よりレベルアップ感。FW高橋の32得点は驚異的
観戦してないのでえらいことは言えませんが、去年の印象通りならSRC広島・高知は少しキツい感じがします。高知は例年に比べて大きな補強をして、リーグでも盤石だったですがやはり全社を経験できなかったことで他地域との対戦は困難があると見ます。
弘前は攻守ともいいです。組み分け次第では突破候補として推せたと思ってます(西の方々からは大穴に見えるかもですが)。でも少なくとも一次ラウンドに関してはやっぱり「全社力」だと思っているのです。全社ファイナリストの実績には抗えません……。

結局今年も決め手は全社です。あんまり「予想」してないな……

●ワイルドカード:弘前
まず三すくみと思われるBグループは外します。三すくみなので6−6−6−0の可能性もあると後で思いついたのですが、ここは 最初のひらめきを信じて……。で、AとCとの比較ですが、1位と2位・2位と3位の差が大きそう(=6ポイント取れる可能性が高そう)なのはやっぱりCグループかなと思います。


●重鎮・おくだ隊長の見解。

今回も昨年のスタイルを踏襲し、リーグレベルの評価、監督についてコメントした後、各グループ1位とワイルドカードを予想する。

■9地域リーグに関する評価

リーグ
(1部)
評価チーム
状況1位チームの
全社結果
全社枠等関連
北海道3強1回戦で
横浜猛蹴に0-1負け
 
東北1103強SFで
お京都に0-2負け
3位
2位ブラ弘前が輪番枠
関東1103強2回戦で
常葉大浜松に0-1負け
 
北信越13強北信越予選で
アル浅間に2-4負け
 
東海1102強QFで
ティ枚方に2-3負け
 
関西12強Fで
ティ枚方に0-1負け
2位
2位ティ枚方が全社枠
中国2強2回戦で
横浜猛蹴に0-1負け
 
四国2強四国予選で
FC徳島に1-2負け
2位FC徳島が輪番枠
九州102強1回戦で
お京都に1-3負け
 
※評価:リーグレベルに関する筆者の評価
※状況:1位チームを基準とした勝点のバラツキ具合

■出場12チームの監督に対する評価

選手時代の実績は沖縄SVの高原さん(選手兼任)が図抜けているが、監督としてのキャリアはまだ浅い。逆に、いわきFCの田村さん(現役当時は湘南)やお京都の石田さん(徳島や藤枝など)が力をつけつつある。監督ではないが個人的に注目しているのは、今シーズンからスカウト兼コーチとしていわきFCに移った中島さん。37歳と若いが、流経大時代は選手としてJFL昇格に貢献し、名古屋、琉球、水戸を経て母校に戻った後は(1年生主体で3軍扱いだった)ドラゴンズのコーチ・監督を務め、社会人の関東リーグ2部にいたチームを全社経由でJFL昇格に導き、このレベルの若手育成に実績を持つ。
そんなワケで、今回は中島さんを見に仁賀保に行く予定。大学院に行ったり療養生活を送ったりで5年ぶりになるかな。5年前は乃木浜→オリプリで、FC大阪とドラゴンズのJFL昇格に立ち会ったっけ。
それでは、各グループの予想。

●Aグループ:沖縄→刈谷
初日の刈谷vs福井が引き分けそうな気がする。となると沖縄がぐっと有利。全てのチームがスケジュールを公開している訳ではないが、前日入りのチームが大半、早くても前々日(市原)という中、沖縄は11月3日に現地入りするらしい。入れ込み過ぎるとロクな結果が出ないのがこの大会だが、気候の差に早く慣れておくのも重要。

●Bグループ:いわき→枚方
1勝2分けで3チームが並ぶ可能性も考えたが、小癪なジジイ(野沢、二川、武田)が揃った枚方と上手さには欠けるが若くてフィジカルの強いいわきが最終日に直接対決で決着という図式。3日目なので若い方が有利。

●Cグループ:京都→高知
お京都はくじ運に恵まれたので3戦全勝がノルマ。3強1弱のBグループと違って1強3弱なイメージのCグループなので、お京都以外の3チームも波に乗って2勝すればワイルドカードでJビレに行ける可能性がある。

●ワイルドカード:高知
組み合わせと地の利、両方に恵まれた高知が勝点6でWC。ひまわり牛乳南国クラブ当時からずっと見ているけど、そろそろ上がれよなと強く言いたい。


●徳島サポ・ナカヲ氏の見解。

今年もお声掛けいただき、ありがとうございます。
犬山被害者の会====ThisIsTheErrorMessege====会員のナカヲです。つい先程、犬山の雷中止のおかげで今シーズン未観戦だった東海2部を滑り込みの最終戦観戦でクリアし、昨年に続いて全国9地域15リーグの観戦を達成して参りました。全リーグ観ていると言っても、そのほとんどが1〜2試合なので、地域CL出場チームを見ていないリーグや、中国リーグのように3月に観たっきりというリーグもありますので、あんまり予想の参考にはならないかも?と最初に言い訳したうえで予想を始めます。

●Aグループ:刈谷→沖縄
個人的にこのグループの注目は何と言ってもFC徳島です。徳島県から10年ぶりの地域CL出場。====ThisIsTheErrorMessege====つい4年前は四国リーグに徳島県のチームが一つもなかったのですから、あれから4年でここまで来るとは感無量です。輪番枠での出場ですが、全社では2勝を挙げて県勢初のベスト8入りを果たしていますから、舐めていると痛い目に遭いますよ。とはいえ、決してレベルの高くない四国リーグで、全勝優勝した高知ユナイテッドSCに2敗しての2位、しかも14試合で11失点(高知U戦以外で5失点)。得点力もそれほど高くはないだけに、地域CL初挑戦という経験値の少なさも含めて、勝ち上がるのは難しいと予想します(ここで急に現実的になる)。
次に地元・北信越の覇者、福井ユナイテッドFC。北信越リーグを13勝1分で制しましたが、全社はライバルのアルティスタ浅間に敗れて出場ならず。リーグ閉幕から2ヶ月近く公式戦がなかったため(国体に出た選手が多いとは言え)試合勘が心配です。
九州リーグを初制覇し、初めて地域CLに出場する沖縄SVは、リーグ戦で開幕17連勝。最終節でJ.FC宮崎に敗れて全勝優勝こそ逃しましたが、リーグのレベルが落ちてきている点を割り引いても、申し分のない成績と言えるでしょう。ただ、全社は初戦でおこしやす京都ACに逆転負けを喫し、3連戦のシミュレーションができなかったのは気がかりです。
最後に東海リーグの覇者・FC刈谷。リーグ戦は12勝2敗で、2位のFC伊勢志摩を勝ち点差2でかわしての優勝。14試合で14失点、無失点は6試合だけという守備の安定感のなさは気になりますが、全社ではしっかり3連戦を経験し、準々決勝では優勝したFCティアモ枚方を終了間際まで苦しめました。5年連続の地域CL出場、そして昨年3位に入っていることも含め、経験値はこのグループで一番ですし、本番へ向けてのピーキングはきっちりしてくるはず。リーグ戦の苦戦はむしろ良い薬になったのでは?と見て、1位通過の最有力候補に挙げます。

●Bグループ:市原→枚方
強豪揃いの関東1部を大差で制したVONDS市原FC、関西1部では勝ち点差1に泣いて2位に終わったものの全社ではその雪辱を果たして優勝したFCティアモ枚方、そして東北1部を得失点差+100で制したいわきFC、昇格の有力候補と目される3チームが一堂に会する仁賀保会場は激戦必至! 最注目のグループと言っていいでしょう。
その中でまず、開催地・東北を無敗で制したいわきFCですが、引き分けが3つあるものの失点は18試合でわずか4点。2部で全勝優勝した昨年よりも失点を大幅に減らしてきました。ただ、地域CLに出場できるレベルのチーム、2位のブランデュー弘前や3位のコバルトーレ女川との直接対決は計1勝3分。唯一の勝利は開幕戦で女川に1-0で勝った試合でしたが、後の3試合は全て引き分けでした。3位に入った全社でも、80分で勝った相手は東海2部の上位2チームと関東1部の最下位チームのみ。勝ち試合の派手なスコアに目が行きがちですが、力のあるチームにはあまり勝てていないことを見逃してはいけません。
続いて全社の覇者・FCティアモ枚方ですが、関西1部でおこしやす京都ACとのマッチレースに勝ち点差1で敗れて2位。おこしやすに1分1敗、そして4位の関大FC2008にも2分と、特定のチームに勝てなかったのが響きました。しかし全社では関東2位、東海2位、東海1位を連破して見事に全社枠を勝ち取り、その勢いに乗って決勝ではおこしやすに雪辱を果たして頂点に立ちました。ただ、リーグ戦は14試合で17失点を喫し、無失点試合はわずか4試合だけ。地域CLという関西1部よりもうワンランク上のレベルを考えると、この守備力には不安が残ります。
そしてVONDS市原FC。関東1部で2位に勝ち点差9をつけて2年ぶりの優勝を果たしました。2位の東京ユナイテッドFC、3位の栃木シティFCに1敗ずつ喫していますが、栃木戦の負けは優勝決定後の最終節ですし、関東1部のレベルを考えれば見事な成績と言えるでしょう。全社は2回戦で東海2部の常葉大学浜松FCに完封負けし、3連戦を経験できなかったのが懸念材料ですが、地域CL出場は3回目、2年前には3位にも入っており、クラブとしての経験値は十分に備わっているはず。枚方との比較で迷いましたが、経験の差で市原を1位と予想しました。
あ、1チーム忘れていましたね。北の王者・北海道十勝スカイアース。昨年のこの大会で悲願の初勝利を挙げ、3年連続出場となる今年はさらに上を狙いたいところですが、入ったグループが悪かった。北海道リーグで2試合も引き分けているようでは厳しいと言わざるを得ません。

●Cグループ:京都→高知
1次ラウンドの3会場の中で唯一、地元(開催県)のチームがエントリーしたグループ。今大会に出場する12チームの中で唯一のリーグ全勝を成し遂げた四国王者・高知ユナイテッドSCが、慣れ親しんだホーム・春野で戦います。決してレベルの高くない四国とはいえ全勝は見事ですし、14試合でわずか4失点の守備も評価できます。ただ、全社は予選でFC徳島に敗れて出場できず、全国レベルの公式戦は(準決勝に勝ち残っている!)V・ファーレン長崎に延長で敗れた天皇杯2回戦くらいしか経験できていませんし、リーグ閉幕から2ヶ月近く公式戦がなかったのも不安材料ではあります。
次に、輪番枠で出場権を得た東北1部の2位・ブランデュー弘前FC。優勝したいわきFCとは引き分け2つでしたが、下位との対戦での取りこぼしが多く、連覇を逃しました。また、全社は予選でいわきFCに1-5の完敗を喫し、出場ならず。昨年の地域CLでは初出場で2勝を挙げ、グループ2位に入る活躍を見せましたが、今年は昨年のような地の利もありませんし、苦戦を強いられそうです。
12チーム中、最後に出場を決めたSRC広島は、中国リーグで15勝2分1敗。三菱水島FCと同勝ち点ながら最終節の大量得点により得失点差で2点上回って劇的な逆転優勝を決めました。ただ、三菱水島FCとの直接対決は1分1敗と勝ちがなく、比較的楽なブロックに入った全社でも2回戦敗退と、全国レベルの相手には結果を残せていない印象を受けます。
最後に関西王者のおこしやす京都ACですが、リーグ戦は10勝4分。引き分けが多いものの、曲者揃いの関西1部を無敗で制しました。全社では、関西1部で優勝を争ったライバル・FCティアモ枚方に決勝で敗れて優勝こそ逃したものの、クラブ史上最高の成績を収めました。地域CLは3年連続の出場で、一昨年は決勝ラウンド進出、昨年は最激戦グループで2位と、この大会の経験も十分に積んでおり、決勝ラウンド進出の最有力候補と見て間違いないでしょう。

●ワイルドカード:高知
Bグループは得失点差が稼げそうなので一見有利ではあるのですが、上位に予想した2チームが初日に当たります。逆にAグループとCグループは最終日に直接対決なので、状況次第でお互い勝ち点7でwin-winという展開もありそう。そして最後は沖縄と高知Uの比較で、地元ファンの熱い応援がある高知Uに分があると見ました。昨年は一番楽なグループに入りながら2位はおろか最下位に終わりましたが、今年も比較的恵まれたグループで、しかも地元開催と来れば、今度こそ結果を出さないと!がんばれ高知U!


●びわこサポ・ゆっけ氏の見解。

はい、さて皆さん、ラグビーワールドカップ観てましたか?凄かったですねぇ、屈強な肉体がぶつかり合う世界の祭典。南アフリカで優勝で締めくくった大会、次は4年後、遠い異国のフランスだそうで……えぇここまでのことは予言でもなんでもなく、閉会式後の家族団欒タイムやJリーグタイム見終わってから書き出しております。瀬戸内海から世界に向けてこんばんは、締切当日まで30分を切りました、ここからが本番です。
出雲市内の旧大社駅の駐輪場にて、抽選会配信をみながら「Bグループにティアモ入ったらおもろいんちゃうん?」とかそういうところが正解の山場とは思いたくないんですけど、今年もほとんど地域カテゴリーみてません。情報を確認しながら予報しようにもここは海の上。圏外でどうしようもないため、偏見で予想する事は断言できます、毎年のこととか、まるで成長してないとかありますが、いやもうこれが、ゆっけちゃんのカラーだって思っていただけたら……はい。

●Aグループ:刈谷→徳島
あのですね、Aグループって本当に悩むんですよ。あの子どこの子、元MIOの子っていう子が多すぎる。唯一いないのが沖縄SVなんですが、その沖縄SVには去年まで松本圭介選手(以下、まつけーさんで。真の名前を書くにはとてもじゃないが恐れ多いので)がいたんですよねー。今年、FC徳島にいて、キャプテンしちゃってるですけど、その人!
恐らく他の有識者の方々は、Aグループ、FC徳島でどれくらい稼げるかっていうのを軸に予想を立てていると思うし、予想屋としてはそれも間違いはないかなぁと……しかしながら思いのほか、全社でも勝ち進めたなぁというところではある。負けた試合は、対戦相手がおこしやすで、退場の影響でまつけーさんがいなかった。まつけーさん個人も退場になった自分が不本意だろうし、居ないから負けてしまったと思われる他のメンバーも悔しいだろうし、そうなってしまった時のチーム内でのやり繰りを考えているであろう尾上監督も元々うちの子なんですよね。現役時代は目に見えて負けず嫌いな性格で、エピソードとしては、滋賀FAカップ決勝で、相手キーパーとの接触で、ピッチサイドにいても聞こえるような破壊音だして、あからさまに足がありえん方向に向いてるにも関わらず「テーピングでなんとかして出ます」とか言ったというのがあったりするので、ベンチから冷静に指示出ししてる姿には「オトナになったなぁ」と目を細めてしまう後列親族ヅラ系オタクが僕です。
エピソードは、知らないだけで皆それぞれに抱えているとは分かっているんですけど、シーズン開幕後に期限付き移籍でMIOからFC徳島に加入した奥村に関しても、微妙な時期に移籍するって何かしら思うところあっての事じゃないかって勘ぐってしまわれそうだし(※勘ぐるだけであったのか、なかったのかも全く知らないです。憶測だけです)「FW」というポジション柄、求めるのも、求められるのも目に見える結果で、あと日本に戻ってきた荻野も、自分と家族とプライドを背負って、MIOで仲よかった選手が地域決勝にも辿り着けなかった現実を胸にゴール前に立っていたら、FC徳島結構やってくれんじゃないのかなぁと。
と言いつつ、このグループで勝ち抜いて欲しいのは、今年こそFC刈谷なんですけど!!!FC刈谷のスポンサーであるスギ薬局で、SKE48とエイベックスがコラボした声出す向けドリンクとか売っちゃってるんですよ!!!FC刈谷のポップと、SKE48のポップが店内飾られてるのはスギ薬局だけですよ!!!今でしょ?!今しかないでしょ?!スギ薬局つながりでJFL昇格決めたFC刈谷にSKE48が来てくれるならうってつけでしょ!!!FC刈谷にもうちの子いるんで、もう色々揃った!!!BINGO!BINGO!
福井ユナイテッドにもうちの子がいるんだけど、SKE成分が足りないので、ここはどうかひとつ。あっ、福井ユナイテッドのうちの子、坂井優介のエピソードで、サウルコス福井時代に天皇杯でジュビロ磐田と対戦した際、ぼくはヤマスタの上段後方でひっそりと眺めているつもりだったんですが、アップで挨拶に来た時点で彼にバレるという事件がございました。今回の会場となる金沢市民のピッチの近さはヤマスタと比べたら段違いかと思われるので、まぁなんだその応援してねと思うところではあります。

●Bグループ:市原→いわき
実はですね、Aグループの予想していている途中で、寝落ちしましてですね。今の時間、〆切6分前なんですが、大丈夫、着岸に遅れが生じるかもしれないからと事前に〆切は1時間延ばしてもらってます(そういうことじゃない)。
全社優勝したティアモを推したいところはあるんだけど、各地元のことを考えると市原は、決勝ラウンドを地元で出来なくなった今年、地域にいい話題を持ち帰りたいだろうなというところ。いや、いわきだって、地元開催の決勝ラウンドに進みたいんだろうけど、一時期アピールされてた筋肉軍団的扱いだけど、MIOのゴリラこと大杉誠人選手みたいなのはいないって裏付けとれたので、はい。

●Cグループ:京都→高知
Cグループは、おこしやすしかない。だって、うちの子2人もいるんですよ!!それで推さないなんて有り得ないじゃないですか!!!〆切間近でネタがないとか置いといても、おこしやすの補強っていうのは、ティアモほど話題にはならなかったかもだけど、堅実性には溢れていたからこそのリーグ優勝だとは思うのですよね。
いや、自分のアンテナ低すぎて、高知ユナイテッドについては料理レシピが今は流れてくるくらいしか知らないだけなんですけど、他グループと違って高知ユナイテッドが完全地元開催なんでどういった空気になるかなぁって言うのは「私、気になります!」

●ワイルドカード:徳島
いやほら、この予想だといわきだろうなっていう本音はあるんですけど、そこを突き通せない何かってものはあるんですよ、はい。


●吉田鋳造の見解。

今季はついに9地域リーグ観戦コンプが途切れました。北海道L、関西Lを観ていませんし、東北と関東も2部しか観ていません。その代わりに何をやっていたのかは冬コミ本に書くかららぁーっらぁらぁらぁらぁらぁらぁ本を買って!本を買って!らぁーっらぁらぁらぁらぁらぁらぁ本を買って!本を買って!らぁーっら(くどい)====ThisIsTheErrorMessege====

●Aグループ:刈谷→沖縄
そんな鋳造ですがこのグループはSV以外は観てるじゃねーか。
全社で刈谷が栃木市に勝つところを観てなかったら切ってたかもしれん。東海の優勝を決めた試合は「君たち、このまんま地域決勝に行くの?」と不安しか出てこない内容。これは鹿児島全社で上げないとトンデモなことに……とビクビクしてたら、キチンと上げてきた。刈谷サポが「我々の強みは『持久力』だ、いろんな意味の」と言ってるけど、たしかに華々しいサッカーとは無縁で、攻撃は中野裕太頼むぞなんだけど、サッカーの第一優先は得失点差ではなく勝ち点だを地道に表現している。金沢市民でも相手に合わせながらキッチリ最少得点差で勝ちあがるサッカーをしてくれるだろう。
で、ヒモ探し。福井もSVも徳島も、どこかしら帯に短し襷に短しなところがある。でも、徳島は「本格戦の経験不足」、福井は「全社に出れなかった経験不足」が出て、PK戦あり状況だと勝ち点2が取れるけどいまはドローだからの沼にハマりそうな気がするので。

●Bグループ:枚方→市原
正直、もし1次ラウンドも水金日だったらいわきを推してた。でも、3連戦だとどうしてもサブメンを使わざるを得ず、いわきのサブメンがどうなのかは鹿児島全社の3日・常葉浜松戦の後半で見せてもらったので。もし、いわきがベスメンで3連戦を押し切ってあの鬼畜エロビデオサッカー====ThisIsTheErrorMessege====が出来るのなら、これはもう本当にクラーケン====ThisIsTheErrorMessege====だごめんなさいと言うしかない。
勢いは完全に枚方にある。初日の市原戦をその勢いで奪ってしまえば、十勝戦を挟んで最終日のいわき戦に臨める。市原は初戦で枚方を叩けても戦力消耗は否めず、2日目のいわき戦をかなりのダメージで臨むことになる。ここが不利かな。十勝は、えーと、ごめんなさい。自分のクジ運の不幸を呪うがいい(苦笑)。

●Cグループ:京都→弘前
明神水産さんのカツオの叩き、おいしかった!めちゃくちゃおいしかった!じゃからんも「岐阜のスーパーで並んでるカツオ叩きとはレベルがまるで違った」と言ってた!ぼくも「FC岐阜とリバプールくらい違う」と思った!じゃからんから「また高知に行ってハーフタイム抽選会でカツオの叩きを当てて来い」と言われたから高知に行ける!でも予想は別(爆笑)。KUFC戦では後半からパスの出してを抑える守備にシフトされたら手が出せなくなったところとかを視ちゃったもんで。
一方、弘前はいわきに2分けと強いトコとの戦い方を手に入れてるんでないかい?ってのがあって。ここでの別格・お京都の2位が狙えそう。SRCは、申し訳ないけど最終節で叩いて優勝に滑りこむまでで手一杯でしょう。

●ワイルドカード:弘前
AもBも3位に勝ち点が散りそうな気がするので。


出揃いました。整理しましょう。

 AグループBグループCグループWC
1位2位1位2位1位2位
ココジェイ龍星氏福井沖縄十勝いわき高知京都京都
あさぎり。氏刈谷福井枚方いわき京都弘前弘前
ジュニア氏刈谷福井枚方いわき京都高知福井
相模原のM氏刈谷福井いわき市原京都高知市原
宇都宮徹壱氏刈谷福井市原枚方京都弘前弘前
関西L豊浦主事刈谷沖縄枚方いわき京都弘前いわき
コミュサカ氏徳島刈谷いわき枚方京都弘前枚方
海松氏沖縄刈谷枚方いわき京都弘前弘前
無料試合S氏刈谷福井枚方いわき京都弘前弘前
おくだ隊長閣下沖縄刈谷いわき枚方京都高知高知
ナカヲ氏刈谷沖縄市原枚方京都高知高知
ゆっけ氏刈谷徳島市原いわき京都高知徳島
吉田鋳造刈谷沖縄枚方市原京都弘前弘前

残念ながら全員スルーとなったのはSRC広島でした。お京都、派手にかぶってますね〜。


別サイトやブログやSNSでも行われているであろう予想大会と比較してみてください。どうなるどうなる?

▲top