cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2013/03/01◆2月のいろいろ。
▲home ▲index

11日の笠松以外にも、まあ普通にいろいろやってたのですが。

2月2日 Vチャレ女子@岐阜鈴ヶ坂

今年からVチャレ参戦のJAぎふ、初のホーム開催。行くっきゃないでしょ。たぶん、V女子を観るのは1部2部通しで初めてかな。3部なら観ているのですけどが(笑)。====ThisIsTheErrorMessege====
で、岐阜・鈴ヶ坂の会場に行ったのだけど、いやあ開催費用圧縮とはいえ、このヴェニューで全国リーグ開催はキツいっしょという体育館でございまして。おかげで臨場感はバッチリでしたが……って、それってなんて“メドウ”な感想(苦笑)。kurobeサポのマイミクさんと初対面の仁義を切って(笑)、観戦開始。

第1試合
日立 3-0 KUROBE

Vリーグでもチャレ級だったら最初のサーブカットはセッターのサインでクイックやらブロードやらバックアタックやらを仕掛けるけど、ラリーになったら左オープン合戦なんでしょなんて先入観で見くびってたんですけど、すいませんナメてました。ラリーの最中にも左右自在はもちろん、バックアタックだって混ぜてくる日立のトスワークに惚れ惚れ。セッター・佐藤美弥はルーキーみたいだけど、髪を切ってちょっとハンサム====ThisIsTheErrorMessege====になって“タイプ”な感じ(笑)で要注目でしたが、技術もバッチリでまぁ自由自在のやりたい放題。4番の選手はバックアタックは自家薬籠中にありって感じだし、ノッポの外国人さんもいたけど彼女頼りじゃなくて「基本はオトリ」って使い方だったし、こりゃ強いわ。ストレート・ゲームも、さもありなん。

第2試合
ぎふ 3-1 仙台

ベルフィーユという名前を視ると観戦しててもカラダに無駄な緊張が入っちゃう====ThisIsTheErrorMessege====というか。もし「十数年ぶりにJリーグに接した」ってひとがいたら『ヴェルディ』って名前を視てカラダに無駄な緊張が入ったりするのかな。でも、このベルフィーユはあのベルフィーユとは別の、モトは88クイーン。====ThisIsTheErrorMessege====一方のぎふ隊は全国参戦1年めにしてはまあまあの戦績を収めている。

試合は1セットを獲られてからの鮮やかな逆転勝ちなんだけど、1セット目だってねー、一緒に観戦してた岐阜サポともNHKの記者さんとも意見の一致を視たんだけどあれは「ベンチワークのミス」。タイムアウトを取るのが1点遅かった。2点差に追い上げられたところで取って流れを断つべきだった。これで流れを掴み損ねて試合落としたらどうしてくれるんだって感じだったけど、まぁ結果オーライ。ベンチもこうして経験を積んでいくのでしょう。仙台は3セット目の途中で明らかにバテてしまって、ブロック陣がブロード攻撃についていけないしレシーブも1歩目の出足が鈍って拾えなくなるし攻撃時も打点が低くなるからラインアウトの失点も増える。観ていて「フルセットに行くことはないな」と思ったらその通りだった。かくしてぎふ隊は初ホーム戦を勝利で飾って、めでたしめでたし。

2試合観た感じだと、日立はこりゃちょっとチャレ級ではラベルが違うなあという印象。翌日は仕事で行けないのだけど、相手は仙台だからあのバテ方だと普通にストレートでしょと思ったらやっぱそうだった(笑)。====ThisIsTheErrorMessege====kurobeとぎふは実力的にどっこいな感じだからもつれるかなーと思ったらこっちもやっぱそうだった(笑)。====ThisIsTheErrorMessege====

2月5日 めいほうスキー場

昨年が29年ぶり2回目だってのに、ついにヒマラヤ様でスキーウェアまで買っちゃって(笑)、今年も行きましためいほうスキー場。残念だけど雪質は明らかに昨年の方がよかった。「1週間前には雨降った」って話だったから、しょうがないか。天気は快晴で、頂上からの御嶽山の眺めは最高だった。
斜滑降→速やかにボーゲンに移行して脚のチカラだけで無理やりターン→斜滑降。シュテムターン====ThisIsTheErrorMessege====の入口のノブに手をかけた程度だけど、とりあえずコケる回数は圧倒的に減った。ベタなシロートなりに愉しくて愉しくて、昼飯休憩を挟んで5時間滑りっぱなし、最後はカラダがたがた。西岐阜から徒歩数分のステーキガストまでタクシー乗りたいとじゃからんに懇願して却下される(苦笑)。

せっかくウェア買ったんだからモト引かなくちゃ(←貧乏性)。今年はもっぺん行きたい。しかし、ホントにボードさんばっかりになったんだね〜。スキーヤーは2%いなかったんじゃないか。

2月15日 浦和三昧(笑)

埼玉県図書館→浦和競馬→リキ本店のハシゴ(笑)。図書館でなにやってたかについてはいずれ雑文で明らかにしますが、「埼玉のケントショに行けば絶対ある!」と事前リサーチもせずに信じて行ったらやっぱりあった(笑)。信じる者は救われる。

昼飯喰ってから浦和競馬。行ったことはあるんだけど馬券買ったかアヤフヤだったんだよねー。この日は霙交じりの寒さで、酒呑んで温まる。『七冠馬』なんて酒がある====ThisIsTheErrorMessege====んだね。
しかし、こりゃナイター競馬は無理だ周囲が住宅街過ぎる。で、霙交じりの平日の平場なのに明らかにこないだの笠松より入っている。哀しいけどこれが現実。平場で1着賞金が100万====ThisIsTheErrorMessege====だもんな……。なもんで、いい馬が揃ってるから必然的に笠松のように「本命を軸にしていてばとりあえず安心、的中はヒモ次第」というわけにも行かず、大惨敗。信じる者は(足下を)掬われる(笑)。アウェーに優しくしろーっ、えいどりあーん(苦笑)。
最終まで気力が保たずにすごすご。南浦和駅の競馬場行バス乗降場は某受験予備校の目の前にある。中で勉学に励む少年少女は、霙混じりの平日にオケラになって戻ってくる親父達を窓から眺めて「あんなオトナにはならないぞーっ!」と決意を新たにするのでしょう、わはははははははははははのはー(苦笑)。

最後はリキ。初来店の印象が強過ぎて(笑)。新店舗になってからは2回目かな。
開店したばっかなんでぼくが一番乗り。初めての『ホッピー』====ThisIsTheErrorMessege====を黒でいただいた。もしかしたらぼくは白ホッピーの方が合うかもしれない。肴は、小松菜の御浸しなんてシブいトコで。パラパラとお客さんも入ってくるけど、いわゆる「ウィーアー」な皆さんは誰も来ず。大型テレビで流しているサンダーランド×アーセナルなんて誰も視ていない。カウンターで、生と串焼き4本くらいで本を読んだり2人で語らいだり。吉田ルイルイが現れても不思議じゃないくらい、ホントに普通の居酒屋だったのは驚きだった。

2月23日 フットサル地域CL

フットサルの地域チャンピオンズリーグというのが、愛知・岐阜開催。金土と長良川で愛ドームで開催があるというので、朝から愛車『ミリオンゴッド』号を漕いでおでかけ。ぼくでも名前は知ってるファイルフォックス府中====ThisIsTheErrorMessege====が出てくるというのでかなり愉しみにしていた。東海リーグの1位と3位も登場するし。

これまでフットサルの観戦は2回で、日本代表戦とFリーグ。要するにトップクラスの試合なわけで、フットサルにおいて『地域リーグ』というのがどういう感じなのかまったくわからなかったのだけど、印象としては『サッカー』だった。別にからかってるのでも揶揄してるのでもない。
これまで観た代表戦やFリーグは、パスをつなぎながら攻撃側の選手はめまぐるしくポジションを変え、シュートが撃てるところにいかにフリーの選手を作るか、出来た瞬間にいかにそこにパスを通すかという感じで、基本はパスワーク。『脚でするハンドボール』的な印象があった。でも、地域クラスになるとそこまでの「チームとしてのパスワークを磨く」というところはまだまだで、となると基本的にカウンター合戦になる。ぼくが見慣れた地域リーグクラスのサッカーと似ているんだ。

2試合観たのだけど、印象に残ったのは第1試合でミキハウスのフィクソ====ThisIsTheErrorMessege====だった10番。守備時は危機察知に優れ、攻撃時には自在に周囲を操る。サル観戦シロートのぼくでもわかった。東海1位が関西3位に負けたのはちょっと面白くないけど、内容的には妥当かな。7-6と得点もたくさん入って面白かった。第2試合は逆に膠着戦。FF府中は東海*位のMOTGにしっかり封じられちゃいました。

2月24日 岐阜隊のPSM

サラッと感想だけ。「3年ぶりの『2年目』」====ThisIsTheErrorMessege====なのだけど、さすがに守備の破綻は少なくなっている。攻撃時の弾不足は相変わらずなのだけど、ミオ君が持つと一気にワクワク感が膨らむのはここ2年ではなかったことだ。昨年のハットさんといい今年のミオ君といい、ホントにいつもいい選手をありがとうガイナさん。来年は是非マチャオ====ThisIsTheErrorMessege====をお願いします(笑)。

▲top