cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2012/11/21◆郡山から守山へ。
▲home ▲index

11/16 金曜日

もともとはもう少し早く帰れる勤務だったのだけど、諸事情で出遅れ。名駅のつけ麺屋で晩飯を喰う若干不本意な状況である(苦笑)。『のぞみ』車内では作業とかをやって、東北新幹線の切符をモバスイ====ThisIsTheErrorMessege====で取ろうとしたら、さすがに金曜夜、指定席は1時間以上先の列車まで満席!そんなに待ってられないので自由席に並ぶことにしたのだけど、指定が満席の割には自由席の列はそれほどでもなく、座席の確保には成功した。ところが、席を確保してさぁビールだとキオスクに行くと長蛇の列!なんで金曜夜の8時近くでキオスクに店員が1人しかいないのだ!結局、発車時間までにぼくの順番は訪れずにビール購入は車内販売に持ち越し。ところがところが、車販嬢もなかなかやってこなくて宇都宮に着いてしまった。これはきっと車内で呑むと乗り過ごす可能性があるから呑みは郡山に着くまでガマンしなさいという神の啓示なんだね……とtwitter更新のメールを打っている間に車販嬢が地味に通過していった。そりゃ確かに金曜夜の下り列車で車内でお休みの乗客も多いから気遣いは完璧だけど、そんな隠密みたいに通過しなくたって(苦笑)。

結局、乗り過ごすこともなく郡山で降りて、ホテル近くの店で軽く呑むことに。ここまで来てチェーン店もなぁ……ということで、なんの情報もなく『居酒屋・来来』という店に入った。マスター独りで切り盛りする小さな店。カウンターでビールをいただいた後、郡山の酒はないかと訊くと、酒は会津の『末廣』をおいてあるとのことで、冷やで2杯もいただいて気持ちよくなってしまった。ホテルに戻り轟沈。

11/17 土曜日

雨である。荷物も多いし、早めに行って屋根下の席を押さえたいということでサッカー場近くまで行くバスに乗ろうと駅に行くと、S君も来るし奈良鴻池であった福井サポさん====ThisIsTheErrorMessege====も来るし他にも他にも(笑)。

最寄のバス停から、それでも15分くらい歩くとサッカー場。屋根下席はもうだいぶ埋まってたけど、先乗りしてたSun'sSon氏が席を確保してくれていた。ありがとう。
試合開始時間の直前になると、もう屋根下はパンパンのいっぱいになった。けど、武装赤福サポさん、“地元開催”を考えたらもう少し数が集まってもいいような気がする。ちょっと心配。

地域決勝・1次R
サウルコス福井 pk2-2 福島ユナイテッド

前半は、というか後半途中までは完全の赤福の試合。コツコツ突付き続ければ確実に孔が開きそうな福井のCBもだけど、とにかく福井は攻撃の手詰まり感がハンパない。坂井1人だけで何が出来るってんだ。なんとか前半はスコアレスで済んだけど、これだけ攻撃の質と量が違ったら赤福は慌てて自滅ルートさえ採らなければ大丈夫と思った。
そして、後半になってCKからヘッドで叩き込んで赤福が先制した時は、岐阜隊が先制された時のように(苦笑)警備日誌用の予定稿を準備に着手したことを痛苦な自己批判とともに白状します。

福井はFW目黒を投入。これで赤福の中盤から後ろがおかしくなった。2戦目で動けなくなってきたのかな?とその時は思ったのだけど、もともと赤福の後ろはそんなにいい状態ではなく、福井が坂井の1トップだったから目立たなかっただけと解釈するのが正しいみたい。目黒投入により坂井が下がらなくてよくなって、赤福守備陣が慌てるシーンが増加。そして、82分にCKからその目黒のヘッドどっかんで同点にすると、わずか1分後には赤福DFの「あっ!」というミスを突いてボールを拾った目黒が右足で叩き込んで福井逆転。
さあケツに火が点いた赤福は大反撃に出る。アッドタイムの赤福のFKの際には福井は全員退かずに敢えてFWを前線に残して赤福の攻撃枚数を減らすバクチに出たのだけど、文字通りの“パワープレー”で押し込まれてしまった。同点でPK戦。赤福は2本を止められて万事休す、それでも勝ち点1は手に入れた。

第2試合の際にメインスタンドに戻ってきた件の福井サポさんはとてもとてもとても悔しそうだった。わかります。下馬評では赤福とアミが圧倒的だった中で、もう少しで一泡吹かせることが出来そうだったのだから。

地域決勝・1次R
アミティエSC 2-0 デッツォーラ島根

“たかじん”守屋鷹人====ThisIsTheErrorMessege====とスノちゃんの2枚の中盤からの攻撃でなんとかなってしまうのがアミさんの強みだ。何故かわからないんだけど、どういうわけかこの試合の記憶がほとんど残ってないのでアミサポさんごめんなさい。とにかく、アミさんの余裕の完勝という印象がある。

これで、Aグループは最終日のアミ×赤福の一騎打ちとなった。赤福は90分でケリつけるしかない。明日も残って観て行きたい!という気持ちを抑えて、郡山駅に戻って、ぼくは福島空港に向かった。最終の伊丹行きは50人乗りのIBEXだったもんだから、天候もあってまぁ揺れること揺れること。
この日の宿は門真市。好き好んで門真にしたわけではなく、大阪市内で手ごろな宿が確保出来なかったのだ。図らずも、大阪単軌本線を一気通貫で完乗することに。門真市駅前の“餃子の王将”で今年もおかげさまでのミッション・コンプリート。====ThisIsTheErrorMessege====めでたしめでたし。

11/18 日曜日

門真市→枚方市→丹波橋→東福寺→京都→守山。今日は淀でGIだもんね、競馬新聞をお持ちの方が実に多い。京都市街に近づくと観光客が大勢。紅葉鑑賞もいまがピークといった感じ。
守山からバスで佐川美術館。守山駅のバス停で既に岐阜サポ2名を発見するし、バスで向かっている最中に先乗り岐阜サポから「大人用の佐川Tシャツ最後の1枚げっと」なんてtweetを読んでしまってぐぬぬぬぬぬう。ぼくが到着したときは、タオマフが残り数枚だった。

知り合いの佐川サポに挨拶。なんか、サバサバしてた。無理してサバサバしてた可能性もあるけど、企業サッカー部が持つ“宿命”を受け入れている感じもあった。佐川サポが出した「JFLいままでありがとう」のダンマクに書かれている2001と2002は、佐川東京と大阪の昇格年====ThisIsTheErrorMessege====だ。その横には、秋田サポが贈った「王者SAGAWA 強敵(とも)よ忘れない」のダンマクもある。
会場に大勢やってきた岐阜サポが盛り上がったのは、ぼく自身は確認してないけどぎょっさん====ThisIsTheErrorMessege====も普通に観客に溶け込んで座っていたらしい(笑)。来年も岐阜隊を率いてくれる気だということで、いいよね?「斉藤俊秀に会いに来ただけ」とか、実は「舞の監督を打診されてる」とかじゃないよね?(笑)

JFL
佐川 1-1 藤枝舞

“佐川ラストゲーム”としての感傷などどこにもない、お互いの持ち味を全面開放したようなめちゃくちゃ好ゲームでした。舞ちゃんは、やっぱりケルロン====ThisIsTheErrorMessege====加入がめちゃ大きい。前3枚だけでしっかりフィニッシュまで持っていけるようになったことで後ろも安定したような。佐川は、どうしても正吾のプレーに注目しちゃうんだけど、右に開いてのニアへの低く速いクロスとか、ゴール正面からのミドルがどっかーんしちゃうとか、やっぱり正吾でした(笑)。結果、ドローで終了。佐川は3位フィニッシュ。さすがです。ちょっと残念だったのが応援で、サポ集団と会社の応援団との間で意思疎通がほとんどなかったように感じた。応援団が持ってたコール・ボードには「小牧」とか「名古屋」とかの地名が書かれていたので、中部からの動員だったみたい。

終了後、中口監督と山根主将が挨拶したのだけど、どちらも「会社への感謝」を強く口にしていて、“悲壮感”というものは感じなかった。佐川サポと同じく、企業サッカー部が持つ“宿命”を受け入れている感じがした。
挨拶終了。佐川関係者の皆さん、岐阜サポで正吾を独占してしまってごめんなさい(笑)。ほとんどモデル撮影会(笑)。でも、わかってください。それだけ、岐阜隊にとっても嶋田正吾という選手は“特別”だったんです。ぼくも本人にこれからについて訊いてみました。その答は、「ぼくに話してくれた」と解釈して、ここでは内緒。

ぼくは、地域決勝で佐川東京の昇格も佐川大阪の昇格も観ている。佐川ダービーの“狂乱”に近い盛り上がり====ThisIsTheErrorMessege====も観ている。佐川といえばJFLの強豪であり、さぞ天皇杯でも大物喰いを何度もやっているのだろうと思うけれど、たぶんトップカテゴリーを倒したのは2001年の名古屋====ThisIsTheErrorMessege====今年の神戸====ThisIsTheErrorMessege====しかない。そのどちらも現地で観ることが出来たぼくは、かなり幸運だったのだろう。

ピッチの隅っこでは、佐川東京のユニを着たサポさんが「さっがーわ、とーきょ!!」とコールしながら記念撮影をしていた。その前の、選手・スタッフ・家族・サポ全員集合の記念撮影では、サポから「まだまだ続くぞサッカー人生」というようなメッセージが出されていたと認識している。逆側から読んだんで違ったらごめん。
とてもとても強かった佐川急便サッカー部の歴史は、ひとまずここで終了。でも、選手もスタッフも、まさにダンマクの通りでサッカー人生は続いていく。引退する選手もいると思うけど、スクールのコーチとかでサッカーと関わってくれたら嬉しいし、サッカーからは完全に足を洗う選手もいるかもしれないけど、それでもサッカーを気にかけてくれたら嬉しい。佐川急便さん、いままでありがとう。愉しませてもらいました。


さて、佐川の最終戦と並行して、地域決勝1次ラウンドの最終日も行われていました。予想大会の結果発表。

 AグループBグループCグループWC
1位2位1位2位1位2位
正解福島UアミノルブコリアNファ相模原相模原
ジュニア氏アミ福島U今治加古川相模原鹿児島鹿児島
関西・豊浦主事アミ福島U加古川今治Nファ鹿児島今治
マサト氏福島Uアミコリアノルブ相模原Nファアミ
ナカヲ氏福井福島Uコリアノルブ相模原鹿児島鹿児島
おくだ隊長閣下福島U島根コリア今治Nファ相模原島根
Sun'sSon氏福島Uアミ今治加古川相模原Nファ加古川
『股旅』徹壱氏福島U福井コリア今治Nファ鹿児島今治
龍星ひかる氏アミ福島Uノルブ加古川相模原鹿児島鹿児島
シゴトスキP氏福島U島根今治コリア相模原NファNファ
kota氏福島Uアミノルブコリア相模原NファNファ
無料試合のS氏アミ福島U加古川コリア相模原NファNファ
吉田鋳造アミ福島Uコリアノルブ鹿児島Nファ福島U

きゃあっ、全滅が4人もいるわ(笑)。そんな中で2グループ完全的中&残る1つも裏喰っただけ、しかもWCの出るグループも当たったという圧倒的な成績だったkota氏優勝で誰も文句なしだと思います。おめでとうございます。

▲top