cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2012/11/15◆お待たせ!地域決勝予選通過チーム予想大会(その3)
▲home ▲index
Aグループ:郡山西部(福島)開催
北信越1位サウルコス福井
関西1位アミティエSC
東北1位福島ユナイテッド
中国1位デッツォーラ島根
Bグループ:春野球・陸(高知)開催
北海道1位ノルブリッツ北海道
全社枠バンディオンセ加古川
全社枠FC KOREA
四国1位FC今治
Cグループ:中津永添(大分)開催
九州1位FC KAGOSHIMA
関東1位SC相模原
東海1位鈴鹿ランポーレ
全社枠ネクス・ファジ

昨年と同じく3グループで、各グループ2位のうち再優チームにワイルドカード枠があるというレギュレーションになっています。


●「シゴト、スキデス。」・P氏の見解

わたくしもそろそろいい歳になりまして、仕事が多忙です。鋳造さんをはじめ先輩諸氏に申し訳ないほどサッカーを観ていません。あまり偉そうなことは言えないのでザックリと。ちなみに最近の注目チームは横河武蔵野FCユースです。トップチームよりも面白いサッカーします。大学卒業後にトップチームへ返ってきてくれるような流れが「サッカーで幸せな」環境と言えるんだろうけどね。

各グループの予想をする前に一言。
全社を観た限りだと、私は今季の地域決勝を「本命:福島U/対抗:その他全部」だと見ています。この大会を経て、2〜3チームが来季JFLへ昇格するでしょう。でも、その中から来季JFLを“実力で”残留出来るチームは1つあればいい方かな?チカラがあって上を目指す意思と意志があるクラブはあらかたJFL以上に行ったか“消えた”印象です。
それとは別に、今季の地域決勝は「手堅いチーム」と「若いチーム」に分かれていて面白い。昨季の東京23FCもそうですが、今季のアミティエやファジネクストみたいに大卒すぐの選手が多いチームはイイですよね。日本の若い選手は巧くて、凄いと思います。

●Aグループ:福島U→島根
2位をデッツォーラ島根かアミティエかで悩みました。2日目の第2試合が肝かな?
アミティエは若いチームなので焦らされる自滅傾向があると見て、デッツォーラ島根優位としましたが、果たしてデッツォーラ島根が老獪なプレーを出来るかというと???
一方、ベテラン揃いの福島Uは硬い守備と割り切った速攻という手堅いチームですが、引いた相手に対してポゼッションし始めると両サイドが空くのがなんとも。試合開始直後の速攻は迫力満点ですが。試合を決めきれるかは、鴨志田次第かな。

●Bグループ:今治→コリア
初日の直接対決で勝った方が抜けそう。天皇杯でJチーム倒している四国王者と地元開催の全社で優勝した関東1部残留争いチーム。地の利でFC今治!監督はJでの指揮経験もあるしねっ←====ThisIsTheErrorMessege====
FCコリアは全社に出場したチームの中で前線からの守備が一番上手いチームでした。金載東さんが横河にいた時よりもスキルアップして、驚異的です。チームとしては遠征時のコンディション維持が課題かな?それはそうと、横河サポから預かっている載東さんの横断幕、誰か託されてください。
加古川はチームが一つの方向を向けた試合は強いだろうけど、マネジメントし切れるできるかな?ノルブリッツもいいサッカーしますよね。

●Cグループ:相模原→Nファジ
一番悩むグループです。鈴鹿は置いておいて、フレッシュさのFC鹿児島か眞中監督の流動的システムのファジネクストか神大を率いていた木村監督のSC相模原か。
経験値で言えばSC相模原。緻密さと戦術のファジネクスト。監督対決を見てるだけでも面白いこと請け合い。でも、監督の能力云々よりもバックアップ体制の厚みという意味で、SC相模原を推したい。FC鹿児島も十分チャンスあると思いますが。

●ワイルドカード:Nファジ
福島Uもファジネクストも監督がDF出身なのですが、チームは対照的で面白いです。インテリジェンスの差がもろに出てきています。サポートスタッフも選手も少ない中で全社を勝ち抜いた眞中監督の手腕は、凄いと思います。


●北九州サポ・kota氏の見解。

実を申しますと、前日に39度近い熱を出してしまいまして、これを書いてる現在も抜けきれておりません。やや頭ふらふらです。ゆえにいつにも増して残念な仕上がりとなっております、何卒ご容赦ください。そしてみなさま、体が資本ですので、くれぐれも体調にはお気をつけくださいませ。

●Aグループ:福島U→アミティエ
さすがに天皇杯でも全社でもあれだけの結果を残されますと、福島U以外を1位に持ってくる理由が見当たりませんです。
アミティエは同志社大との天皇杯予選を観ておりまして、終盤に3枚同時交代をしたところで立て続けに2失点…なんて場面こそありましたが、それまでは完勝と言える内容で、力を持ったチームであることは確かです。ただ今回に関しては「経験を積む年」にとどまるかと。
サウルコスは「地獄の北信越でもまれているオレたちが2部相手に負けるわけがない」と臨んだ(ようにしか客観的には見えなかった)天皇杯で奈良クに完敗した、という3年前の記憶で止まっておりまして…メンバーや戦績を見るかぎりは当時よりチーム力は増してるとは思われますが、前出の2チームには及ばないものと推測。
デッツォは自分の観た試合では「JFLに昇格するための脱皮」を図ろうとはしてたものの思うように進んでいない様子で、また8月後半以降の戦績も下降気配な点を踏まえると、少々厳しいかなと。

●Bグループ:ノルブリ→コリア
昨年の国体で京都府に善戦した試合を観てて好印象を持ってたというのもありますが、名雪も加入してるし、他地域と比べ力の劣る北海道リーグとはいえ2失点/14試合という数字は侮れないぞということで、ノルブリを1位に予想してみます。
コリアは全社優勝をしているとはいえ、リーグ戦の黒星先行の戦績からはちと推しにくい。ついでに、最終戦の相手がバンディなので、4年前の本城====ThisIsTheErrorMessege====の再現…なんて展開も若干考えてみたりします。そのバンディも21得点/14試合という得点力の低さが気にかかるので外します(ほぼ昨年のコピペ)。
今治は…天皇杯1回戦であれだけの指笛と野次を聞かされた====ThisIsTheErrorMessege====身としては、選手の力を買うことはできても(実際、後半で運動量が落ちたものの、延長で持ち直してきたあたりには唸るものがあったのですが)チーム全体に対してポシティブな感想をもつことができません。ひとまず、地域決勝の笛と対峙したときにどのような化学反応が起こるのかがちょっと気になるので、どなたか現地レポートをお願いします。

●Cグループ:相模原→Nファジ
鈴鹿は他3チームと比べ見劣り感が否めないのでまず外させていただいたうえで…田上・谷口の存在感+九州の代表としてがんばってもらいたい<メンバーが少ないことが必ずしもアキレス腱にはならないことをリーグ終盤や全社で示した点+JFLに昇格したら「青春18」を使って日帰り観戦できるかもしれないという個人的な都合<昨年4位になっている実績+決勝ラウンドの地・長崎で佐野裕哉が観られるかもしれないという一種のノスタルジー、という序列で。全社に出場できなかったディスアドバンテージは市原カップで一程度補填できたものと踏んでみます。

●ワイルドカード:Nファジ
個人的には(参加12チーム中で唯一観たことがない)コリアに来てほしい部分もありますが、1位予想が3つとも東日本のチームになってしまったので、ひとつは西日本のチームに残っていただかないと…ってことで。アミティエではなくネクスファジをチョイスした理由は…いわゆるヤマ勘と打算です。


●ピッチ原理主義者の鑑・『無料試合のS』氏の見解。

ピッチ原理主義のツケと天皇杯の極悪スケジュールのため、未観戦が3つも出てしまった!と思ったら去年は4つだったので、ヘタレ予想の理由にはなりませんな(汗)。
観たチームについては、いい印象が残ってるとついつい推したくなってしまうものです…。

●Aグループ:アミティエ→福島U
△福井 未観戦
注目:MF5鈴木亮平…山形サポとしてはやはり、ね。もしかしてSBで使われてる?
◎アミティエ 2勝(十勝、FC大阪)1分(加古川)
注目:MF14守屋鷹人…冷静かつ俊敏、得点力もあり。スキなしサッカーの要
○福島U 2勝(青森、山学大O)
注目:GK34内藤友康…山形(中略)。去年負傷で出られなかった悔しさが力に変わるか?
△島根 1勝(JX水島)1分(岡山N)
注目:FW40庄司孝…(前略)。全社で出番がなかったので、ここで健在な所を全国に発信!

観戦した中ではアミティエの安定感が群を抜いており最有力と見る。初日の福島U−島根の勝者が対抗馬か?福井は全く見当つかん…スミマセン

●Bグループ:加古川→コリア
△N北海道 未観戦
注目:MF24名雪遼平…まさか彼がここに入るとは。選手権(流経柏)の輝きは今でも健在か?
◎加古川 1勝(KAGOSHIMA)1分(アミティエ)
注目:FW10吉田真史…今年はボランチ起用が多いようだが、やはり攻撃重視でこそ輝く
○コリア 1勝(FC大阪)2敗(前橋、さいたま)
注目:FW11朴世訓…彼がいるいないで前線の迫力が大きく変わる。チーム得点王
△今治 未観戦
注目:−−−(3年間見ていないので…スミマセン)

ダンゴレースとなりそうだが、加古川は何か持っているように見えて何となく◎に。コリアは観た中でいい印象は特にない(苦笑)が全社枠は無視できない(去年は空振ったけどね…)

●Cグループ:相模原→Nファジ
△KAGOSHIMA 1敗(加古川)
注目:GK17船川航司朗…今春高校を出たばかりの若き守護神。コーチングは必聴
◎相模原 3勝(さいたま、工学院、ドラゴンズ)
注目:FW11松本祐樹…出場機会を増やしエースに成長。固め打ちが多い印象
△鈴鹿 1勝(岐阜S)
注目:DF15大久保龍太…存在感抜群のCB。組合せを見る限り活躍の場は相当増えそう
○岡山N 1勝(JX水島)1分(島根)
注目:MF43呉大陸…トップさながらのパスサッカーのアクセント役となるドリブラー

煮え切らない雰囲気はあるが何だかんだで相模原が来るとみる。ただしKAGOSHIMAと岡山Nの差はほとんどないはずで、初戦をKAGOSHIMAが制すと大混戦になるか?

●ワイルドカード:Nファジ
2位が確実に勝ち点6を取れるグループはない。が、他グループと比べてCグループは3チームと鈴鹿との差を感じるので、比較的混戦度合が少なくなりそうなここがWCの最有力候補となるのでは。

いや、決してピン当てで戴冠狙いじゃないんですよ。本当ですよ、多分…。


●吉田鋳造の見解。

そろそろアナ狙いの血筋をなんとかしないといけない……ネット投票中心の十勝ばんえい競馬では「対抗〜中穴狙い」でコンスタントにいい成績を残しているのだし(笑)。

●Aグループ:アミティエ→福島U
ここんとこトップスピードで突っ走って来た赤福はそろそろ失速でないかい?天皇杯の快進撃で「俺たちはやれるっ!」と自信を持ってしまって、自分達が地域Lにいることを忘れちゃったりしてると結構ヤバいかと。島根はアブないムラッ気の印象が抜けない(それが魅力でもあるのだけど)し、申し訳ないが福井は消去法的イメージが強くて。

●Bグループ:コリア→ノルブリ
コリアは全社を観た感じだととにかく短期決戦に向いている印象で。地域3王者を倒した鎌鎚も上り調子なのかもしれないけど、ここはノルブリを推してみます。四国も北海道もリーグ戦で得られる経験値は大して変わらないと思うし。

●Cグループ:鹿児島→Nファジ
先日の徳島戦@長良川の試合前。
鋳造「予想大会、やっぱりアナ狙いで行っちゃうんだろうなあ」
岐阜サポ「なるほど、吉田鋳造は“鈴鹿推し”、と……」
鋳造「悪かった、俺のことは『チキン』と呼んでくれ」

“やらかすトコは最後までやらかす”ってのは、古株の地域決勝ウォッチャーは梅辰さんで散々視てきた(苦笑)ことなんで、今回も相模原はやらかすという前提で話を進めて行きたいと思います(笑)。問題は「どこまでやらかすか」なんだけどね。
Nファジは、「Nファジの選手はNファジをJFLに上げるためにプレーしているのではない」というところがクリアー出来ているかという部分で若干ネガティブなんで、鹿児島を上にしました。

●ワイルドカード:福島U
意外とAグループはアミ×赤福が勝ち点6で最終日になりそうな感じがしてね〜……と。


出揃いました。整理しましょう。

 AグループBグループCグループWC
1位2位1位2位1位2位
ジュニア氏アミ福島U今治加古川相模原鹿児島鹿児島
関西・豊浦主事アミ福島U加古川今治Nファ鹿児島今治
マサト氏福島Uアミコリアノルブ相模原Nファアミ
ナカヲ氏福井福島Uコリアノルブ相模原鹿児島鹿児島
おくだ隊長閣下福島U島根コリア今治Nファ相模原島根
Sun'sSon氏福島Uアミ今治加古川相模原Nファ加古川
『股旅』徹壱氏福島U福井コリア今治Nファ鹿児島今治
龍星ひかる氏アミ福島Uノルブ加古川相模原鹿児島鹿児島
シゴトスキP氏福島U島根今治コリア相模原NファNファ
kota氏福島Uアミノルブコリア相模原NファNファ
無料試合のS氏アミ福島U加古川コリア相模原NファNファ
吉田鋳造アミ福島Uコリアノルブ鹿児島Nファ福島U

はっきり言います。この予想大会でこれだけ北海道L代表が注目されたのは有史以来なかったことだと思う。そんな中で、出場12チーム中でどなたも歯牙にかけなかったチームがありますね(苦笑)。


別サイトやブログやmixiやtwitterでも行われているであろう予想大会と比較してみてください。どうなるどうなる?

▲top