cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2010/11/18◆お待たせ!地域決勝予選通過チーム予想大会(その1)
▲home ▲index

今年もこの季節がやってまいりました。

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜第17回〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「地域リーグ決勝大会予選勝ち抜けはどこになるのか会議」〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Aグループ:ひたちなか(茨城)開催
九州1位HOYO ELAN
JFA優遇SC相模原
中国1位RENOFA YAMAGUCHI
関東1位Y.S.C.C.
Bグループ:藤枝総合(静岡)開催
東海1位Shizuoka.藤枝MYFC
東北1位グルージャ盛岡
関西1位三洋電機洲本
北海道1位札大GP
Cグループ:春野球技(高知)開催
全社枠福島ユナイテッド
四国1位カマタマーレ讃岐
北信越1位長野パルセイロ
関東2位さいたまSC

今年は3グループで、各グループ2位のうち再優チームにワイルドカード枠があるという複雑なレギュレーションになっています。では、例によって到着順に、いってみよう。


●地域決勝予想初登場:岐阜サポ・ジュニア氏の見解。

●Aグループ:Y.S.C.C.→相模原
全社に地域覇者で唯一欠席したYSCC全社に地域覇者で唯一欠席したYSCCをどう見るかですね。JクラブやJFLクラブと手合わせを多数こなしてたようですが。相模原とは直接対決で一度倒してますが相模原も全社で地力を証明したし・・・2日目の直接対決を制したほうが市原行きになるんではないでしょうか。山口とHOYOはチャンスはあると思いますがYSCC、相模原を両方倒すのは苦しいと見て評価を下げます。

●Bグループ:盛岡→洲本
今大会で唯一見てるMYFCがいる組です。けど僕の中ではMYFCは低評価です。理由としてはプロ経験者とそうでない選手の実力差に結構な差があることとその経験者にベテランが多いことで連戦対応に疑問が付いて回る2点です。先日の全社も斉藤不在で挑んだら鳥取ドリームスに4失点って体たらく。ボランチの石井が怪我らしいので間に合わなければさらに減点です。ただ前4人の組み合わせはどうとでも組める豊富さがあります。ただ須藤が全然フィットしてないのは気がかりですね。
対抗馬となる盛岡ですが同じ東海の矢崎に2回負けてる====ThisIsTheErrorMessege====のはどうにも・・・MYFC戦が初日なのでここに全てを賭けるつもりで挑めないとダメでしょうね。むしろ洲本がノーマークであればこっちのがなんかやりそうな気はします。
それでもMYFCには勝って欲しくないですね。どうしてもあの経緯を認めることは東海リーグを見てきた僕としては受け入れ難いもんがあるんです。

●Cグループ:讃岐→長野
必死のパッチで挑んでくる物好きが3つ集まった激戦区。特にここでしくじったらチーム存亡に直結しそうなところも・・・
本命は讃岐なんですがマークされる立場になってどうなるんかなぁ・・・?って心配はあります。ただこのチームは地域には珍しく攻撃より守備に重きを置いて勝ち上がってきた====ThisIsTheErrorMessege====し大崩れはしないと思います。ただ長野の逆転の目は十分あるんじゃないかなぁ。福島は・・・東北1部で最下位にドロー====ThisIsTheErrorMessege====とか最終戦で引っ繰り返される勝負弱さは・・・

★ワイルドカード:長野
相模原、洲本、長野のワイルドカード争いですが相手関係を考えると草刈場になりそうなクラブがそれぞれいるB組、C組がやや有利かなぁと。そうなると洲本と長野ですが単純に見たいのは長野。そうゆう理由で長野とします。


●柏サポ・Sun's Son氏の見解。

先日J2の予想を早々に外しました====ThisIsTheErrorMessege====が、予想が外れて嬉しいのは極々稀。地域決勝は当てにいきます。ちなみに連単の予想をするのは、今年の春にJ予想をしたのと、過去にYKK対アルビレオ新潟を観るついでに寄った富山競輪で万車券を取ったときくらいです。
●Aグループ:相模原→Y.S.C.C.
HOYOは見送り。守備は堅そうですし実力は沖縄かりゆし級かもしれませんが、九州リーグ公式を見るに、ここ一番の動きが堅く連戦に弱い。経験値がほしいところ。レノファ山口。中国リーグの星取表からは上位とは分が悪い、即ち「実力が拮抗した相手には苦戦する」という傾向が見え、三つ巴、四つ巴の戦いは苦しいと思われます。YSCCは実績・経験値ともに申し分なし。でも今年に限っては2位。で、相模原。飛び級認定れりーず!もとい封印解除事実上の「JFAによる単枠指定」と受け止めました。そのうえ全社で短期決戦の経験値まで身につけたのですから、一択。

●Bグループ:藤枝→洲本
まず札大GPは残念ながら草刈り場。「ゴールが土産」モードじゃだめだ…。グルージャ盛岡は2位と僅差の3位。経営と切り離して見たとしても、毎年集中力の欠如から自滅しているのと、草刈り場から点が取れない=得失点差で不利と見ました。今年で「三洋電機」の看板を下ろすであろうバスティア====ThisIsTheErrorMessege====は、先に挙げたグルージャの自滅と、「きっちり刈れる」と見て、2位には入れると予想。そして1位は藤枝。古くは大分トリニティ、最近では松本山雅と、セントラル開催方式におけるホームの利というのは何にも代え難いものです。個人的にはかつてオーストラリアでバリバリの主力だった石田博行に興味があります。

●Cグループ:讃岐→長野
さいたまは同じ関東1位のYSCCと差がありすぎなので、失礼ながら草刈り場認定。そうなると全社上位三つ巴。難しすぎてボックスで買いたいくらいです。
僅差を分けたポイントは北信越リーグのレベルというか長野の優勝の価値。無敗ではありますが、松本が去り金沢も去り、上田ジェンシャンが3位に食い込めてしまうリーグの優勝って相対的にどうなんでしょうか。ライバルがいない分、牙を研ぐ機会も減ったのでは。それでもグルージャが君臨し続ける東北よりは上かなと見て2位としました。釜玉隊の1位は、権利持ちながらもきっちり全社優勝という結果を残した集中力から。

★ワイルドカード:長野
理由は以下のとおり。
Aグループ(YSCC):自力2位の可能性が高いが草刈り場がなく、得失点差で不利
Bグループ(三洋洲本):グルージャの自滅待ちの2位なので、1位とは差が開きそう
Cグループ(AC長野):1位と拮抗していて草刈り場があり、得失点差で有利


●無料試合のS君の見解。

今回の予想は…難しい!「強者」と見られているチームに飛び抜けたところがない印象なので。1位3つだけでも当てれば神だなあ…
●Aグループ:相模原→Y.S.C.C.
×HOYO 2勝(各県・大隅/同・MSU)
注目:MF21岩本昌樹−元福岡etc。印象に残る決勝弾多い
◎相模原 3勝(天杯予・六浦/全社・矢崎/関東社・養和)
注目:FW20齋藤将基−元沖縄etc。速、技、決定力、その存在はもはや違法
○YSCC 1勝(L・さいたま)
注目:DF4松田康祐−元桐蔭横浜大。常時FWで出場し得点王。抜群の高さ
△山口 1勝(全社・三洋徳島)
注目:MF24福原康太−元C中国。2列目から飛び出し・得点力が魅力

山口は観た試合でインパクトに欠け、HOYOはリーグで多くは得られない経験値を全社で稼げなかったのがマイナスかと考え、神奈川勢の一騎打ちを予想。両者は天皇杯予選決勝で対戦している(Y4-2相)が、今回は平日開催でYSCCに業務上欠員が出るのでは?という気がして、相模原有利と読む。

●Bグループ:盛岡→藤枝
○藤枝MY 1勝(L・マルヤス)
注目:MF11納谷協成−静岡からの僅かな“生き残り”も納得のゲームメーカー
◎盛岡 未観戦
注目:DF3大瀧直也−元我軍etc。出戻り。「なおやっ(はあと)」←前回コピー
△三洋洲本 1勝(L杯・神戸FC)
注目:MF13稲垣侑也−元関西大。岡崎慎司と同期。機動力でチャンスに絡む
×札大GP 1勝(L・N北海道)
注目:DF12池内友彦−元札幌。元J2チーム得点王は納得の総合力

観戦印象と去年の結果からGPは苦しいか。未観戦の盛岡に◎を付けるのはどうかと思うがリーグでしっかり勝ちきった点を考慮。藤枝の負けない力は評価できるが…初戦で勝った方がそのまま突っ走りそう。

●Cグループ:讃岐→長野
△福島U 2勝(全社予・プリメーロ/L・プリメーロ)
注目:MF29山本拓矢−岡山より借用。安定感あるプレーで左サイドを制圧
◎讃岐 26分のみ観戦(L・徳島2nd、中止)
注目:FW21岡本秀雄−元徳島。2ndで地決経験あり。プレーに重厚感
○長野 1勝(L・上田)
注目:MF5大橋良隆−元トーキン。加入2年目、運動量と技術で中盤の要
×さいたま 1敗(L・YSCC)
注目:DF13甲能光−元日体大。落ち着きある守備の要。ボランチもOK

大方の予想は3つ巴だろうがさいたまも足元をすくう力はある。特に初戦で当たる長野はひょっとすると苦戦も?一方で、あの豪雨の中でもそれなりのプレーを見せた讃岐は総合力がかなり上がっていると思う。連戦への免疫もできたし今回は期待してよいのでは。福島Uは…観た2戦とも苦戦しており印象悪し。守備の堅い相手にはきついかなあ…

★ワイルドカード:藤枝
勝ち点6以上を取りやすい条件は、2強2弱であることと2強の力が均衡していること(ドローの可能性があるので)。三洋洲本を「弱」に分類するのは誤りと思うが、目指すところの差からより本気度が高いはずの藤枝を推す。グループA・CはPK突入の可能性が高いカードが多く2位は伸びないと予想。


続きは次回に。今回は2回で終わり……ません。たぶん(笑)。

▲top