cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2010/09/11◆残った『のびのび』の2枚、と1日
▲home ▲index

タイトルでは「残った」としたけど、もちろん『残した』が正解。長年の課題だった福山竹ヶ端を9/3の平日に塗れるのなら、もう選択の余地なし。他にもいろいろと寄りたいところがあったしね。


9月3日

やっぱり『のびのび』を使うのなら平日だよ。スプリント====ThisIsTheErrorMessege====をしなくっていいんだもん。この日の計画で、“難易度”が高かったのが相生の乗り換え====ThisIsTheErrorMessege====で、まぁいい。もし座れなかったら駅前のラーメン屋で昼飯喰って1時間調整すればと思ってたけど、ここも余裕で確保出来たんで昼飯を岡山に変更。

ただ福山に行くだけなら、もっとゆっくりしてもいい。しかし、せっかく福山まで行くのに、尾道に顔を出さないわけにはいかないでしょう。かつて、そうサッカー観戦にハマる前には何度も何度も訪れた街。中央桟橋は姿を変えた====ThisIsTheErrorMessege====そうだし、再開発で駅前桟橋もなくなっちゃったけど。尾道大橋をくぐって、右にカーブ。左側の車窓に「海が見える。海が見えた。」====ThisIsTheErrorMessege====ただ、ぼくが通い詰めた頃とおそらくほとんど変わらない尾道駅を出ると、そこは再開発が進んだ駅前ターミナル。“懐かしさ”というものもおそらく変遷していくのだろう。
「尾道に行ったら」の浄土寺で参拝====ThisIsTheErrorMessege====し、いつもの福本渡船====ThisIsTheErrorMessege====で向島に渡って、いつもの『檸檬の樹』でアイスコーヒーを飲もう、マスターはまだぼくのこと憶えてくれてるかな?と行ってみると閉まっていた。「都合により、しばらくの間休業します」。残念。いまはクルマの移送を止めた向島運航で駅前に戻った。

福山に戻ってチェックインして荷物を置いて、トモテツバスで南へ。そこそこの乗客もあって、本数が多いのもわかる。けど、福山の街の規模でバス会社3社====ThisIsTheErrorMessege====って、ちょっと多いかな。堤防道路を走るバスの先に、もう竹ヶ端陸上の照明が見える。

会場に着いたのは試合開始の10分くらい前。どうやら佐川さんが大動員をかけたみたい。売店もちゃんと出ていた。天皇杯プログラムは習志野秋津でデーゲームを観ていた筋から何かと香ばしい噂が既に聞こえてきてたので購入せず(苦笑)。動員の応援は賑やかなので避けて、島根側のスタンドでゆるりと観戦。中国リーグ勢同士の対決となった、天皇杯1回戦・佐川中国×デッツォーラ島根。今年も島根の10番は庄司御大====ThisIsTheErrorMessege====であります。すごいことだと思う。S君から来たメールによると「最近はこれまでの“突貫小僧”ぶりが影を潜めてゲームメークに徹してて、隔世の念を禁じ得ない(笑)」のだそうですが。
試合は3-2で島根。いやあ、もうね、びっくりするくらい佐川のCBが軽くって。いくら攻撃力があっても、あれじゃあ。島根のリアクション・サッカーがバッチリとハマっちゃって。最後の佐川のパワープレーもきっちり凌ぎきって、島根が勝ち上がり。面白かったのは、ぼくらの前にいた島根応援隊の数名。佐川がパワープレーを仕掛けてる残り15分くらいかな、島根は放り込みに対応するためにどうしても中をカタめるようになり、佐川の左サイドの6番が浮く時間が多くなったのだけど、その時にメインから「6番!6番につけ!6番につかせろ!」と実に的確な指示(笑)を何度も飛ばす。ありゃあ、ただの応援のオジサンじゃない。

もう一つトピックがありまして。ハーフタイムに。

「………吉田さん………ですか?………」

嗚呼(笑)。また、またしても初対面の方に声をかけられてしまった。どうしてわかるんだ?と訝しんで訊いたところ、その理由を教えていただきました。なるほど。帰りはその方と福山駅までご一緒しました。こういう出会いも遠征観戦の愉しみ、ではあります。福山駅近くで晩飯喰って轟沈。


9月4日

5時半の電車で東へ。せっかく福山まで来ているんだ。この機会を逃す手はない。というわけで、岡山で乗り換えて茶屋町で乗り換えて、宇野へ。高速1000円の影響で一時は廃止か?と取り上げられた『宇高国道フェリー』に、どうしても乗っておきたかったのだ。とはいえ、何度も乗っている航路ではあるので、船内では長椅子に横になってウダウダして終わり。ま、いろいろゲット出来たし。

さて、香川県。となると“讃岐うどん”なのだが、実は高松駅周辺には残念ながらコレといった店が、ない。朝は(笑)。====ThisIsTheErrorMessege====『さか枝』も考えたけど、せっかく『のびのび』ホルダーなんだし、うどんを喰うだけならダッシュで行けば…というわけで、栗林公園北口駅近く、初めての『松下製麺』へ。いやいやこれが大当たり。コシがしっかり入った中腰麺もだけど、噂の天かす。ホントにサラッサラなんだ。これを天「カス」などと呼んでは失礼にあたる!今後は、高松の朝はここだ。

列車を乗り継いで四国を脱出して、新長田から地下鉄。一応、「年に1度は『プロ野球』を視よう」====ThisIsTheErrorMessege====とは思っているので、友人の野球通“返し馬マルホン”師匠が「一番いいスタジアムだと思う」と太鼓判を押すグリスタ神戸で開催があるのなら、とオリックス×ソフトバンクを観戦に。

いや、いいスタジアムだ。開放感がいい。ビール売りのお嬢さんも好みのショート黒髪+眼鏡っ娘で(笑)。でも、とにかくね、もう暑くって。これはスタジアムのせいじゃないからどうしようもないんだけど、場内でも盛んに「熱中症対策を取ってくださいね〜」と放送を流していた。で、暑さのせいか両チームとも先発がピリッとしない。特にSBの杉内!追い込むまでの組み立てはいいのだけど、フィニッシュが甘い!甘過ぎる!ぼくの自宅近所のJ2クラブのようだ(苦笑)。なもんで試合も時間がかかって、3時間で6回裏途中。こりゃあ保たんわ…と球場を後にしたら、駅に着く前にホームランの歓声が。ああそうかいそうかい(苦笑)。
この試合、ぼくはバックスクリーンのすぐレフト寄りで観ていたんだけど、そうだよなぁ「ホークス」だもんなあ。20年経ったいまでも“緑”が健在なんだ。コールリーダーはみんな緑の法被だったし、ぼくの前に座ってたおじさまも白と緑のメガホン。貼ってある選手名ステッカーが、門田!香川!湯上谷!加藤伸一!山本和範!なんか、ショート黒髪+眼鏡っ娘のビール売りちゃんより「いいモン視たぁ〜」と思ってしまう。
一方のライトスタンド。ぼくには違和感があった。振られる山吹色に赤の猛牛の旗は近鉄時代のモノかな?放送でも「バファローズ、5回裏の攻撃は……」。いや、バファローズを引き受けてくれたことを感謝しなければならない。のだろう。でも、ホークスを引き受けたソフトバンクと、バファローズを引き受けたオリックス。この両者に対する、ぼくの中で湧き上がる感情の差はなんだろう。どうしても「何故オリックスがバファローズを名乗るんだ」との思いは球場を出るまで消えなかった。横浜フリューゲルスのサポーターがマリノスの名前にくっつく『F』の1文字に抱く感情は、もしかしたらこういうモノなのか。何をいまさら…と笑っていただいて構わないが、熱烈なわけでもない近鉄ファンだったぼくが合併後に『バファローズ』の試合を現地で観るのはこれが初めてだったのだ。

神戸“そばめし”は新長田が発祥の地だそうで、ネットでいろいろ評判を読んでアーケード街入口の『ゆき』へ。“そばめし”は意外にシンプルな味付け。どろ====ThisIsTheErrorMessege====を加えて「こってり系」にしたら別の味わいがありそう。
相席してたぼくの前のカップル。兄さんが暑いからとシャツのボタンに手をかけたら、店員の姉さんが一言「音楽いります?」。カップルがキョトンとしていると「いや、服脱ごうとしてはるからストリップでも始めるのかと」(笑)。この姉さん、絶対もう1ネタ持ってるぞと思ったのだけど、ぼくが勘定済ませてから「ごめん、水をもう1杯」とお願いすると

『お勘定、済ませました?』
「はい」

『じゃ、あと500円で(笑)』

やはり、もう1ネタ持ってたか(笑)。

土曜日の夜だけど、神戸で新快速も座れて、米原スプリントでも無事に予選通過。順調に帰って来れた。


9月5日

夕方まで仕事をして、天皇杯2回戦を観にメドウに駆けつける。バックスタンドの隅っこ====ThisIsTheErrorMessege====にようやく「小さい空ぁきぃ見いつけた♪」。

対戦相手に和正がいることに対する感情は、特にない。でも、やっぱりいいクロス上げるね。「ウチのサイドは突っつけば破れる」とよく理解してらっしゃる。新井くんとのマッチアップは“勝負”にすらなってない(***sigh***)。ただ、栃木隊は魅力的なタレントを揃えた前線に対して、後ろは意外と隙があって。だから、ウチの攻撃陣でも相手ゴール前での勝負にまでは持っていけた。でも、そこで出る結論が「和正がいればなあ……」なんだから話にならん(苦笑)。服部GM、来季の補強ポイントがここまで明確なクラブは他にないかもしれないよ(笑)。3点差を1点差にして、終了近くはスタンドもかなり盛り上がったけど、カップ戦は負けたら終わり、得点差は関係ない。どうして恭平は最後のセットプレーで上がらなかったのだろう。

というわけで、岐阜隊の天皇杯はサクサクと終わっちゃいました。12月の遠征資金を別に活用できるからヨシ……とでもしましょうか。とほとほとほ。

▲top