cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2004/11/12◆さあて、週末の鋳造さんは?
▲home ▲index

6日の土曜日は昼過ぎまで仕事だったので“速報J”ですら視れなかった。日曜夜は当直だったので15時過ぎには自宅を出なければならなかったのでJを視ることが出来なかった。当直明けの帰宅後に録画しておいた浦和×清水を視たのだけど、自分の中で全然盛り上がりを感じない。「しょっぱい試合だった」というのがざっと視た感想だったのだけど、サカダイでベストゲームにランクされていたので驚いてしまった。

やはり3日に国立であんな試合を視た====ThisIsTheErrorMessege====のが原因なんだろうなあ。CS入れればスカパで海外サッカーの試合なんかいくらでも視れるんだから現場になんか行かなくても、ってのはやっぱ間違いだよ。でも、もしぼくが次に現場観戦した時にも、自分の中で全然盛り上がりを感じなくなってしまってたらどうしよう。3日みたいな熱い試合しか楽しめなくなってしまってたらどうしよう。


その「次の現場観戦」はこの週末にやって来る。天皇杯だ。

じゃからん嬢は週末に仕事上で非常にブルーなイベントを抱えているらしく「ああ、大宮の昇格浦和の優勝もかかっているのに、試練だ………」とメール送ってきたけど、ご安心を。その試合は今週末じゃありません。彼女は半端なサッカーファンじゃないはずなんだけど。リーグ戦の最中に天皇杯をやるのって、まだすんなり受け入れられていないのかな。
全国各地で16試合。あらかじめ宣言しておきますが、鋳造は土曜日は日本平日曜は瑞穂です。柏日立台の試合も非常に愉しみではあったのだけど、水曜の新潟×柏を視る限りでは波乱の可能性は激減したかな。もっとも、ソリさん曰く「ぬるま湯順位と勝ち点3渇望のチームの差」とのことだから、天皇杯で柏が同じパフォーマンスを演じられるかは未知数。それよりも、J1昇格をほぼ確実にしている大宮がどこまで出来そうなのか、出来ないとしたらどのへんなのかを掴む意味でも日本平の試合は興味深い。日曜日は近場でお茶濁し。長居の桜花×草津は注目浴びそうだけど、あの草津DFが桜花攻撃陣の無差別絨毯爆撃に曝されるのは視るに耐えない。左サイドを中心に、徳重や古橋あたりにみじん切りにされてしまうのではないだろうか。
日本平と瑞穂。近場でお茶濁しの理由は他にも。それはもちろん経済的理由。なにせ月末に地域決勝を控えているのだ。鴨池に春野。ああ旅費が、ああ旅費が。どっちに行くにしろ、ぼくは27日は天童にはいません。====ThisIsTheErrorMessege====よかったですね皆さん。

さてさてJ2はどうなるのでしょう。水戸は川崎の昇格を見届けたのに続いて、大宮の昇格を見届けることになるかもしれないし、湘南×福岡の結果次第では次の試合で山形の入替戦進出を見届けることになるかもしれない。もしそうなったら、客もメディアも入るからフロントは嬉しいかもしれないけど、サポはつらいだろうね。
でも、もし福岡が逆転で入替戦進出になったら、相手はおそらく柏か桜花、第3回旧JFLであいまみれた仲だ。第1レグは地域決勝で行けないけど、第2レグは観戦に行こうかな。藤枝ブルックスの旗を持って。

▲top