cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2004/09/14◆観戦外出がなくてもいろいろイベントな週末
▲home ▲index

今週末は国体なのだけど、ぼくは何故かこの“国体”という大会に対する観戦モチベーションが全然ない。もし岐阜県開催でも観に行かないかも知れない。というわけで、2週連続で観戦なしの週末になった。

前回の雑文====ThisIsTheErrorMessege====橙猿広場====ThisIsTheErrorMessege====娯楽を提供してしまった====ThisIsTheErrorMessege====らしい。そりゃ確かに勝率悪いよ、でもそれは昨年の話じゃあないか。と、気になったので今年に関して同じように数えてみると、10勝8分12敗。====ThisIsTheErrorMessege====どうよ、それほどひどくもないでしょ。
それに、そもそもザスパは恐るるに足らず!なにせ昨年は高校生に負けた====ThisIsTheErrorMessege====のだから。なあんて、昨年の話は参考にならないと書いた直後に昨年の話を参考にする。ひとはそれを“ご都合主義”と呼ぶ。わはははははのはー。


新館日誌にも書いたけど、週末は自宅PCのOSをついにXPにした。USB機器が増えるとやはり不便さが気になってしまうし、98SEでFTTHを無理矢理運用するのもちょっとストレスを感じていたので。しかし、OSの変更ってのは一大事だ。失敗したときのために、まずはセカンドマシンのノートでFTTHが使えるように設定し、それから大事なデータはCDにバックアップを焼いて、中古のHDDを引っ張り出してフォーマットしてからそれに現HDDのディスクコピーを丸ごとかけて、そしてOSの変更を行うという、どちらかと言えば一発勝負が好きな鋳造にしてはかなり慎重。なぜなら、これまで発作でOSの変更を行ってババ引いた経験は1度だけじゃないから。ぼくの部屋を隅々まで探し回れば、RedHatLinuxOS/2warpのディスクが見つかるだろう。そんなわけで慎重に作業をした結果、開始から終了まで1日半もかかってしまった。やれやれ。

もっとも、ずっとかかりっきりというわけでもなく、データをCDにチンタラ焼いている間はJをテレビ観戦。鹿島×さくらは、鈴木とバロンを未練なく引っ込めてFWを瞬間スピード勝負に切り替えたセレーゾ監督お見事!って試合だったと思う。しかし古橋は大ブレークだねえ。横浜×磐田はなんとなく流していただけ。

夜はTG×神戸も気になったけど、やはりここはというわけでJ2の川崎×大宮を視た。
rn003_40.gif 3点目はセットプレーじゃなかったと思うけど、印象としてはこんな試合。大宮はまさに会心の勝利でしょう。一方の川崎、等々力があそこまでいっぱいになったのもすごいけど、彼らに「“勝つ”ってそんなに簡単なことじゃないんだよ」というのを示せただけでも、満員の客を集めた価値はあったとぼくは思う。どうせいずれは昇格を決めるだろうし、っていうかこれで昇格できなかったらギャグだ。

話は前後するけど、この試合の結果でサイト管理人バトルに敗れたあゆみ奥様が猫耳メイド姿====ThisIsTheErrorMessege====ですってよ!
これまで数々のサイト管理人が『……ここまで?』ってくらいの辱めを受けていたわけで、この勝利で大宮が混戦グループから抜け出すかもしれないから他チームサポとしては複雑、それでも「大宮よくやった!」って心境は否定できないのではないか、と。なあんて、完全に野次馬モードですが。


結局、XP化は日曜の昼近くまでかかった。特にトラブルもなく、これまでのところ快適です。で、夜は大阪まで出た。一日半もパソコンにかかりっきりだったから、いい気分転換になった。鶴橋じゃなくて桃谷の韓国料理店====ThisIsTheErrorMessege====にしたんだけど、まさかそこで焼肉を喰うことになるとは。出てきたテジカルビ====ThisIsTheErrorMessege====は残念ながらソウル新村の圧勝、って当たり前か。また韓国行きたくなってしまったなあ。KEのマイルが一往復分あるはずだけど。どうせ行くならK2====ThisIsTheErrorMessege====視たいなあ。手頃なトコだと金浦====ThisIsTheErrorMessege====か。腹いっぱい焼肉喰ったあと、御幸通商店街====ThisIsTheErrorMessege====を通り抜けてから帰ってきた。夜の中之島は、なんかいい感じ。


さて来週の鋳造ですが、秋の大遠征まつりが始まります。とは言っても年休は当直明けの1日だけ、つまり岐阜から忙しく往復するわけ。予定では4試合観ます。ホントに、どこの誰が美濃のちりめん問屋の隠居なんでしょう。旅先からの新館警備日誌もやりますからお楽しみに。最初は旅行記をキチンと書くべく警備日誌は控えようかとも思ってたのだけど、冷静に考えると旅行記キチンと書いてる時間がない。たぶんない。もちろん旅行記も起こすとは思うけれど、ネタは新鮮じゃないとね。

▲top