cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2003/02/05◆中国は奥が深過ぎる。
▲home ▲index

いやいやしかし、少し前の雑文で戸田がケビン・フィリップスにどん兵衛を勧めるシーンを妄想して喜んでいたのだけど、まさか勧める相手がロビー・キーンになるとは。で、Spursは2月に早速Fulham戦があるんでまた大騒ぎになるんだろうな。2人とも出なかったらそれはそれで哀しくも話題にはなるだろうけど。


しかし今年の冬はよく人が動く。盟友Sun'sSon氏からの情報ではガッザ====ThisIsTheErrorMessege====がパウリか?!という話だったので、パウリを2部に残してくれるのならガッザだろうがロベルトバッジオだろうが岡本ばじお====ThisIsTheErrorMessege====だろうが構わないと返事をしたのだけど、まさかガッザの移籍先が同じ2部でも中国の2部チームとは!甘粛天馬とな!蘭州ですかい!なんとですか!ドラゴンマネー恐るべし。そういえば中日スポーツに「竜マネーでミラー獲得へ」とかの大見出しがあって、中国パワーはここまで来たかと一瞬だが思ってしまったことだよ。
ところで、甘粛天馬は2部こと甲Bで最下位だったんですけど、乙級に落ちたりはしないのでしょうか。日本の2部と同じ構造なのかな?でも、かつて甲Aにいた延辺現代隊====ThisIsTheErrorMessege====広州太陽神隊サンバルカン====ThisIsTheErrorMessege====も既に2部ですら姿を見かけないのだけど。

中にしろ韓にしろ下部リーグの情報って見つけにくいですね。韓国もついにプロ2部制導入に向けた動きがあるそうで。でもなんかW杯スタジアム対策のように感じてしまうのは、実際のところが伝わってこないから、と建設的に解釈していいのだろうか。以前、衛星放送で実業団リーグ====ThisIsTheErrorMessege====尚武====ThisIsTheErrorMessege====の試合を一部流していたけど、土のピッチだったんだよね。迷彩服を着た軍人さんがピッチで踊りを披露するシーンは、うーむなかなかシュール。かつてハレルヤも日本で踊りを披露してくれた====ThisIsTheErrorMessege====っけ。韓国では当たり前の風景なのだろうか。そういえばハレルヤはプロ化するんじゃなかったっけか?Kリーグには大邱====ThisIsTheErrorMessege====と光州から参戦だそうで、で上記の尚武が光州に移転するそうだけど、なんだかなあ。尚武の本拠地って城南市のはずなんだけどな。

で、今度はガッザが移籍する甲Bの話だけど、これもどうもよくわからん。大連賽徳隆なんてチームが強かったりするんだけど、なぜかホームは蘇州だったり。あの蘇州夜曲====ThisIsTheErrorMessege====の蘇州です。そうかそうか………って、蘇州と大連って全然違うやん!その直線距離はだいたい700km、札幌と東京の直線距離にほぼ同じ。コンサドーレ札幌のホームが東京ってことかと。いかがなものでしょう。
で、甘粛天馬は以前は天津立飛と名乗っていたらしい。あっ、天津立飛ならTVで視たことある。上海旅行記にちろっと書いた====ThisIsTheErrorMessege====けど、W杯予選・オマーン戦の日に甲Bリーグの中継をやっていて、あまりっつーかほとんど観客のいないスタジアムで天津立飛−上海中遠の試合が行われていたのだ。この時の上海中遠は甲Aに昇格して地元ライバルの名門・上海申花====ThisIsTheErrorMessege====よりかなり上位の成績を収めた。一方の天津は身売り………。なんか、かつての東京ガスとPJMフューチャーズ====ThisIsTheErrorMessege====のような。
もう一つ、甲Bについては気になることがある。先日発売になったサッカー週刊誌に、中国に売り込み遠征で行っていた藤吉とマエカブ====ThisIsTheErrorMessege====が甲Bのクラブに興味を持たれたって記事があったけど、マエカブに興味を示したのが哈爾濱====ThisIsTheErrorMessege====のクラブとのこと。2002シーズン、哈爾濱には甲Aも甲Bもない。となると先の天津立飛→甘粛天馬のようにどこかのクラブが身売りされたか、あるいは乙級から昇格があるか、だ。こうなると甲Bのさらに下の乙級はいったいどうなっているのか?という興味も湧いてくる。
ようやく見つけたサイトの情報では、乙級は地域リーグだそうで、まず国土を南北に分け、その中でさらに2つのグループに分ける。まずグループ予選があり、続いて南北それぞれで試合があって4チームずつが昇格トーナメントに出場する。ぼくら社会人サッカーオタクにはかなりそそられるシチュエーション。で、2002年乙級のラインナップは以下の通りだそうで。

  • A区 哈爾濱蘭格隊、遼寧盤錦隊、延辺隊、大連三徳隊
  • B区 遼寧錦州庄毅隊、天津名特隊、遼寧虎星隊、西蔵雪泉隊、北京龍力隊
  • C区 河北百世隊、済寧九巨龍隊、撫順深撫隊、西安安馨園隊
  • D区 広東雄鷹隊、広州日之泉隊、武漢雅[王其]隊、湖南金果隊

あ、あの、あのですね。ちょっといいですか。


大連も遼寧省の街だから、遼寧省のクラブが4つもいることになる。日本で言えば静岡県のようなものなのだろうか。それはいい、いいんだそれは。消滅?と思われていた延辺隊も乙級ながら存続しているようで嬉しい。それもいい。問題はB組だ。遼寧・北京・天津に混ざっている西蔵雪泉隊って、なんですかあ?チベットですかい!もしかしてホームは拉薩====ThisIsTheErrorMessege====ですか?なんとでございますか!そうなると、ボリビア代表みたいにホームでは圧倒的に強いという状況も想像できて、想像するだけで愉しい。もっとも、上に書いた大連賽徳隆の例もあるからチーム名とホームを直結連想するのは危険なんだけど、直結連想した方が面白そうだから直結連想しておく。
このサイトには過去の乙級メンバーも載っていて、管理人さんも激しく心を動かされたという解放軍超能隊がとにかく怪しすぎる。超能隊ですぜ?このチームが地下に潜伏してあの少林サッカーを開発した!と考えるのが一番妥当な解釈のような気がするんだけど、いかがでしょうか。反論ある方はメールください。

つーわけで、鋳造の今年の中国詣では大連を通り越して哈爾濱かもしれない。ずっとずっと前から萌え萌えゲロ袋と哈爾濱行こうな!行こうな!という話はしているのだけど、きゃつは行くなら冬に限る!と主張してやまない。冬はだめだ、サッカーやってないし、だいいち松花江が凍ってしまう。松花江には渡船があるという噂だけど、河が凍ったら船は動かない、っつーか氷の上を歩いちゃうから船なんかいらない。というわけで行くなら夏か初秋だ。しかし哈爾濱はそそるなあ。マエカブはマジで移籍しないかな。甲Bならスケジュールもわかりやすいから、観戦に行けるかもしれないんだけど。


最後に謝辞。今回の雑文では、このサイト====ThisIsTheErrorMessege====の情報を基に遊ばせていただきました。感謝です。中国サッカーに興味を持たれた方は、是非こちらも訪れてください。

▲top