cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
travelnotes : overseas
【KOREA-02】 1999/05/05 浦項の警官と驚嘆と軽い憂鬱
▲home ▲index <<prev next>>
====ThisIsTheErrorMessege====

さて、これからいよいよサッカー場だ。前回の水原では駅前でいきなり模範タクシーをつかまえた====ThisIsTheErrorMessege====が、観光地でないこの街にはいるはずもないし、今回は路線バスで行ってみたい。ところが、駅前にバス停は1本しかなく、またそれには系統番号があるだけで行先も時間表もないのだ。これは困った。雑然とした駅前広場には客待ちの一般タクシーがうじゃうじゃ。どれと交渉したものやら。
どうしよう?と迷ったぼくらの目に入ってきたのは駅前の交番。韓国の警官とはすでに2回対峙?しているし、もう怖いものはない!とばかりに我々は交番に突入した。
中では3人の警官が食事の最中。パスポート&イルボンのセットでファースト・インプレはOK。あとは持ってきた地図を見せながらチュックジャン====ThisIsTheErrorMessege====。言いたいことは伝わったようだ。警官は「ポス?」====ThisIsTheErrorMessege====と尋ねてくる。できればバスがいいが……しかし彼はあまりバスを薦めたくはないらしい。説明が面倒だもんね。彼が「テクシ?」====ThisIsTheErrorMessege====と言うので同意してしまった。すると彼はぼくらを1台の客待ちタクシーに連れていった。運転技士様に紹介する。ぼくらに警官はFIVE THOUSANDSという。W5000かかるよ?とのこと。当然OK。ぼくらはタクシーに乗りこんだ。
フロントグラスには地元警察の認定した모범운전사なるステッカーが貼ってあった。警察が紹介した模範運転士がボることはあるまい。渋滞もなく、スムーズにサッカー場前に到着。W7400かかった。お礼の意味も込めてW8000出したが、彼は1枚戻してくる。W5000と言ったのに余計にかかったからだ。ありがたく返していただいた。交番でタクシーを紹介してもらう。これは効くかも。

====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====

で、今回の舞台のスティーラーズ専用球場ですが、まあそのなりは写真を見てください。外観の雰囲気は日本平かなあ?食い物系の売店もうじゃうじゃ出ている。ちなみにミネラルウォーターを買ったらW1000だった。市価の倍。日本のサッカー場でも似たようなもんか。
まずチケットを押さえなければならない。整理担当らしいお兄さんをつかまえる。水原観戦時の半券を見せてトゥクソク====ThisIsTheErrorMessege====?と尋ねてみる。お兄さんは少々困った表情ののちに、NoPremierSheetsと答えてくれた。全席共通なのね。では、と一般席を購入した。
次はグッズ屋だ。水原と同様に客付きはよかったが、ヒトヤマのクロダカリ状態ではない。欲しいものを次々に指差し、オルマイムニカ?と尋ねてメモ帳を差し出す。これでなんとかなるか?と思っていたところ。

「日本からですか?」

おお、グッズ売店の後ろに立っていたおじさまはなんと日本語ペラペラではないか。Sun'sSon氏が「洪明甫のいる柏から来た」と伝えると、おじさまは「彼がいなくなってからチーム力が落ちましてねえ」と、これまた流暢な日本語。しかし、グッズ屋で日本語で交渉できるとは思わなかった。勢い込んでいろんなものを買ってしまった。我々が狙っていたのはレプユニなのだが、おじさま曰く「あれはファンクラブの人達向けで、売ってはいないんです」と、これまた流暢な日本語。コンサの縦縞を横にしたようなカラーリングで、欲しかったんだけどなあ。別れ際におじさまはスティーラーズの今年のイヤーブックをくれた。ありがとう。

====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====

買うものは買ったし、とついにスタジアム内へ。中の様子は……まあ写真を見てください。鳥栖よりも仙台スタジアムに近い。風が強いのでアウェー側に移動する。アウェー側からだと電光掲示も見ることができる。試合開始1時間半前あたりから、こども達によるPKアトラクションが行われた。進行役が、こども達に名前と好きな選手(目標にしている選手かも)を尋ねる。「李東国」や「高正云」は当然として、「洪明甫」と答える子供が多いのに驚く。やはり地元では英雄なんだね。
選手たちが練習のために出てきた。スタメンに李東国も高正云もいないせいか、水原の時のような「きゃああああああああああっ!!!!!」はなかった。はなかった。一方の大田は、サポーターも来ていたけど、やはり圧倒的アウェーという雰囲気は否めない。国旗掲揚と国歌吹奏があって、試合開始。なんですが。

====ThisIsTheErrorMessege====

すみませんねえ、試合描写ができなくって。試合は2-0で浦項の勝ちだったんだけど、なんか実力差だけで勝ったような感じで、ハッとするようなプレーは記憶にないなあ。サッカーそのものは日本の国立競技場で観た全南====ThisIsTheErrorMessege====の方がずっと好みだ。大田の方も実力差を認識したうえで試合に臨んでいるような感じがあって、うーむなんだか。
浦項にサッカー観に行きたい!と思うあなた、対戦カードを選びましょう。水原とか釜山とか蔚山とかが相手だったら、もう少し白熱した試合になるでしょう。2-0で後半30分を過ぎると観客がゾロゾロ帰りだしたのには驚いた。ホームが勝ってるんだからさあ、夜遅いわけでもないんだし、最後まで残ってやんなさいよ。

▲top <<prev next>>