cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
travelnotes : domestic
2011ピッチ原理主義遠征【韮崎綾瀬編】
▲home ▲index <<prev next>>

2011年7月23日

まずは長良川へ。久しぶりに『岐大通』の配布に参加する。前号(京都戦号)が雨ざんざかで配れなかったということで、今号の中に挟んでしまおうということで、有志に手伝ってもらう。昨今の岐阜隊の戦績を反映してかヒジョーに客足は鈍くて在庫いっぱい夢いっぱい(苦笑)。隣の野球場の高校野球予選が終わった頃にようやくハケた。快進撃の郡上高校を応援する緑TシャツのJKに「FC岐阜の試合、観たくない?」と、なんちゃってナンパ(嘘)。夏休みに入って土曜夕方の試合で観客数3000人超えでは、キツいわねえ。

J2
FC岐阜 0−1 栃木SC

この日の栃木にそう余裕があったようにも見えなかったけど、そんな栃木相手に見せ場もちょろっとしか作れないってのが岐阜隊の現在位置、なんだろうか。
でも、この日に関しては結果よりも、どうしても自分の中で納得できない点があって。残り数分で三田光を下げて投入する3人目の交替が川島なら、ハンジェをベンチに置いておく意味って何だったんだろう。ハンジェも試合に出られる状態になったからベンチに置いているんだろうし、ならここで使わずにどうする?って展開だとぼくには思えたのだけど、サッカーを熟知する木村さんには違ったんだろう。でも、ベンチワークだけから考えちゃうと、なんかそのまま負けたくて負けたような感じすらしてしまって、コテンパンにやられるより後味は悪かったです。きっと、今シーズンの岐阜隊はずっとこのままなんだろうな……。

試合が終わって単車でほぼ順法速度(笑)でダッシュ、岐阜駅に停めて電車を乗り継いで、予定通りに東京駅22:45発の最終『かいじ』に乗れた。東京駅から中央線特急に乗るのは初めてだ。土曜の夜遅くだけど、新宿から結構乗ってきて自由席は満員になった。きっと、平日の夜はすごいんだろうなあ。甲府到着は翌日の0:40、にも関わらず都内から通しで乗ってた客が結構いたのには驚いた。もう一つ驚いたのが、山梨市から乗って石和温泉で降りたおじさまがいたこと(笑)。コンビニでパスタ買って、駅前のホテルにチェックインして食べたら沈没。

2011年7月24日

ホテルのバイキング朝食をがっつり喰って、電車で韮崎へ。さすが韮崎、駅前にはサッカーのモニュメントが。

1日数本のバスに乗って御勅使南公園に向かう。と、バスに乗ってから気づいた。札入れに万札しか入ってないではないか。でもまあ、小銭入れには400円あるから大丈夫……と思いつつも、運将に韮崎駅=御勅使南公園の運賃を訊くと420円とな!やばばばばばばば…と狼狽えていると、後部座席にいた美しい御婦人が「私も御勅使公園に行きますから、とりあえず払っておきますよ」とのお言葉。ああ、ありがたい。旅の情けはありがたや。
バスを降りたところで、件の美しい御婦人から「サッカーの観戦ですか?」と訊かれた。「はい」と素直に答えると、「ご父兄の方ですか?」。ということは、この方は帝京第三高校サッカー部の選手のお母様だな。「試合に出るかはわからないですけど」と微笑まれる。ああっ、基本的に社会人寄り観戦が基本スタンスの鋳造だけど、この試合に関してはそうはいかなくなってしまったではないか!(笑)途中のコンビニで飲み物を買って小銭を作り、お母様にバス代をお支払いして、会場へ。

天皇杯山梨予選
FC甲運 3−3(PK.5-6) 帝京第三高校

フィジカルの甲運×テクニックの三高という図式は試合開始から終了まで続いた。先制点は三高。しかし、甲運は後半開始数十秒で同点に追いつくと、数分後には左CKからヘッド、その数分後には左からのクロスにまたヘッドで3−1。3点目ゲットの際は、甲運のかわいい女性マネさん2名も飛び上がって「ヤバい、ヤバいよ!」と喜んでいた。勝ったら県予選決勝進出、NHKローカルで生放送もあるかも。で、この試合のポイントは、三高が1点返した後の甲運の攻撃だったかな。右からミドルをぶっ放して、三高GKがなんとか弾くも詰めたFWがダイビングヘッドでねじ込んだ。しかし、判定はオフサイド。ぼくにはミドルを撃った時は詰めたFWはまだオンサイドだった====ThisIsTheErrorMessege====ように見えたのだけど、ちょっと不運だったか。
逃げ切りたい甲運だったけど、3人目の交替選手が交替で入った割には運動量的にイマイチに見えて、同点に追いつくべく必死に攻めてくる三高の選手をフォアチェックでつぶせなかったのは誤算だったかも。後半アッドタイムに三高がゴール左下隅に決めて同点。試合はそのままPK戦に。甲運はエンジンを組んで「絶対勝てる!おっさんパワー見せようぜ!」と気合を入れていたが、後攻め・甲運の6人目がGK正面に蹴ってしまったところで決着した。

バス代を立て替えてくれた美しいお母様、ごめんなさい。やっぱりぼくはこの試合を社会人寄りで観てしまいました(苦笑)。ベ、別に甲運の2人の女性マネさんがかわいかったからじゃ、ないんだからね!(笑)。

タクシーを呼んで、塩崎駅へ。甲府・八王子・町田・海老名と乗り換えて、綾瀬市民センターに着いたのは午後2時40分ごろか。スタンドには2本の旗がはためいている。1本はおなじみの旭日旗だけど、もう1本は何だろう。スタンドに上がると、それは旗には水交会====ThisIsTheErrorMessege====と書かれていた。なるほど。

関東L2
海自厚木マーカス 1−5 クラブドラゴンズ

もうね、序盤からマーカスが動きの量と速さの違いを“見せつけられて”しまって(苦笑)。後で知ったのだけど、震災で延期になった関東リーグをこの週末に持ってきた関係で、マーカスは土曜に天皇杯県予選→日曜にリーグの連戦====ThisIsTheErrorMessege====になってしまっていた。そりゃ、動きが悪くても致し方ない。
マーカスの要注目は大楠。====ThisIsTheErrorMessege====スタッフらしき方もOBの方々にお勧めしていた。高校出ての新人でまだカラダが出来てないみたいだったけど、がんばってほしい。
ただ、ここでの大敗はマーカスの関東2部残留に関してはちょっと厳しいかもしれない。なにせ、残留争いをしている他2つは相模原との試合を既に終えているが、マーカスは残しているのだ。====ThisIsTheErrorMessege====

再び海老名に出て、町田・新横浜・名古屋と乗り換えて岐阜に戻ってきた。新幹線も自由席になんとか座れて、バタバタと動き回ったけど、めでたしめでたし。

▲top <<prev next>>