cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
travelnotes : domestic
2009のピッチ原理主義遠征【五條札幌編】(前)
▲home ▲index <<prev next>>

平成21年6月20日 土曜日

奈良県五條で関西リーグ。というだけで“無料試合のS”君とぼくはユニット結成になっちゃうんだなあ、これが。途中までは近鉄電車で行くのが便利====ThisIsTheErrorMessege====なんで、朝7時半の名阪乙====ThisIsTheErrorMessege====で待ち合わせ。S君が「ビスタ2階に乗ったことがない」というのは意外だった。

乗り継ぎが少々シビアだったんで電車の遅延が心配だったけど、さすがに近鉄さんの運行に手抜かりはなく。でもねでもね、八木駅の案内にね、やっぱり『尼崎・三宮方面』って出されるとね、えーと、あのその、どうしましょう(笑)。八木・橿原神宮と乗り継いで吉野口。ああそうか、ここは『ICOCA』エリアではない====ThisIsTheErrorMessege====のね。思いっきりローカル線風情の和歌山線で、大和二見。五條上野競技場の最寄り駅はここ。
S君は近所のコンビニに買い出し。その間、ぼくは堺市近辺の金券ショップに電話をかけまくる。実は、今回の旅行に備えてヤフオクでヘリ屋のSD券====ThisIsTheErrorMessege====を落としたのだけど、不注意で5月を過ぎて期限切れになってしまったのだ!ぬかった!ぬかったあーっ!気づいたのが出発前夜というテイタラク。というわけで、緊急で購入すべく電話で在庫を調べたら2軒でサクサク見つかった。しかし驚いたのは販売価格。旅行需要が減ってるので換金を求める株主が多く“値崩れ”しているというのは新聞記事で読んだけど、堺東駅前の店が7500円だったのに、北野田駅前だと6000円だというではないか!需要と供給のバランスが価格を決めるって、こういうことなんでしょうか。
さて、S君も戻ってきて、出発。競技場までは歩いてもなんとかなりそうな距離ではあるけど、暑さもあるし2人いるんだからとタクシー利用にした。ちゃんと駅にタクシーはいます。2メーターで着いたので、元気よく歩けば20分ちょいではないかと思いますが。タクシー運将氏曰く「先日、サッカー協会のひとが完成視察に来ていた」とのこと。
五條上野競技場。『こうづけ』です。知らないぼくらはタクシーで「『うえの』競技場」と言ってましたね。屋根付きスタンドはあるものの、はっきり言ってスタンドとピッチが離れ過ぎていて、観戦には不向き。試合は、関西リーグ2部、京都紫光とルネス甲賀の上位対決。紫光と言えば!試合終了後のミーティングでマッチコミッサリーから「紫光のベンチがうるさい」と書かれたこともある熱い熱いSDのたろう氏。かつてのガスサポには“クマ裏”という愉しみ方====ThisIsTheErrorMessege====があったという話だけど、ぼくらも出来れば“たろう裏”を堪能したいところ。

ところが。「いつ吼えるか」と期待していた“たろう”氏が、なんか違う。微妙な判定にも両手を広げるだけ。いったいどうしたんだ、キミまで分別のある『つまらないオトナ』になってしまったのか!試合は、紫光は前半43分とロスタイムのラストプレーという最悪の時間帯に連続失点。後半開始早々にも失点し、この暑さもあるから社会人は書生にまず手が出ないと思えた。ところが、後半なかばからルネスの脚がベタッと止まって、中盤でボールが好きなように拾える紫光の絨毯爆撃状態となる。紫光のFWの中居====ThisIsTheErrorMessege====は、運動量があるとは言えずというよりないと言ってもいいくらいだったけど、それでも相手ゴール前でのピンポイントの仕事っぷりは失礼ながら“昔取ったなんとやら”。3−2となって、あと5分。試される場面だ。動くか、そのままか。紫光ベンチは動かないことを選んだ。2分後、縦1本でルネスFWに抜け出されて試合を決定づける4点目が生まれた。
ルネス4−2紫光。ぼくはどうしても聴きたかった。あの残り5分で、紫光ベンチは何をどう考えていたのか。試合終了後に、たろう氏は即答した。「交代の紙はもう持っていた」と。ただ、下げるつもりだった選手の動きが戻ってきたので引っ張った、とのこと。やはりギリギリの決断だったのだ。もちろん、交代したら追いついていたかはわからない。ただ、そうした現場でのギリギリの判断が勝った/負けたを、歓喜と失望を生む。ぼくは「これはヤバい」と思った。これは麻薬だ。間違いなく、一度味わったら抜けられない魔力を持つ。

第2試合はJSTと奈良クラブのダービーマッチだけど、次の予定もあるぼくらは暑さもあって回避することに。JSTホーム扱いのはずだけど、奈良クラブのチアさんがいる。コスチュームの背番号は、そりゃその番号しかないとは思いますが(笑)。

ぼくらは、たろう氏のクルマで堺まで運んでもらった。わがまま言って北野田経由。堺から南海電車を使う。おそらく、初めての『ラピート』。500円なら上出来の設備。でも車両の端の電光ニュースで日本語と英語でまったく違うニュースが流れてたのは、なぜかしらん。関西空港でS君とはいったんお別れ。====ThisIsTheErrorMessege====ラウンジで軽く休憩して、北へ。

新千歳空港。13℃って、寒いよっ!快速エアポートで白石乗り換えでさらに西へ向かう。違う!乗客の服装が、違うっ!ブルゾン着てるよセーター着てるよパーカー着てるよ。暑がりの鋳造もさすがにTシャツ1枚では耐えられない。薄手のジャケット持ってきて本当によかった。

宿は西11丁目なのに、JRで札幌より西に向かう理由は、ラーメン。初めて単車『あたしのマジェ』で渡道した時に食べた、琴似の『ななし』にもう一度行ってみたくなったのだ。
有名店のはずだけど、そして土曜の夜だけど、びっくりするくらいに空いていた。旭川ラーメンの店だけど、前回と同じく“みそ”の大盛り。ピューレのようにきめ細かなスープ。うまい、のだけど少し物足りなく感じてしまうのは、予想以上に『上品』だったからだろうか。そのまま地下鉄東西線の琴似まで歩いて、西11丁目のホテルに移動。呑みに出る元気もないし、そんな時間でもない。コンビニで缶ビール2本買って、投宿して風呂入ってサクサク沈没。

▲top <<prev next>>