cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
travelnotes : domestic
6月の週末遠征三昧(第1レグ)
▲home ▲index <<prev next>>

天気もよろしくない梅雨時ではあるのだけど、地域リーグやJFLではそそるカードが目白押し。自宅でじっとしているのも悔しいし、2週連続で観戦ハシゴを企てた。6月14〜15の週末は、焼津で東海リーグ・静岡FC−矢崎バレンテと南長野で北信越リーグ・長野エルザ−上田ジェンシャンのハシゴ。6月21〜22の週末は、砥部でJFL・愛媛FC−SC鳥取と福山でJFE西日本−三菱水島のハシゴ。もちろん、鋳造の遠征には必須のグルメセットつきで計画を立てた。まずは第1レグ。岐阜から快速電車に乗る。


焼津と長野のハシゴなので普通の切符では出費がかさむ。今回は使えねえと評判の周遊きっぷを利用した。白馬・諏訪ゾーンでゆきは岐阜→下諏訪、かえりは塩尻→岐阜。前日の公式宴会をおとなしめで切り抜けたので早めの電車に乗ることが出来た。これで焼津に行って、まずはマグロ料理を喰らう。焼津と言えばマグロだ、うきうきわくわく。と思いながら先頭車両でぼやーんとしていたのだが、木曽川駅を過ぎたあたりで

ばこーん!がらがらがらっ!

とものすごい音。そして緊急停車。間違いない、置き石を跳ね飛ばしたのだ。音から判断するとそれもかなり大きいヤツ。もし脱線していたらと思うと恐いものがある。なにせ乗っていたのは先頭車両なのだから。ここで15分ほどの遅延が発生。豊橋に着いた時には接続の浜松行は行ってしまった。結局、焼津まで行ってマグロを味わう時間はなくなってしまい、豊橋駅のスタンドでラーメンライスのしょぼちい昼飯を喰うことに。くそったれ置き石犯め許さねえ。もし見つけたらミンチにしてやる。

西焼津駅に着いた頃には、いつ雨が降り出してもおかしくない雲行きになった。15分ほど歩くと運動公園。市民球場の奥に陸上競技場があるが、ここのピッチ状態がもう劣悪そのもの。====ThisIsTheErrorMessege====現在、雨はぽつぽつ状態だけど、ざんざかざんになった時の状況は想像したくない。
観客はほぼ全員が静岡FCを見に来ていて、どうやら矢崎寄りなのはぼくだけのよう。だって、だって、だって矢崎には岩科====ThisIsTheErrorMessege====遠藤孝広====ThisIsTheErrorMessege====もいるんだもん!試合開始。静岡−矢崎となるとちょっと地域リーグを齧ったファンなら期待してしまうカードだろうけど、残念ながら実際は違った。静岡の中盤のパスワークに矢崎側は全然ついていけない。時折カウンターを仕掛ける時は遠藤が忍び足加速を見せてくれるものの、レベルの差は如何ともしがたくという印象を受けた。あとは、矢崎の中盤の大柄な選手が印象に残った程度。その体格はまさに“花園君”の再来だった。後半開始早々にミドルが決まって静岡が2点リードとなったところで雨が強くなってきたので撤収することに====ThisIsTheErrorMessege====する。スタンドには屋根がまったくないのだ。
富士まで出てそこで「ふじかわ」をつかまえる。特急とは名ばかりの速度だが、車窓に広がる富士川の景観はなかなかのもので、速度の遅さが逆に心地よかったりする。当初の予定より2時間早く甲府着。サクサクと駅前のほうとう====ThisIsTheErrorMessege====屋「小作」に行くが、なんかここのうどん行くたびにレベルが落ちていくような気がする。速攻で食べてしまったので「スーパーあずさ」で松本へ行き、駅前のP屋でこてんぱんに負けて不愉快3倍満状態でホテルに入って風呂入って沈没。マグロは喰えないわ矢崎は負けるわほうとうの味は落ちるわPはボロ負けだわで散々な土曜日であった。それもこれもすべてはあの置き石犯のせいだ!ミンチにしてやるミンチにしてやる以下同文。


日曜日。松本はうっすらと青空の見える爽やかな天気だった。しかも涼しく、今日の観戦は快適に出来るかと思った。その時は。駅前のマックで朝食を食べて各駅停車の長野行に乗るものの、目的地・篠ノ井に着いた時はただの曇り空になっていた。けっ。雨は降らないと思うけど、全然爽やかじゃない。
事前の調査通り、駅から競技場の近くを通る松代行バスは土日運休。どうよ。時間もあるので歩くことにした。途中のスーパーが開いていたのでラーメンコーナーへ。長野に来たらこれよ!のポンちゃんラーメン====ThisIsTheErrorMessege====を買って、たらたら歩いたら競技場に着くまでに45分もかかってしまい、試合開始ギリギリになってしまった。長野オリンピックの開会・閉会式会場はいまは野球場らしい。その奥に球技場がある。屋根はないけど、五色台のような見やすさ。
長野vs上田、地域リーグの試合ではあるが両チームともサポがいて数は少ないながら熱い応援。どうしても勝ちたい長野、引き分けでも十分な上田。しかし長野は攻めきれない。上田には元・横河の登内がいる。しかし生きたボールがあまり出てこない。結局、見どころはあるもののどちらかといえば粛々と時間は過ぎていく。
ハーフタイムには抽選会があった。入場無料の試合だけど、入口で配っていた質素なMDPに番号が打たれているのだ。最後に残った1等賞が、スポンサーのスポーツ用品店が提供してくれたトレーナー。「290番!」と言うので、そんなに入ってるんかいなと思ったのだけどやはり入っていなかったらしく、再抽選。「127番!」あ、俺だ。かつて笠松競馬で飛騨牛肉1kgを当てて以来の当選。でも、用意してあるトレーナーがMサイズとかだったらどうしよう。
後半も粛々と時間は過ぎてゆく。上田は運営委員さんがスタンドから戦況を分析してベンチの監督に伝える。Jでは禁止の行為だそうだけど地域Lではいいのかな。結局はスコアレスで終了。上田としてはしてやったりだろう。
さて、トレーナーだ。事務局のところに行って「トレーナーください」と言うと、係のひとはクリアファイルからトレーナー引換券をくれた。年内有効だそうで、サイズやデザインを自分で選べるのはありがたいけど、今日は引き換えに行く時間がない。もう一度長野に来い、と?篠ノ井までタクシーを利用して戻り、長野で1時間近く並んで大阪行「しなの」の自由席をキープし、手配師たろう君とうだうだと帰ってきた。第1レグ終了。

▲top <<prev next>>