cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2018/02/22◆第15回・J1/J2入れ替え予想会議
▲home ▲index

今年も恒例のJ1・J2の予想大会でございます。今回も『ワイルドカード』予想は“なし”。

【J1】下位3チームを予想(順不問)。オプションは、FC東京の順位を。
【J2】上位3チームを予想(順不問)。オプションは、東京ヴェルディの順位を。

今年は開幕が金曜になったからもう大変(苦笑)。では、例によって到着順に。

柏サポ・Sun's Son氏の見解。

J1
名古屋 清水 広島 FC東京=9位

[名古屋]
長崎も考えましたが、あちらはフロントに好感が持てるので外しました。名古屋は、大物外国人を連れてきても、風間監督のサッカーに適応するのに時間がかかるのではないでしょうか。もし適応が早かった場合は、早々に安全圏に行くでしょう。
残り二つも順当ではありますが、監督交代のやり方がまずかったところを挙げています。
[清水]
オフに石崎監督を解任して翌年降格した柏と被る。
[広島]
逆転残留した2005年の大分がシャムスカを切るようなもの。
[FC東京]
まあ一桁には乗せてくるかと。クラブの雰囲気がよくない話をよく聞くので、戦力云々よりもそこが健太さんでどう変わるかですかね。ディエゴ・オリヴェイラを敵に回すのは、柏サポとしては脅威です。

J2
福岡 松本 千葉 東京V=6位

降格組がゼロという結果になりましたが、今年の有力どころがどこも監督続投なので、いい方での継続性という意味で。松本はそろそろ金属疲労を起こしそうですが、新加入選手がおもしろそうだったので入れてみました。
東京Vもその延長戦で考えています。ただ、ここの胸スポンサーはいつ大トラブルを起こしてもおかしくないので(事実上の宗教法人)、クラブがそれに巻き込まれないことを祈ります。


山形&栃木サポ・無料試合のS氏の見解。

J1
横浜FM 広島 磐田 FC東京=10位

上の世界はよくわかりません…。戦力的には昇格組の長崎・湘南がやや落ちる感じはありますが、どうせ真っ当に考えても外れるのでちょっとひねくれてみましょうか…。
横浜FM…清水も名古屋も落ちたし、そろそろ、ねえ。(去年のコピペ)やはり齋藤・マルティノスの強烈アタッカーがぶっこ抜かれたのと監督が未知数なのが気になります。
広島……城福監督就任による変化は、元甲府の選手が何人かいることもあり意外とスムーズにいくのでは。ただ周期的にそろそろ危険な気がします。
磐田……今年のビックリ枠。去年の成績を見れば危険水域に入ることは考えにくいですが、全体的に層が薄い気がします。ケガ人次第では一気に歯車が狂うことも…。
東京……10位。監督交代も健太さん、主力流出は最小限(去年の大久保なら…ね)、去年よりは順位が上がるとみますが、正直順位は見当がつきません…。単純に戦力だけで判断するとこの辺に落ち着くんじゃないかなあ。
ここ数年候補に挙げていた山の向こうのチームですが、今年は意を決して外してみました。さてどうなりますか。

J2
大宮 松本 千葉 東京V=11位

去年は久しぶりに挙げたチームがプレーオフ圏内に2つも入りました。が、もう1つは12位。今年こそはせめて3つとも1ケタ順位に入れたいところですが…あれこれ考えても当たらんものは当たらんので、ぱっと見「こんなのと戦わなきゃなのか…」と思ったところを順に。
大宮……少なくともJ2においては「戦術シモビッチ」は絶対です。J2を知る選手も多く、3年前のように自動昇格圏内をキープできるのではないかと。
松本……相当えげつない補強をしている印象。A・B2つのチームを作ったらどちらもPO以上行けるんじゃ?チーム内の不協和音さえ出なければ盤石か。
千葉……戦力損失はほぼなく、上積み・継続性も十分。去年の終盤の快進撃の再現は十分に有り得るかと。
東京V…11位。Wアンザイが抜けた両サイドに強烈な補強はなし。ブラジルコンビを中心とした中央突破という往時のスタイルへの回帰でしょうか?正負どっちにも転がる可能性がありそうなので、超弱気にド真ん中で…。

最後に、我が軍はただでさえ後方の層が薄いところに頼りの新外国人CBがケガで全治6か月。もう2人の新外国人が余程当たらん限り、いいとこ真ん中辺かなあ…。


岐阜サポ・ジュニア氏の見解。

今年もお招きいただきありがとうございます。事故の被害があって遅れて申し訳ありません。では始めましょう。

J1
名古屋 長崎 清水 FC東京=10位

【J1】
とりあえず金の暴力をあれだけ振るいながらPOで命からがらの昇格なんて小っ恥ずかしい結果だった三河の自動車会社のサッカー部。まずは1枠。理由?死ぬほど嫌いだからだよ!以上!!
2つめ。ここも昇格組だけど長崎。やっぱりJ2の中堅上位が勢いで上がっても補強がある程度進まないと厳しいと思う。
3つめ。ここ割れるだろうなぁ。上がり目がすっごく怪しい清水にしとくか……本当は瓦斯にしたかったけど健太なら躍進はなくても落とす事はないでしょう……瓦斯は10位。

J2
徳島 大宮 福岡 東京V=8位

【J2】
ビックリ枠で落ちたチームがない=本命不在だと思います。とは言っても降格組のほうが地力は若干まだ上かと。この3つ+PO組が中心なんですかねぇ……
まずは1つめ。補強が充実して尚且つ去年岐阜が戦った中で一番コテンパンにされたと感じた徳島。
2つめ。降格組の中で唯一罰ゲーム免除で戦力の低下もそれほどなかった大宮。
そして3つめ。福岡かなぁ……負けないサッカー出来るチームは勝ち点積めますよ。
東京Vは…昇格には若干足らん気します。8位で。


多摩県民・P氏の見解。

「2017年度はJリーグの観客の平均年齢が上がらなかった!」という報道に衝撃を受けています。どうした!?なにがあった!?お、おれがJを観に行かなくなったからか!??

J1
札幌 広島 長崎 FC東京=8位

札幌:J2に落ちてもミシャを続けるか見てみたいデス。継続性があるなら、3年後が楽しみ。
広島:城福さん。真摯なところや自由へのあこがれは敬愛しますが、勝負師ではないっスな。
長崎:勢いは感じます。個人の財力でどうにか出来る余地もあります。でも、ね。
FC東京:「初期投資でお金をつぎ込んで、強化分配金を獲得して倍々ゲームで強いチーム!」というプランだったと思うのですが、昨季はあんな感じ。仕切り直しで長谷川体制ですが、まずは体質改善を目指しつつ定位置かな?昔ワンチョペという選手がいてな、その後にだな…

J2
大宮 新潟 福岡 東京V=6位

大宮:継続性とクラブの体力的に。
新潟:なんとしてもJ1に戻ってクラブを持続させる!という決意を感じます。
福岡:井原さん好きです!
東京V:いやちょっと東京Vっていうチームよく分からないんで。東京ダービーとか楽しそうだなって思うけど、来季はラグビーW杯もあるんで味スタかつかつだし。6位くらいでいいと思うよ?


仙台サポ・freemind氏の見解。

我らがベガルタ仙台のJ1生活も今季で9年目。J1在籍が長い順で、降格経験のない鹿島と横浜FMは別格として、浦和、広島、川崎の次が仙台だなんてね、J1完全定着という状況には程遠く、そろそろか…とかホントに嫌な感じがしています。今季は残留争い仲間の大宮・新潟・甲府がいなくなってしまいとても心許ないですし、J2からの昇格が名古屋と湘南ですしね。しかも、W杯の長期中断で春季と夏季の日程が非常にタイト。低予算の選手層が薄いクラブは余計に不利な状況と思われ、開幕が近づくにつれて不安が増していく毎日です。しかし、今季は入替戦が復活しました。16位でも残留の可能性があるというのは(ちょっとだけですが)安心しちゃいます。

J1
長崎 札幌 清水 FC東京=8位

今季の降格予想は例年になく難しいですね。各クラブいずれも良い補強をしていて、なかなか仙台以下のクラブが見当たりません。残留争いクラブ同士の星の潰し合いで残留ラインが勝ち点30くらいまで落ちてくると嬉しいのですが…。
まずは、今季昇格組の中から長崎ですね。現状で仙台より低予算なのは長崎くらいでしょうか…。徳永悠平に中村北斗といちおう経験値の高いメンバーを集めてると思いますが、全体のメンバーを眺める限り、苦戦必至でしょう。
つぎに、昨季は昇格3クラブが全て残留を果たすという稀なシーズンでしたが、2年目のジンクスに期待しています。ペトロビッチ監督のサッカーはなかなか浸透し切れず、就任当初は低迷するというのが過去の相場でしたので、2度あることは3度あるんじゃないのかな?と。
また、最後の1枠もJ1復帰2年目の清水と考えました。小林伸二監督を切ってヤン・ヨンソン監督を招聘というのがどうなのか…外国人監督は中途でなかなか首を切れないですし、ずるずると行ってしまい昨季以上に低迷してしまうかも?と読みました。なお次点は、昨季は熾烈な残留争いを何とか15位で生き延びた広島かな。新任の城福浩監督が守備陣を立て直せるとは思えず、相当迷いましたが、攻撃陣が強力ですし、何とか踏ん張りそう。仙台も守備がいまいち安定を欠いていますし、攻守のバランスで考えると似ている印象ですね。
最後は、昨季は13位に沈んだFC東京ですが、長谷川健太監督に替わって、そう悪い結果にはならないでしょ?という印象で、定位置辺りで終了しそうです。7〜10位くらいのイメージで8位と予想します。

J2
千葉 東京V 大宮 東京V=2位

DAZNに移行してから画質が悪いので、昨季のJ2はあんまり視ていないのですよ。すみません。
まずは、東京V。ブラジル人強力FWのアランピニェイロとドウグラスヴィエイラ。昨季は2人合計で25得点ですか…契約が残っていたとは言え、よく引っこ抜かれなかったですね。今季もロティーナ監督のようですし、昨季以上の成績というと2位くらいでしょうか。
もう一つの自動昇格は千葉がイイかな。エスナイデル監督のハイライン・ハイプレスは視ていて気持ちが良くて、好みのスタイルです。戦力も充実している印象なので、昨季後半の素晴らしい流れが継続して、今季はさらなるジャンプアップが期待できそうです。
3位ですが、さすがに大宮は外せませんでした。石井正忠監督のサッカーにシモビッチがどう融合していくのかイメージがあまり湧いてきませんが、まぁでも、シモビッチと大前元紀の2トップなら間違いなさそう。ルヴァン杯出場も免れていますし、昨季J1最下位は正解だったように思えます。


関西サッカーリーグ・豊浦総務主事の見解。

J1
浦和 名古屋 G大阪 FC東京=7位

浦和:嫌いだから。それ以外にないのよ。本当に…。
名古屋:J2であんだけ失点してたらダメでしょう。湘南のほぼ倍ってねえ。攻撃面で誰取ったとかは聞くけど、守備面で何をしたかが分からない。そして、何よりも「新・降格請負人」長谷川アーリアジャスールを取った。これでボトム3に入れない理由がない。
G大阪:はっきり言います。レヴィさんは3年いります。落ちる覚悟でやらないとチームはできません。香川や乾がいてもセレッソはJ1復帰に2年かかりました。おまけに井手口も堂安も既にいません。ヤットさんをこき使わないといけません。今野さんも負傷しました。さあ、どうしましょう。出足で躓いたら、多分監督の首のすげ替えとか言い出します。だから落ちるだろうと予想しています。多分、3年辛抱したら十分いい位置に行けるチームにはなるでしょう。
F東京:いきなりACL圏内とかそんなポジションにはいないでしょう。でも、少なくともそこそこ仕事はすると思います。清水の時もガンバの時もやることははっきりしていた長谷川さんですから、選手もそれなりにはいますし、最低限1桁順位はいけるかと。

J2
福岡 岡山 徳島 東京V=6位

福岡:何より失点があれだけ少なくて、自動昇格圏に入れなかったのは不運以外の何物でもない。ウェリントンはいなくなったけど、何とかできるチームではあるかな…と。
岡山:隔年好不調チームなので、今年はやる。まあ、選手の入れ替わりが激しいというか、いつもローンだらけなので、やることさえはっきりできれば十分自動昇格圏もあり得る。
徳島:「チームづくり」しているチームがいきなり化けるパターンに入るかも。シシーニョさんと大本くんをいきなりぶっこ抜くとかねえ。まあ、ここんとこの上位進出の趨勢である明確なチームづくりができるチームだと思うので、挙げてみました。多分、例外でやることが明確じゃなかったのは…セレッソだけやな(苦笑)。
東京V:PO圏内は十分に狙うだけのチーム力はあるし、積み上げも期待はできる。ただ、余所はそれ以上に補強しているだけになかなか既存チーム力の積み上げだけでは、順位の向上は難しいかな。


吉田鋳造の見解。

J1
長崎 札幌 磐田 FC東京=13位

長崎:J1はなび杯を抱えてしまうという部分がネガティブに作用すると思うんだよね。もしかしたら試合数はJ2の方が多いかもしれないけど、水曜の試合を抱えて日本のほぼ西端から移動を繰り返す。確実に体力を奪われるだろう。前半で逃げ切り貯金を作れないと、ずるずると沈んでいくんじゃないか。でも、それはJ1での戦いはそれはそれは貴重な経験となるだろう。正直クソ羨ましいぞ。
札幌:岐阜と同様(?)、クラブ規模に合わない監督様をお招きしてしまったという気がしてならないんだよね。「目標は残留だから」という割り切りが必要になった時に、彼にそれが出来るのかしら。
磐田:岐阜と同様(?)、監督が好きなタイプの選手ばかり集めてしまったんじゃないか?という懸念が、ね。『攻殻機動隊』で語られている通り、この世の生き物に「オトコ(オス)」と「オンナ(メス)」がいて交配することで子孫を残す構造になっているのは多様性を残すため、単性生殖はカンタンだけど1個のウイルスで全滅する可能性がある。ということで、びっくり枠。
ガス:なんとなく、ケンタ効果が出るのは来季なんじゃないかな、という気がします。今季は残留でOKじゃないですか。

J2
大宮 徳島 大分 東京V=10位

大宮:戦術はシモビッチ。しーもびっちしーもびっち(ふうふう!)。大宮はちゃんとボールを出せる選手もいそうなんで大丈夫でしょう。普通にぶっ千切ると思います。
徳島:ウチからシシに大本まで持っていってJ1に上がれないなんて人の道に反している。「愉しくてしかも勝つサッカーって、こういうことさ」ってトコを武将を初めとするウチの連中に見せつけてやってください。よろしくお願いします。
大分:びっくり枠。ここには徳島と違って「とにかく勝つサッカー」を見せてもらいたい。J3でブイブイ言わせまくった藤本に期待。
ヴェルディは、なんとは順位表の左側、ってあたりじゃないかなあ。実はいまのヴェルディのサッカーって結構好きなんだけど、そんなに勝負強くないところがね。


さあ全員分が出そろいました。敬称略で一覧を。

J1
Sun'sSon 名古屋 清水 広島 FC東京=9位
無料試合のS 横浜FM 広島 磐田 FC東京=10位
ジュニア 名古屋 長崎 清水 FC東京=10位
多摩県民P 札幌 広島 長崎 FC東京=8位
freemind 長崎 札幌 清水 FC東京=8位
豊浦総務主事 浦和 名古屋 G大阪 FC東京=7位
吉田鋳造 長崎 札幌 磐田 FC東京=13位

結構“割れた”かな?という中で長崎がどっかぶりになるかと思ってましたが。名古屋はおグランパスでなくなっても堅実な人気だなあ(笑)。

J2
Sun'sSon 福岡 松本 千葉 東京V=6位
無料試合のS 大宮 松本 千葉 東京V=11位
ジュニア 徳島 大宮 福岡 東京V=8位
多摩県民P 大宮 新潟 福岡 東京V=6位
freemind 千葉 東京V 大宮 東京V=2位
豊浦総務主事 福岡 岡山 徳島 東京V=6位
吉田鋳造 大宮 徳島 大分 東京V=10位

割れましたね。意外だったのは新潟を挙げたのが1人だけなのと甲府を挙げたひとがいないこと。いやあ、皆さんシビアだ(苦笑)。

さて、どうなりますか。

▲top