cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2013/01/29◆1月のいろいろ。
▲home ▲index

しばらく雑文の更新が開いてしまいました。何もしてなかったわけではないのですが。

年末年始

大晦日に川口オートと大井競馬のハシゴ、で正月は伊勢崎オートとバカやってました。ま、これでオートレース6場コンプ====ThisIsTheErrorMessege====です。意外だったのは、川口で普通にビールを売っていたことですね。

元日は天皇杯。こりゃすげえや……と感心してしまったガンバの攻撃も、柏が1回のチャンスを活かして先制すると後半はあらあらどうしたのと自然崩壊。がちゃぴんが前に出るととたんにボールが回らなくなる。なるほど、別に呪いがどうたらではなくて、ガンバが降格した原因はこの“2面性”だったのね〜。帰宅したら、自宅でテレビ観戦していた母親が「もう1人前に出てくれば攻撃もうまくいくのに〜」と言ってた。サッカー経験もナマ観戦もまったくないぼくの母親(80)が、です。カムアウトしますが、隣で観戦してたじゃからんは試合中に寝ました(苦笑)。
試合が終わって、いつものように神宮外苑で滑ってから新宿『安具楽』でいつもの“べ”サポと呑み。ついこないまで岐阜隊とああだこうだやってた(笑)のに、ACLだもんなあ。モロッコ観戦計画====ThisIsTheErrorMessege====なんて話を聞くと、「やっぱり強いっていいよね」とは思います。

岐阜隊の新体制発表会

病院通いで遠くに行けなかったこともあって、マーサで行われた岐阜隊2013シーズンの発表会に参加。サポに開放されてたんですね。

今年の岐阜隊に期するものは大きい。なんてったって、監督が2年めなのだ。
それかいっ!と思うかもしれないけど、倉田→木村、木村→行徳と2年連続して『継続がない』状況を見せられてきたのだから。今年はぎょっさんも編成に参加したとかいう話だし。
「“核”になるFWがいない」点を除けば、なかなかいい布陣ではないかい?と思う。新加入選手でキャラ的に気になったのはミオ君とマタゾ。ミオ君は既に“仕切る”気マンマンだったし、マタゾは「16番なんで、16ゴール狙います。言った以上は結果を出さないとプロじゃない」なんて宣言してサポの心を鷲掴み。いいじゃんいいじゃん。
でも、ぎょっさんは「悲観する状況ではない」と言ってたけど、敢えて9番を空けているところを視ると「これでオシマイ」という感じもないのだろう。

新ユニも同時発表。gol.さんよろしくお願いします。実は地味にいい感じなのがアウェーユニ。レンゲ柄がしっかり入ってて。胸スポ決まったら買っちゃおうかしら。1月もバクチが好調だったし(笑)。

ところで、ハットさん→ミオ君と2年連続でガイナさんからいい選手が来てくれてるんで、来年はマサオ君====ThisIsTheErrorMessege====をよろしくお願いします>ガイナさん(笑)。

関西リーグ入替戦

20日は都城市・高城で九州リーグの入替戦を観るはずで、だからこの週末はじゃからんと九州旅行だなと考えてたのですが、年明けの頃に会場が川南に変更になってご声援ありがとうございました(苦笑)。航空券を買う前でよかった〜。====ThisIsTheErrorMessege====とはいえ、じゃからんは既にスイッチオンで九州へ行く気マンマン。向こうに友達もいるし、というわけで独りで福岡へ。

そんじゃまあ、ぼくは関西の入替戦でも……と調べてびっくり。

京都紫光ですてえええええええええええええ

すみませんスポンサーのクセに全然ノーマークでした。昨シーズンは1部昇格にギリギリ届かず残念だったのに、どうしちゃったんだい。これは行かねばなるまい。

電車乗り継いで西京極へ。メインスタンドからの一部観客から絶大な声援を集めるのは、ご存知“関西リーグ総務主事”のたろうちゃん。どうよ(笑)。

試合は、1-0で紫光が勝って残留です。前半の風上の時間帯にきっちり得点出来たのが奏功した。前週の関西府県での高砂×独協を観ていた仲間が「6−4……7−3で独協かな」と言っていたのでビクビクでしたが、後半アタマの怒涛の独協タイムを凌がれると脚が停まっちゃいましたね。怒涛の独協タイムを後半30分くらいからに設定していたら紫光もどうなってたか。試合運びって、むずかしい。

メインスタンドにはQPRのニット帽をかぶったイギリス人さんがいて、メインの地域L野郎どもと記念撮影。イギリス人のマニアってばズブズブに深くなるからなぁ………と思ったら、やっぱりこの方は『ピッチ原理主義』の系譜にいらっしゃる人のようで(笑)。本場イギリスにはこうしは『原理主義者』がワラワラといて、そういうマニアを指す“Ground-Hopper”という英語まであるんだってさ。やっぱりマニアの本場はズブズブに深いや(笑)。

♪進まな〜いの、なぜかしらっ(齋藤由貴)

年に2回の「じゃからんドライバーの日」、今年の第1回は1/26。目的地は恵那スケート場。

途中、駄知の『道の駅』に陶磁器を観に行った。そりゃニ●リとかよりは高いよ。けど、岐阜の地場産業でもあるし、器にある程度のカネをかけると自宅の食事も愉しくなるというもの。トルコブルーの器なんかを買ったのだけど、催事コーナーでは全国『道の駅』との交流なんたらで各地方の食材がずらーっと並んでて、危険っ(笑)。秋田の「いぶりがっこ」====ThisIsTheErrorMessege====「しょっつる」====ThisIsTheErrorMessege====、能登の「いしる」====ThisIsTheErrorMessege====、津軽小泊の「行者にんにく三升漬」、和歌山の「梅酢」、新潟「へぎそば」====ThisIsTheErrorMessege====高知「酒盗」====ThisIsTheErrorMessege====、などなどなど。これはヤバい(笑)。いろいろ買ってしまった。

昼飯を喰ってから到着した恵那スケート場。屋外リンクは小学校卒業直前のスケート教室で止まることも曲がることも出来ずに当時好きだった女の子のトコに真っ直ぐ滑っていって悲鳴とともに突き飛ばされて深い深いトラウマが刻まれて以来だ(笑)。というか、ここってスピードスケートのリンクなのね。400mのコースは長いし、当たり前だけどコースにシロートがつかまる柵なんかないし、これまた当たり前だけど屋外だから風が吹く。向かい風になると進まないのなんの(笑)。
“なんちゃってフィギュア・スケーター”のじゃからんはマイシューズ持参で、思い出してきたのか「スパイラルに挑戦!」と言って左足をぐーっと後ろに延ばして片足滑り。2秒後には「腰いてえぇーっ!」と来たモンだ(笑)。

そんなこんなで1時間半も滑ったんでヘトヘト。恵那ラジウム温泉で1時間近く「うでえええええ」っと浸かって帰ってきた。それでも翌日は筋肉痛と疲労ビシビシだったのだけど、件の『道の駅』で買った「行者にんにく三升漬」が効くのなんの。ちょっとメシに載せて喰っただけなのに、疲労はすべて消し飛んでしまった。これ、スゴいわ。“常備食材”に2階級特進ね(笑)。

▲top