cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2012/03/02◆第9回・J1/J2入れ替え予想会議
▲home ▲index

今年も恒例のJ1・J2の予想大会でございます。今回は『ワイルドカード』予想は“なし”。

【J1】下位3チームを予想(順不問)。オプションは、ベガルタ仙台の順位を。
【J2】上位3チームを予想(順不問)。オプションは、モンテディオ山形の順位を。

今回は1回でまとめて掲載!では、例によって到着順に。


岐阜サポ・ジュニア氏の見解。

昨年は本当に悪夢と言うか自業自得の1年となりサッカーの恐ろしさを痛感させられました。壊れるのなんてあっと言う間とも。では今年も予想に入らせてもらいます。

J1
札幌 磐田 大宮 仙台=9位

恐らく鳥栖と札幌が圧倒的な人気を被るんじゃないかなぁと。特に札幌。J2の3位昇格ではそもそもJ1で戦える地力ではないってのが僕の見方です。過去2年の湘南、福岡のJ1での力不足を感じると札幌も補強はそれなりに頑張ったけどJ1で通年戦い抜けるかと言うと少し疑問。したがってまず1枠は札幌。鳥栖は案外15位か14位で生き残りそうな予感がします。
残り2つですが先日のPSMでの体たらくを見てると磐田は相当アレだぞ。前田、駒野、金園と代表で3名取られたとは言え岐阜に完封負けを喰らうのはJ1としてどうなのよ?と。この3人がきちんと1年戦えれば生き残れるとは思うけど押谷に1トップやらせるほど戦術面で融通利きそうもないあの新監督では何かあったら自由落下もありえるかな……と。あの1トップは前田ありきの1トップでしょうに。ですのでもう1つは磐田。
あと1つですが、もうそろそろいい加減大宮がオフサイドトラップかけ損ねて16位でサヨウナラの予感がします。攻撃面の充実さに反してDF面の上積みをあまり感じない点。あと危険な香りがするのは大型補強でサッカーの変わりそうな神戸。選手の名前だけ見れば落ちる要素はないんだけど……1つ間違えば落ちてもおかしくない。どっちか迷いましたがラスト1枠は大宮。仙台ですが昨年の躍進ほどのインパクトはないかと。9位でお願いします。

J2
甲府 京都 徳島 山形=5位

昨年はJ1が1つに東海1部が1チーム混じってるような1年でしたが、今年は正しくJ2全22チームの1年になると思います。
広島や柏、瓦斯と言った圧倒的な存在はないかなぁと。その中で言えば少しだけ甲府が抜けてるかなと。京都も相当に地力ついてきたと思います。まずはこの2つは外せない。では残り1つ。徳島か大分かで迷いました。どっちも地力ついてきたし監督の迷采配もないだろうとも。少なくても6位内を外すことはないと思うのです。ただ3位以内でとなるなら徳島。守備をきちんと作る実績に長けた小林さん招聘は確実にプラスに働くと見ました。山形ですが大崩れはしない思いますが、決め手に欠ける印象。ですがさすがにプレーオフまで外すことはないかと。5位でお願いします。


柏サポ・Sun's Son氏の見解。

J1
広島 横浜FM 浦和 仙台=7位

失礼を承知で言わせてもらえば、去年の降格はすべて納得枠=ビックリ枠がゼロ。その反動で今年はすべてビックリ枠が占める可能性もあるのでは。
広島は、J1の中で最大とも言える戦力ダウン+新任監督。とりわけ李忠成の抜けた穴がそのまま。マイナスからのスタートと言っていいのでは。
横浜FM。あのタレントをまとめるのは樋口さんじゃ無理。育成がよくて監督でコケる人は多いのは、求められる能力の違いだと思います。すなわち潜在的能力を引き出す育成と、確立された能力を有機的に結合するトップチームの監督。樋口さんはこれまでの監督歴から、後者の能力には乏しいと思いました。
最後の枠には浦和を。昨今、浦和に来た選手からは「来なきゃよかった」オーラを感じます。柏木も梅崎もマルシオ・リシャルデスも。一つの負けでこれほど精神的に追い詰められるのかと、実際に来てみて初めてわかる。ペトロヴィッチ監督のよき理解者である槙野の加入や当時の中心選手である柏木がいるのは大きいですが、こんな大きなプレッシャーの中で、難解といわれる監督の戦術の理解と勝利、この二兎を追えるのか、はなはだ疑問です。
仙台は7位。去年は震災というブーストがあったからと言われます。確かにそれは認めます。しかしそれによって得た「使命感」と「全員が同じ方向を向いたときに発揮されるパワー」を知ったことは、何年経っても活かされるものです。以上により、少なくとも賞金圏内には入るものと思います。そうでなくとも今年トップ10入りすれば、今後は中長期的にJ1に定着するでしょう。

J2
京都 栃木 千葉 山形=5位

京都。去年のリーグ戦終盤と天皇杯を見る限り、堅いでしょう。バヤリッツァまで来ちゃったし。
栃木は陣容がかなり入れ替わりましたが、しつこく推します。抜けた選手の穴も大きいですが、新加入の選手も粒ぞろい。束ねるのは名将松田監督。PSMの横浜FM戦でもベストメンバーの相手にいい動きをしており、勝っています。今年も期待できるでしょう。
千葉はプレーオフ導入の年に3位に滑り込み、「去年入っとけよ」「もう1つ上なら…」とかいろいろ言われそう。しかもせっかく3位に入ったのに、プレーオフ決勝で敗退という大団円を迎えそうな気がします。
山形の5位は何となく。中島と萬代の2トップは強力だし、レイソルから行ってる比嘉にはがんばってほしいけど、監督としての奥野さん見るのは草津以来だから未知数だなぁ…しかも草津では選手兼任だったし…。


多摩県民・P氏の見解。

J1
札幌 C大阪 川崎 仙台=6位

今季は監督が変わったチームが多いので、見通しが悪い。ただ、こういう時こそクラブの強化部門が何を考えているのかを見るチャンス!新監督に何を求めるのか?新加入選手に何を求めるのか?そこが見えないクラブは、ダメでしょ。ねっ!
札幌:昨季何度か観ましたが、攻撃が場当たり的だった記憶しかありません。欲を捨ててひたすら守りに徹して残留ができるのか?いいや出来まい。J1だと攻めに出たところを狙われるぞ。
C大阪:優勝争いと残留争いを交互に繰り返す「ジェットコースタークラブ」らしいので、今季は…。というのは冗談として、夏に清武と金甫Q抜かれたらリアルに厳しそう。「破壊の鉄球とおなべのふた」から「破壊の鉄球」が無くなっても動揺しないチームをセルジオ・ソアレス新監督がどう作るのか?興味深々。
川崎:広島か横浜FMか清水か磐田かで迷ったのですが、一番監督に迷いがありそうな川崎をチョイス。君に決めた!相馬監督は昨今の早大出身監督にたがわず「頭でっかち」な雰囲気が満載。オフシーズンは憲剛、山瀬、柴崎と安定感をもたらす選手を軸として枝葉をいじってきましたが、どんなサッカーをしたいかは相変わらず不明。そろそろ…
仙台:熟成ですよ熟成。他のクラブに入れ替わりが激しい中、煮込んで煮込んで。でも、ACL出場権は無いかな。

J2
京都 徳島 甲府 山形=6位

京都:若い主軸を残しつつ、昨季昇格を逃して悔しい思いをしている倉貫を補強。もうね、言うことないね。
徳島:美濃部監督に倉貫、柿谷、佐藤晃大と昨季の主力が抜けたけど、小林伸二監督が就任。収支はマイナスから始まるだろうけど、組織の土台がしっかりしてくる秋からは期待できそう。大塚製薬がJ1昇格争いだもんなぁ〜(遠い目)
甲府:城福さんのサッカーは熟成が必要だし、本人は責任感がとても強い方で追いつめられると弱いけど。でも、3位以内には入れるよね!愛です愛。…あれ?早大出身???
山形:社団法人が経営する会社だけに、監督には現有戦力を一つにまとめるという仕事が託されますが。昨季までの土台があるし、6位までにプレーオフ出場権が与えられるんだから監督が肩の力を抜いて指揮できればいいけど。Jの監督初体験の早大出身奥野新監督が頭使いすぎてぶれ始めるようだと、6位くらいが妥当。
と、さんざん早大出身監督を弄ってますが、悪気は無いのですよ。以前は勝負師タイプの監督が多かった早大だけど、最近はインテリタイプの監督ばっかりで、おじさんつまんない!


山形&栃木サポ・無料試合のS氏の見解。

よりによって今年から曜日固定…土曜観戦が確実に減るのが残念でなりませぬ。あ、そういえば今年はWCという逃げ道がないのですね。ホントにないんですよね(汗)====ThisIsTheErrorMessege====

J1
札幌 C大阪 浦和 仙台=11位

札幌…不安げなJ1も、そこそこ守れれば何とかなるもんです。が、ココはCBが確実に足りない…カギを握るのはノースではなく高校を出たての奈良か?
C大阪…監督交代、倉田は抜け清武にも抜けられる不安、そして周期的にそろそろ…決して落ちるレベルなところではないのですが。
浦和…数年後にはすごいチームになるのかもしれませんがミシャ改革にはきっと痛みがつきもの。最悪、調子が上がらないチームにフロントが(以下略)
仙台…11位…梁勇基の離脱は決して小さくないと思われます。得意のスタートダッシュができないと、中位に埋もれてしまうのでは…新外国人のフィット次第か?
WCがないのでコメント追加。戦力的に厳しい鳥栖は3年前の我軍とダブるところがあり、願望も込めて残留。一生懸命は報われるよ!逆に候補に入れませんでしたが、広島あたりもそろそろ嫌な予感がします。今年はどう見ても少なくとも1つは「意外枠」なので、どこがそこに当てはまるやら…

J2
京都 山形 千葉 山形=2位

京都…去年の上位陣で最も不安要素のないチーム。天皇杯でもいいサッカーしてました。秋本、倉貫ら幹が折れなければ万全でしょう。あの内容なら今年も我軍は多分勝てない(泣)。
山形…抜けたメンツから意外に聞こえるかもですが、新戦力の出来はそれを補って余りありと断言。特に新人宮阪が要注目です。さすが明治。来年は厳しそうなので今年のうちに行くぜ!
千葉…確かに戦力的には充実しているのでこの辺にいて不思議ではないのですが。結局プレーオフでさらわれる予感が…。怪我治ったら健太郎使ってね。
山形…2位…まあ、先に語らせて頂いたので。それよりまずは対岐阜の借金返済が優先事項か(爆)。
WC(中略)追加。もう一つの我軍、栃木は前後の入れ替わりが激しすぎて全く読めません。松田イズムがどれだけ早く浸透するかでしょうが結局真ん中で滞りそうな気がします。残り3席のプレーオフ枠は、東京V・甲府、もう1つは去年の北九州みたいな「意外枠」になるといいなあ…(水戸とか岡山とか)


大分サポ・ピロミ店長の見解。

J1
札幌 新潟 神戸 仙台=6位

札幌はウッチーがいるので、頑張って欲しいのですが。やはり後半になるにつれ、消耗していくかなぁ、と。新潟は選手層、神戸はもうそろそろ、だと思います。大宮は残留力を発揮すると思うので……。鳥栖が、かきまわしてくれるといいなぁ。

J2
京都 東京V 千葉 山形=5位

昨年も予想した京都を優勝と予想します。祖母井マジックも今年こそ成果を結ぶかと。ほかに、東京Vと、千葉を。


京都紫光クラブ前監督・豊浦氏の見解。

J1
鹿島 横浜FM 清水 仙台=6位

鹿島:嫌いだから。
横浜FM:2011天皇杯準決勝以来のすったもんだはチームにとっても悪影響。結構引きずりそう。
清水:まあ、こんだけぶっこ抜かれて無事なチームもそうないかと。小野伸二、夏に南華移籍か?
仙台:角田が残ったのがデカい。

J2
京都 北九州 徳島 山形=10位

京都:大木軍団、着実に成長してます。
北九州:これは大穴狙いです。でも、決してない話ではないか…と。
徳島:昇格&残留の鬼、小林伸二を監督に呼んだのは大きい。
山形:かなりリセットに近い状態なんで、こんなもんかと。


北九州サポ・コータ氏の見解。

昨年に引き続き、むしろ昨年に輪をかけて「J」の事情に疎い状況ではありますが、今回もヒラメキとハッタリで挑んでみます。というよりは、現時点で予想をしたところでいまいち当たる気がしないのが正直なところで(主力の怪我や夏の籍市場の動きに大きく左右されそうですし…)、当たらないなら当たらないでその誤差を「サプライズ」として受け止めるまでです。って、なんだ、この露骨な予防線張り方。

※構成の都合上、J2から先に掲載します。

J2
千葉 京都 徳島 山形=9位

京都は昨年も予想に挙げさせていただきましたが、これはもちろん「『笑っていいとも』打ち切り説を言い続ければいつか終わるだろう」という某夕刊紙的な手法で「エレベータークラブなんだから言い続ければいつか上がるだろう」という狙いではなく、昨年後半&天皇杯の好調が今年も継続されるという想定から。徳島は前年惜しくも昇格を逃しましたが、今年こそは四国にJ1クラブが…ま、これは予想というよりは期待に近いのですけど。
そして3位→プレーオフ敗退、という画がいちばん似合いそうな気がなんとなくしてしまったので千葉を入れてみます。ところでスローガンに「脱甘」なる言葉を使ってますけど、スタジアム内で売られるコーヒーがシュガーレスになったりとかするのですかね…あ、そういう意味ではないですね、はい。
山形は最初は6位に予想してたんですが、いざ「やまがた」と入力しようとしたところでウチのIMEくんが「山雅た」と変換しちゃいまして、急に不安になって順位を下げることにしました…って、なんのこっちゃ。

J1
札幌 大宮 鳥栖 仙台=12位

札幌と鳥栖については、どちらにもJ1定着してほしいのはヤマヤマなんですが…すんません、巷の下馬評に倣います。大宮は「残留争いを乗り切り続けてきたけど、そろそろホントに落ちてしまうのではないか」と…先述の「いいとも打ち切り説」的な理由で挙げてみます。以上、カドが立たないよう?手短に切り上げ撤収。
仙台は…どうもいつかのC大阪の「好調だった翌年にさらなる高みを目指したはずがバランスを失った末に降格」…というイメージがかぶりそうな…とはいえ、残留争いに顔を出すことまではないだろう、という感じの順位でどうでしょう。


鳥栖サポ・LiveOnNet牟田氏の見解。

去年はサガン鳥栖がまさかのJ1昇格で、鳴門で思わず泣いたおっさんです。
いろんな方々の支援があってクラブが出来、まさに波乱万丈な出来事がありすぎましたが、15年もサガン鳥栖を応援し続けて本当に、本当に良かった1年でした。この場を借りまして存続運動を初めとする、皆様の助け合いや尽力に感謝します。ありがとうございます。

J1
鹿島 新潟 磐田 仙台=10位

鹿島は年齢層が高いのと10月に親会社が「新日鉄住金」になるので、資金的にはどうなんだろうな気がします。磐田も、そんな感じがします。新潟がややビックスワン効果が薄れつつあるかな。鳥栖は15位以上と踏んでます。

J2
熊本 北九州 京都 山形=7位

熊本は最終戦のダンマクがあるので、鳥栖サポの総意として。来年上がって来んしゃい!
北九州はTM2試合、キャンプ1回観ましたが、ヤスは名監督ではないかと。メリハリのつけ方が「巧い」。端戸は10点以上獲れそうでは。
京都はダントツでしょうけど、どこも練ってくるでしょう。潜り抜けないと行けないのでわ。
予想ではあげてないんですが、ダークホース的には草津。鳥栖的には一番やりにくそうな相手でしたんで。


さいたま市中央区在住の仙台サポ・freemind氏の見解。

昨季は、十分に想定可能な山形降格を予想せず、サッカーの神様、誠に申し訳ありませんでした!みちのくダービーってイイなッ!とか、僅かな優柔な想いが心の片隅に芽生えてしまったのが敗因です。
今世紀中のみちのくダービーは有り得ないという確信に基づいて、今後は予想していきますので、お赦し願います。

J1
C大阪 横浜FM 札幌 仙台=1位

セレッソは、小松塁が川崎へ移籍し、清武弘嗣の海外移籍が囁かれる中で、セルジオ・ソアレス監督の手腕が未知数と、負のイメージを強く感じます。J1に関西4クラブは多いので、来季はサンガとセレッソが入れ替わりでしょう。
2009年5位の東京FCが翌2010年に降格した記憶は未だに新しいところ。昨季5位のマリノスですが、昨季開幕戦の1試合のみ仙台で先発出場したマルキーニョスの加入が大きな災いとなると断言しましょう。山形・大宮・横浜FCの監督を歴任した樋口靖洋監督の印象も良いものではなく、一昨年の前例が踏襲されると予想します。
コンサドーレですが、入替戦が廃止された以降の過去2シーズンにおいて、3位昇格クラブは降格の憂目に遭遇しています。ジンクスは今季も引き継がれるのではないでしょうか…。
あなたの夢は何ですか?。私の夢はベガルタ仙台のJ1優勝です。

J2
京都 徳島 千葉 山形=7位

まずはサンガ。昨季天皇杯の準決勝と決勝を観戦しましたが、ドゥトラは力強く、久保裕也と宮吉拓実は素晴らしい。祖母井秀隆と大木武のコンビに死角は見当たりません。
ヴォルティスは、昨季4位の実績に加えて、小林伸二監督…ですからね。
JEFに関しては、充実した良い補強が為された印象が強く。また、仙台はフクアリで試合をしたことがないので早く昇格して来て欲しいとの願いもあって、軽く推しておきたいと思います。
今季の山形は、萬代宏樹と中島裕希の夢の2トップですから(違うの?)、期待せざるを得ません。全22クラブ中の1/3には入ってくると考えますが、しかしながら、昇格可能圏内の6位以上は否定されますので、必然的に7位という結論です。


吉田鋳造の見解。

J1
新潟 横浜FM 磐田 仙台=11位

なんだか、新潟と全横は「そろそろ……」という気がして。ぶっこ抜かれた孔を自前の若いので埋めきれなさげな広島と迷いましたが、岐阜とのPSMで押谷の1トップという策に出て監督さんが『引き出しの量と質』をカムアウトしちゃったっぽい磐田をプッシュ(笑)させていただきます。正直言って、J1についてはあまり語れるタマがないので申し訳ない(苦笑)。鳥栖と札幌については、ビンボな岐阜隊の遠征費事情から強制的にJ1残留とさせていただきました。広島でなく磐田をプッシュしたのにはその辺の事情もあります(笑)。『べ』は、まぁ、このあたりで。

J2
京都 徳島 甲府 山形=6位

ビンボな岐阜隊の遠征費事情から考えると、山形と熊本と大分に強制的にJ1に上がっていただきたいのだけれど、さすがにそうもいかないでしょうし(笑)。
京都は、天皇杯を観ちゃうと、もうこれはしょうがないんじゃないの?という感じで。徳島は、ビンボな岐阜隊の遠征費事情から出来ればJ2にとどまっていただきたいのですが、コバさん呼ばれちゃあ、これもしょうがないでしょう。残る1つがむずかしいのだけど、落ちてきたトコが3つとも居残るとも考えにくいので、消去法で甲府(笑)。
山形は、奥野さんが未知数な部分で割引。来年こそは、山形ホームの岐阜戦を芋煮シーズンに開催してください(笑)。
岐阜隊は……20位争いをしてくれれば、それでいいです(笑)。昨年は20チームで「19位争い」すら出来なかったですからね(笑)。


さあ全員分が出そろいました。敬称略で一覧を。

J1
ジュニア 札幌 磐田 大宮 仙台=9位
Sun'sSon 広島 横浜FM 浦和 仙台=7位
多摩県民P 札幌 C大阪 川崎 仙台=6位
無料試合のS 札幌 C大阪 浦和 仙台=11位
ピロミ店長 札幌 新潟 神戸 仙台=6位
豊浦元監督 鹿島 横浜FM 清水 仙台=6位
コータ 札幌 大宮 鳥栖 仙台=12位
牟田 鹿島 新潟 磐田 仙台=10位
freemind C大阪 横浜FM 札幌 仙台=1位
吉田鋳造 新潟 横浜FM 磐田 仙台=11位

「今年は予想外のアソコが落ちる」系の予想が多く目につきます。鳥栖より札幌を挙げた方が多かったのは、編者としてはちょっと意外だったかな。

J2
ジュニア 甲府 京都 徳島 山形=5位
Sun'sSon 京都 栃木 千葉 山形=5位
多摩県民P 京都 徳島 甲府 山形=6位
無料試合のS 京都 山形 千葉 山形=2位
ピロミ店長 京都 東京V 千葉 山形=5位
豊浦元監督 京都 北九州 徳島 山形=10位
コータ 千葉 京都 徳島 山形=9位
牟田 熊本 北九州 京都 山形=7位
freemind 京都 徳島 千葉 山形=7位
吉田鋳造 京都 徳島 甲府 山形=6位

京都はしゃあないかな…という感じの予想ではあります。徳島も評価高いですね。オプションの山形の予想順位が異様にカタまっているように見えるのですが(笑)。

さて、どうなりますか。

▲top