cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2011/12/25◆今年最後の観戦……のはず(笑)
▲home ▲index

2011年12月21日

仕事が終わってダッシュで瑞穂へ。24日の長居も考えたけど、遠征せずにやりたいこととかもあったんで回避することに。つまり、これが今年のラスト生観戦。瑞穂陸上でのグランパス×レイソルといえば、どうしても待てば片野坂のVゴール====ThisIsTheErrorMessege====を思い出してしまうのだが(笑)。


天皇杯
名古屋 3-3(aet1-1.pk9-8) 柏

前半はもう「ふははははははは圧倒的じゃないか我が軍は」というくらいの柏の試合。ケネディも田中さんもいない状況じゃあ、この展開はしょうがないか。でも、気になったのは柏の決定力不足。前半のウチに2点差にしておかないと====ThisIsTheErrorMessege====いけなかった。

後半になってNGは永井と投入。これで流れを互角に持ち込むことが出来た。攻めるNGにカウンターの柏。それでも、右深くをレドミと酒井で完璧に崩して最後は工藤がプッシュ。これでようやく2点差。中心の武装隊を除く柏側のゴール裏に緩んだ空気が流れたのもやむなし。実際、ぼくもこれでケリがついたと思った。

ところが、NGが1点返したところから話がわからなくなる。明らかに柏のプレスが効かなくなって防戦一方に。やはり今月に入って6試合目の柏====ThisIsTheErrorMessege====と2試合目のNGの差が出て来たのだ。残り数分で追いつかれ、延長戦に。延長前半に永井の突破を止められずに逆転されたときには、柏も尽きたかと思った。

ところが、また話がわからなくなるのは、情けないことに今月に入って2試合目のNGも脚が止まってしまい、延長後半は根性合戦に突入。こうなると、CWCで世界の強豪とガチをやって来た柏の根性の方が据わっていた。レドミが倒されてPKを得て同点。これから笛が鳴るまでは再び柏タイムだったけど、残念ながらここでも決定力不足が。

PK戦は先攻・柏の6人目がはずして、ついに…と思ったら永井がやってくれて(苦笑)継続。楢崎×菅野のPK対決なんてものまで見ることが出来た。ここで菅野がバーにぶつけてしまい、ついにようやく柏が力尽きた。

でも、ゴール裏に来る選手を柏サポは全員が拍手で迎えた。今年の柏は、本当によくやったと思う。そして、前回の雑文で書いた通りだと思ったけど、柏はCWCを経験してさらに強くなっていた。これならサポも満足だろう。


そして、ぼくも満足だった。今年のラスト観戦をこの試合にしてよかった。何の文句もない。


では、J1/J2予想大会の総括を。

J1
結果 山形 福岡 甲府 WC 1位
ジュニア 福岡 横浜FM 神戸 磐田 11位
Sun'sSon 清水 磐田 福岡 神戸 5位
豊浦監督 鹿島 C大阪 福岡 G大阪 7位
無料試合のS 山形 福岡 甲府 磐田 12位
コータ 甲府 新潟 福岡 清水 12位
牟田 福岡 磐田 浦和 大宮 10位
freemind 福岡 甲府 横浜FM 新潟 14位
ピロミ店長 神戸 福岡 山形 磐田 13位
多摩県民P 甲府 福岡 仙台 磐田 8位
吉田鋳造 甲府 横浜FM 磐田 清水 14位

S氏の優勝で文句なし。おめでとうございます。freemind氏は、山形をはずしたのが悔やまれます(笑)。オプション予想は全員がハズレでしたが、まあ、だわなあ〜(笑)。


J2
結果 FC東京 鳥栖 札幌 WC 6位
ジュニア FC東京 千葉 横浜FC 鳥栖 2位
Sun'sSon 横浜FC 栃木 東京V FC東京 6位
豊浦監督 FC東京 京都 鳥栖 湘南 13位
無料試合のS FC東京 東京V 横浜FC 栃木 4位
コータ FC東京 京都 熊本 栃木 4位
牟田 東京V FC東京 千葉 熊本 3位
freemind FC東京 東京V 横浜FC 徳島 4位
ピロミ店長 FC東京 千葉 京都 栃木 3位
多摩県民P FC東京 横浜FC 東京V 鳥栖 4位
吉田鋳造 FC東京 京都 徳島 横浜FC 5位

こちらはむずかしかった。優勝は2つ的中の豊浦監督で文句なし。おめでとうございます。

年末に雑文はもう一つ載せます。

▲top