cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2011/10/11◆Mission Completed.その2
▲home ▲index

2011年10月7日

仕事を終えて、その足で神戸へ。A代表戦は昨年の東アジア選手権・日韓戦以来だ。職場で濃いめのサッカー話が出来るただ一人の女性から代表グッズの購入を頼まれてたのだけど、売店はすんごい混雑で、しかも頼まれてたタオマフは並び始めて数分で品切れに。「もう中に入るぞ、諦めろ」とメールを送ってからバックスタンド側で入場。そこにも売店があったんで「もしかして……」と覗いてみたら1本だけあった!「展示品ですが」と言われたけどまったく無問題。しかし、代表人気ってすごいんだねえ(棒読み)。


キリンチャレンジ杯
日本 1−0 ベトナム

システム論が苦手なぼくでも観ていて「この3−4−3はどうかなあ…?」と思ってしまうくらいのやりにくさを感じた。席はかなり高いトコだったんでほぼ俯瞰で観れたのだけど、3−4−3というより3−2−2−0−3って感じで、ピッチにまんべんなく選手がいるけどまんべんなさ過ぎて(苦笑)使えるスペースが“トップ下”にしかない(笑)。
スポンサー様とベトナム代表には失礼な表現になるけど、これってキリンチャレンジで相手がベトナムだからやったんだよね?いまの日本代表に3−4−3が合わないって確認するためにやったんだよね?本番のW杯予選では止めるよね?ね?ね?ね?!いわゆる“海外組”で弾けてたのは前半に好き放題やってた長友くらい。槙野は壊れるしユーキは老けちゃってるし、吉田鋳造の日本代表Aマッチ観戦初勝利!====ThisIsTheErrorMessege====とはしゃぐしかすることがないような90分だった。
宿はいつもの三宮のカプセルなんで、和田岬線を使う。あ、駅舎壊しちゃったんだ。====ThisIsTheErrorMessege====かつてならラーメン1杯でも喰ってから宿に向かうんだけど、そういう食生活してたから太ったんだよなあ〜…と思い直してそのままチェックインして風呂入って沈没。


2011年10月8日

6時過ぎに三宮を出て、新幹線で岐阜羽島へ。ここで岐阜サポ仲間に拾ってもらって、クルマで日本平へ。車内はバカ話で満ち溢れている(笑)。信頼と安定の岡崎渋滞====ThisIsTheErrorMessege====も豊田〜岡崎を下道経由で回避し、ドリプラに着いたのは0時過ぎだった。バスで会場へ。バス停に詰めていた職員に「臨時バスなのでパサール====ThisIsTheErrorMessege====は使えない」と言われ、往復券を購入。いつになったら使いきれるのやら(苦笑)。
岐阜側ゴール裏は、古株岐阜サポが、まあこんなに(笑)。みんなトシ喰っても元気だこと。試合開始前に腹ごしらえ…と“かき揚げ丼”を。うまうま。でも、スタグルなら長良川が本気出したらこんなの敵ではないぞ(笑)。


天皇杯
清水 2−0 岐阜セカンド

セカ隊としたら「現在やれることは全部やった」と思うし、それでも清水はJ1の余裕であしらってくれた。いや、悪い意味じゃなくて。
清水は序盤からボールをサイドに散らして攻め、セカンドボールもほとんど拾って。なもんだから、セカ隊選手がじわじわと疲れてきたところでドリで強引に突っかけたりしたらセカ隊はファールで止めるシーンが激増して赤い紙の1枚や2枚も出るだろうからドレスデン爆撃のように蹂躙することも出来ただろう。けれど、ケガ人を出さないためだかはわからないけど、清水がとにかくパスサッカーに拘ってくれたおかげで、攻撃は松江のヘッド一発くらいしか出来なかったけど前半40分過ぎまでは守備はよく出来てた。だからぼくは夢見たよ、「もしかしたら前半はスコアレスで持ち堪えるんじゃないか?」と。でも、残り3分で「ぼくたちギアを1つ上げたらゴールはすぐ取れるんだよ?」とばかりに2点入れられてしまった。ちょっとムカつく展開ではあるけど、それがJ1の実なんだからしょうがない。
後半は向こうもセカンドボールを拾いに来なくなったんで多少の攻撃もさせてもらえたけど、でもやっぱり届かなかったね。東海1部では「カラダにまかせて無理矢理に(笑)」が出来る細野が、当たり前だけどJ1のDF相手だと「はあ?」って感じでほとんど自分の仕事が出来なかった。パスの出所が義隆しかいなくて、これで村松とか豪くんとかがいたらもう少しは見せ場も作れたかとも思うけど。
とにかく、清水はケガもなく勝ち上がれたし、セカ隊は「全社には清水より強いトコは出てこない」といい経験になっただろうし、お互いよかったんじゃないか、と。でも、試合終了後に清水サポからまっさきに「セカンドー、岐阜!」コールが来た時はウルッと来ちゃいましたね。

帰りもクルマの中はバカ話、ところによりマジメな話(笑)。信頼と安定の岡崎渋滞====ThisIsTheErrorMessege====では追越車線で追突事故発生の瞬間を目撃した。安全運転でいかなくちゃね。岐阜隊サポートショップのイタリア料理店でディナー・セットをガッツリいただいて帰宅。


2011年10月9日

朝からじゃからんとお出かけ。関の“刃物まつり”へ。すごいね、でも昔はもっとすごかったんだろうなあ。
今回の購入対象は出刃包丁。最近、休日は自分で晩飯を作ることも増えてきたんで、ついに魚の捌きに挑戦しよう!となったわけさ。出刃は重さがないと機能しない。====ThisIsTheErrorMessege====けど重過ぎると危ないし料理に向かうモチベも下がる。
購入のポイントはお店の方との相性もある(笑)。話をした時に「この値段じゃ手に入らないよ〜」とすぐに決済を迫る店は避ける。これだけ多くの店が並んでるんだ、他も見てまわりたいじゃない。だから「いろいろ見てきてね」と言ってくれる店は好感度アップ。結局、そこで買ったもんね。
昼飯はウナギ。関は鰻屋が多いのだそうだけど、職場の同僚から聞いていた『辻屋』は開店30分前から列が出来ていた。ぼくは量が多い上盛にした。うまかった。でも、三河知立を知ってると並盛2400円の設定は強気だなあ…とも思う。ま、あの行列なら強気に出ても当然だけどね。
最後に貝印のブースで剃刀と替刃のセット。「1000円を800円にする」と言ってくれたけど、手元に福引補助券が4枚あってあと1枚で抽選に参加できるんで敢えて1000円で購入して抽選会場へ。みみっちい(笑)。これでガラガラ回してポケットティッシュ1つだと惨敗となるのだけど、4等だかで上之保ゆずジュース缶をもらった。せめて3等のつるむらさきうどんは当てたかった(笑)。バスで岐阜駅に戻り、ぼくは自転車で北西部グラウンドへ。


東海2部
長良ク 0−1 春日井ク

weblogで熱いメッセージを発信することで知られる長良クラブ。県からの昇格組ながらこれまで5勝5分2敗と安定した戦いを見せている。一方の春日井クラブ、試合前に監督さんが「この試合に勝てばたぶん残留だ」とハッパをかける。

で、試合なんだけど、長良がギアを入れてないのか春日井がうまく立ちまわったのか、流れをつかんだのは春日井の方に見えた。そんな中でも前半に長良はFW17番が見事にライン突破に成功してGKと1対1を作ったのだけどシュートはわずかにはずれ。頭を抱える17番に監督から「気にすんなよ!一発仕事すりゃいいんだFWなんて!」と叱咤。春日井の監督が開始前に「相手の7番、10番、17番は結構うまいから要注意」と言っていたけど、長良のキーマンは7番かな。後ろの方から一気に仕掛けてくる。キープ力もある。でも、春日井が後半43分に粘って右から撃ったシュートがゴール左下隅に転がり込んで、これが唯一の得点。長良は連敗、なのかな?この日は全体的にパフォーマンスがイマイチだった気がする。

帰宅して、再びじゃからんとヒマラヤに行って秋冬モノのジャージを買った。カンタベリーが欲しかったんだけど、高くって(苦笑)。


2011年10月10日

天皇杯、岐阜×ギラQ。後援会パスなんで一番安い席になるけど、全然無問題さ〜…と行ってみたら、ぼくのシーチケエリアは自由席扱いでした。ホントに無問題だった(笑)。


天皇杯
岐阜 0−1 北九州

問題だったのはこっちだ(怒)。なんなんだ、あの前半は。失点シーンのバタバタぶりも相当なモノだったけど、何百キロと離れた街から遠征してきた相手に試合開始早々から出足で全敗って、どうなのさ。「前週の借りを返す」という意気込みはピッチのどこからも感じられなかった。こりゃあ2本目の記念碑====ThisIsTheErrorMessege====を用意せねばならんか。
ベンチには“やる気”はあったみたいだ。後半開始からコーイチを下げたし、早いウチにお染を入れて正吾を前に入れてきたし。これまでの木村さんからは考えられないくらい早く手を打ってきた。でも、3人目がチャリだったって点でこのチームの問題点がいつもよりはっきりと顕れた。『“使える”駒が足りない』。ジヌシーニョ====ThisIsTheErrorMessege====がいないだけでこれだけ手詰まりになる。

もちろん、『駒』だけの問題ではない。どうしても土曜のセカ戦と比較してしまうけど、長良川になかったモノのいくつかは日本平にはあった。セカ>トップと断定するつもりはないし、セカの戦いをアテにトップを腐すつもりもない。でも、この日の前半のパフォーマンスなら「リザーブ組でないトップとセカのガチ練習試合」====ThisIsTheErrorMessege====をやってみてはどう?と思いたくもなる。まあ、この敗戦で猛省して変われるチームだったらとっくに変わっているだろうから、たぶん今年はこのまんまでしょう。やれやれ。

試合終了後に“隠れ家”に行って2時間も深いグチを垂れてしまった。申し訳ない(苦笑)。で、帰宅してから前日に関で買った出刃包丁を使ってアジを捌いてみた。これ、愉しい!!おまけにうまい!!ちょっと重めで高めの包丁を買って正解だった。ギアから入るのも悪くないね(笑)。


Mission:「1年で『9地域リーグ(1部2部)』を未観戦ピッチで観る」 Completed.

pref.pitchdatematch
北海道岩見沢東山5/22岩見沢北蹴会 vs ノルブリッツ北海道
東北1金ヶ崎森山7/10盛岡ゼブラ vs 秋田カンビアーレ
東北2浪岡5/29ラインメール青森 vs 水沢SC
関東1横浜SMC6/26Y.S.C.C. vs tonan前橋
関東2岡部埼玉工大6/11ACアルマレッザ vs 横浜猛蹴
北信越1福井県営陸上7/31サウルコス福井 vs グランセナ新潟
北信越2加茂新潟経大4/1009経大FC vs FC北陸
東海1トヨタSCS16/19トヨタ蹴球団 vs FC岐阜セカンド
東海2岐阜北西部A6/19長良クラブ vs 春日井クラブ
関西1五色台サブ5/14三洋電機洲本 vs 奈良クラブ
関西2紀の川桃源郷4/23アルテリーヴォ和歌山 vs OSAKA KOREAN
中国美作補助芝4/16NTN岡山 vs 佐川急便中国
四国西条ひうち7/17グラシアス西条 vs 南国高知
九州姶良5/15FC KAGOSHIMA vs 新日鐵大分

これまでも『9地域コンプ』はやってたけど、1部/2部を考慮してとなるとたぶん初めて。おまけに全部未観戦ピッチで観ることが出来た。これ、やはり「リーグ公式サイトの存在」が非常に大きい。計画を早いうちに立てられるし、変更があってもすぐに対処できる。サイト運営スタッフの皆様に感謝です。たぶん、これも来年は無理だろうなあ(苦笑)。←まだ言うか(笑)。

▲top