cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2011/04/12◆いまそこにある公式戦を観る。
▲home ▲index

地域リーグが始まる前に、全社や天皇杯の県予選の1次ラウンドを終わらせて、あるいは進めておく都府県は多い。岐阜県でも、毎年4月は天皇杯・全社予選====ThisIsTheErrorMessege====の月だ。大抵は日曜日に開かれ、ということは大抵はJやJFLと重なってしまい観戦しにくい場合が多いのだけど、今年は震災の影響で4月の上中旬に全国リーグは行われない。
で、その岐阜県予選なのだけど。もはや観戦済のピッチが多い中、今年はいったい何がどうなったのか4月3日の日曜に『十六銀行粟野グラウンド』だとお〜っ?!しかも、夕方にはデンソー池田グラウンドで愛知県予選も行われるではないか。これはハシゴせずになんとする。


いつもの『隠れ家』で朝飯を喰ってから単車で北へ。金華橋から椿洞方面で行けば十六粟野までは20分かそこらで着く。ちゃんと遵法速度(当社比)で(笑)。


第1試合:養老クラブ 4-0 岐阜蹴球倶楽部

もちろん、どっちがどっちだかわかんないんで、試合準備中の運営さんトコに行って「どっちが養老ですか?」と訊いて確認(笑)。養老クも蹴球倶楽部も、岐阜隊アーカイブ調査中には県1部の資料で何度も名前を視た。しかしねえ、岐阜蹴球倶楽部は、そのユニはもうちょっと、なんとかなんない?(苦笑)====ThisIsTheErrorMessege====

試合は、養老が少しずつだけどすべてにおいて確実に蹴球倶楽部を上回っていて、それが合計されてゲーム全体にキチンと反映されて圧倒的な差として顕れたといった感じ。スペースに蹴って行って来ぉーいではなく、ちゃんとつないで攻めるし、パススルーもヒールパスも駆使したシャレたパスサッカーを披露してくれた。いや〜恐れ入りました。偵察に来ていた次の試合のサブGKは「楽勝っすよ〜」と言ってはいたが…。


第2試合:モリシンズ 5-0 SAAS

この試合は、途中から岐阜サポが何人か合流。というのも、上記の「養老クラブを偵察していたモリシンズのサブGK」というのが岐阜隊の古株サポ仲間、というかいぢられ役というか(笑)。なもんで、応援とも呼ばれる冷やかし(笑)にやって来たわけだ。
そしてもう一人、岐阜隊&モリシンズといえば“そんなヒロシ”====ThisIsTheErrorMessege====なわけだが、最近は試合にも出てないんじゃない?と思ってたらなんとスタメンではないか。山形サポの「無料試合のS君」は大喜びだ。「もしゴールを決めたら昇天する」とまでおっしゃる(笑)。

試合は、第1試合の養老クラブと比較するとモリシンズとの完成度の違いは明らか。悪い意味で(苦笑)。モリシンズには、チームとしてどう動いて何をするという感じが『まったく』ない。あまりにも重戦車な“そんなヒロシ”はPKをもらうものの、自分で蹴ったらGKにキッチリ読まれてしまうし。「ヒロシしっかりしなさい」なんて冗談を飛ばしていたが、その後も『不動のセンターフォワード』ぶりを如何なく発揮するので「ヒロシいい加減にしなさい」に格上げ(笑)。前半途中でSAASのGKが飛び出しを一瞬躊躇したのが災いしてエリアの外でモリシンズFWを倒してしまい一発退場になり、後半は実力差もちゃんと出て結局は5−0。“そんなヒロシ”もフリーで押し込んで1得点。S君は昇天したかな?(笑)。でもなあ、次は養老クラブでしょ?この内容だとなあ……。
で、問題のモリシンズのサブGK。結局、4−0だかで試合が決してから途中出場。ボールに触ったのは2回かな?(笑)。うち1本はロビングボールだったけど、何もしなければゴールインしてた軌道だったので、「オン・ターゲットのシュートをナイスキャッチ!」ということにしておこう(笑)。スタメン目指してがんばれよ〜。


単車で岐阜駅に行き、S君と名鉄電車で富士松へ。急行の中競臨停====ThisIsTheErrorMessege====のおかげで2分ばかり電車が遅れ、乗る予定だったバスは目の前で行ってしまった。駅前に客待ちタクシーの姿はなく、地元タクシー会社の無人の車庫の待合室から電話で呼ぶことに。いやあ何年ぶりだろ、「ダイヤル電話」なんか触ったの(笑)。結局、試合は数分遅れで始まったのでギリギリで試合開始に間に合った。


第3試合:コニカミノルタ 2-3 名古屋クラブ

東海2部のミノルタと県1部ではあるが古豪の名古屋クラブの対戦、こんなカードが1回戦とはなんという贅沢。で、S君には名古屋クラブに気になる選手がいるという。その名は水谷優。かつては赤福さん====ThisIsTheErrorMessege====にも所属していた選手で、S君は鈴鹿時代に彼を観て強い印象を受けたのだとか。しかし、残念ながらその水谷はベンチスタート。
試合は、厳しいジャッジでFWが前半で退場になってしまった名古屋クラブが3−2で勝利。話題の水谷選手は後半途中から登場したんだけど、いやもうすごいのなんの。ベンチからは「優!優を使え!」の指示がなんども飛ばされ、左2列めに張った水谷はまさに相手の右サイドをズッタズタ。これ、10人対11人なんだよね?カテが下の方が10人なんだよね?終了間際に決勝点が入ったんだけど、なんかもう試合内容からしたら『順当』って感じで。水谷優、恐るべし。ねえねえ、セカ隊に来ない?(笑)

というわけで、いい選手ありネタ系あり(笑)の、充実した日曜でした。

▲top