cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2010/05/21◆GWの行動。【その2】
▲home ▲index

GW後半については飛び石休みだった関係で、大きな旅行もなし。なもんで、エピソード集的に軽くまとめてみました。


「ツキはまだこちらにある」という話。【5月2日】

はじめは岐阜戦をブッチして上京、関東リーグのハシゴ====ThisIsTheErrorMessege====を目論んでいたのだけど、“無料試合のS君”から「天皇杯福井予選がありますぜ」なる情報が来たんで急遽変更してJR券の購入を見送り。そしたら関東でのハシゴの1つめ・ビルケア指扇の試合が延期====ThisIsTheErrorMessege====になって、ツキはこちらにある(笑)。

天杯福井予選は9時半キックオフという鬼のような日程なんで、しかも連休だから渋滞も心配……と早めに単車で出発。でも、高速は名神も北陸道もちゃんと流れていて一安心。と、そこで事件は起こった。「事件は高速道で起きている」その2。
追越車線を流し目に走っていると、後ろから急速接近するランエボらしきクルマ。これはどいてやろうと左車線に移ると、かぁーんっ!とかっ飛んでいったそいつは、『灼眼のシャナ』====ThisIsTheErrorMessege====でハデに飾ったいわゆる“痛車”。でも、なかなかいいセンスで好みな絵柄。追越車線の先が少々詰まり気味だったんで、これは少し回せば追いつくな…と加速したら、追越車線の『シャナ』は急に減速して左の走行車線に移り、ぼくのすぐ前へ。へ?…と思ったら、今度はハザードを出して路肩に停めてしまった。振り返ることは出来なかったけど、サイドミラーで確認したところ、『シャナ』のすぐ後ろに停車したのは白いクラウン………

『まさか………………撃墜?』

ひいいいいいいいいいいっ!
こわいよおおおおおっ!滋賀県警こわいよママああああぁーーーっ!

まったく気づかなかった。もし『シャナ』がいなかったら、滋賀県警に3度目のお世話になってしまうところだったかもしれない。いやいや、ツキはこちらにある(笑)。

越前町朝日サッカー場で、天皇杯福井予選・福井県庁×あわらクラブをご存知“無料試合のS君”と観戦。====ThisIsTheErrorMessege====あわらは県2部だそうだけど、県庁はカップ戦専門クラブかもしれない。正直言うと、試合そのものについて語るところは見つけられなかった。ま、しょうがないよね。

第2試合も観戦するS君と別れて、神明の『ヨーロッパ軒』でソースカツ丼。敦賀版と比べて「メシが少ない」という評価をネットで読んだけれど、ハナッからカツが1枚多いスペシャルを注文してしまったので残念ながら比較不可能(笑)。で、再び鯖江から高速に乗って、それこそ滋賀県警に対する警戒も怠りなく(笑)岐阜に戻って、岐阜×草津を観戦。

メドウのピッチのカタさに草津隊選手が最後まで戸惑ってくれたおかげで勝てたような試合。岐阜の得点だって「縦ポンどっかん」と「撃った本人もびっくりのミドルどっかん」だもん。永芳に替えて川島を投入して「この試合は2−0でクローズしろ」とのメッセージが出たかと思えば、その後でソメッシを投入してカウンターで3点目を狙わせるなど、ほとんど“偉大なる監督様”は「あのう……試合中に何かお吸いになりましたか?」な采配で現場は大混乱、なんとか1失点で済んだのは僥倖としか言いようがない。いやいや、ホントにツキはこちらにある(笑)。勝った試合でこんなに不機嫌まで提供してくださって……なんて、いらんお世話だっちゅーの。おかげさまで、次ホーム・柏戦版の『岐大通』は大盛り上がりでした(笑)。


「それは、どっちの字?」という話。【5月5日】

岐阜隊は徳島遠征だけど、茅野に天皇杯長野予選を観に行ってしまう。単車で行くのがリーズナブルだけど、なんてったって連休最終日だ。観戦が終わって中央道に入ったとして、恵那山の入口で詰まったら逃げ場がない。====ThisIsTheErrorMessege====そこで役に立つのが『青空フリーパス』。木曽平沢まで行けて往復2500円。しかも特急券を買えば『しなの』にも乗れる。しかもしかも、帰りの時間にはちょうどいい具合に臨時快速電車も出る。もう言うことなし。悪いねえ、ぼくのために(←違います)。

というわけで、行ってきた茅野陸上は、4月に飯田松尾でJFLを観た時に「山雅隊は茅野か飯田での開催を考えていたらしい」と聞いた話が信じがたいピッチ状況。こりゃ有料試合は無理っしょ。試合は、信州大医学部が4−0でDAISHARINを一蹴。まあ、レベルの差がそのまま点差に出たという感じ。すぐ隣にかわいいワンコ====ThisIsTheErrorMessege====がいてくれたんで、飽きずに観戦出来ました(笑)。
面白かったのは、スタンドで待機していた、第2試合を戦う信州大サッカー部の面々。医学部隊の女子マネが「信大あと15〜っ!」とハモッてピッチに時間を報せるのを聞いて、「ああいうのを聞くとモえて来るねえ」。うん、わかる。わかるよその気持ち、でもキミらには女子マネちゃんはいないのかい?ところで、その「モえてくる」ってのは『燃えてくる』のか『萌えてくる』のか、どっちだ(笑)。

試合が終わって、途中の上諏訪駅でまた“S君”と待ち合わせ。頼まれたものを渡してから、ホームの足湯でゆったり。下諏訪で昼飯====ThisIsTheErrorMessege====を喰って塩尻駅に着く頃には岐阜隊は鳴門ですみざりーんにされていましたとさ(泣)。もう、呑んでフテ寝するしかすることないじゃんかよーっ(泣)。


「強けりゃいいってモンだ!」という話。【5月9日】

かつて、何度もメドウで「ホームゲーム」を観戦していた====ThisIsTheErrorMessege====盟友Sun'sSon氏が、はじめて『メドウでアウェーゲームを観る』というモンで、まずは前夜祭を「スルタン」で。コジコジじゃからんも交えて、3人で赤ワイン3本(笑)。ええ、おそらく2本分を空けたのは私です(笑)。

アウェーに応援に行くのに「侵攻する」なんて表現を使いますが、柏サポ諸兄はホントに“侵攻してきた”という感じだった。ぼくが目撃した部分に限ってもそうだし、話に聞こえてきた部分から勘案すると、どうやら相手側の運営とかサポとかにどう思われようが構わないみたいね。いえいえ、決して悪い意味だけでは言っていません。おそらく、そういう強い気持ちでアウェー戦に向かわないとダメな環境でずーっと揉まれてきたのでしょう。J1って、コワいところです。

試合は、もうどうしようもないでしょう。前夜祭の際に、コジコジじゃからんがコガッチ欠場を知らされ「もしコガッチがいればコジマさんが締めてくれるから勝機もあったのに!」と悔しがっていた(笑)けど、後日コジマさんと呑んだひとの話だと「あの柏戦は、たとえコガがいても勝てなかった」と言っていたそうで(苦笑)。

「もう柏は2度と岐阜に来るな」と思っている岐阜サポも多いみたいだけど、ぼくは柏は来年もJ2に残っていただいて、んで長良川はもう改装終了してるけど柏戦だけは収入度外視でメドウで開催!と思っているクチ。柏さんだって、サッカー場の方がやり慣れてていいんじゃないですか?(笑)

▲top