cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2010/03/25◆ACLとか県予選とか、いろいろ。
▲home ▲index

すでにJリーグも始まって3試合を消化してますが、正直言って岐阜隊については積極的に書くネタがない…というか、積極的に書くと消極的な内容になってしまうような気がして(苦笑)。なもんで、ここではそれ以外の試合について。

A.3月10日は吹田に行きました。

なんとか消化出来そうな予定が組めたんで、『のびのび』を購入して、1枚目====ThisIsTheErrorMessege====を使用。
まずは丹波篠山の毎度おなじみ『大手食堂』で“牛とろ飯”と豚汁。いっつも、オーダーしてから貼り出されたメニューを見て「しまった!豚汁じゃなくて椎茸汁にするんだった!」と後悔するのであった(苦笑)。しかし、相変わらずの雰囲気に相変わらずのうまさである。がふがふ。
うまいモン喰った後はまずいモン(爆笑)。というわけでもないのだけど、これまで各地でいろいろラーメン喰ってみて、一番まずかったのが「園田競馬場の食堂のラーメン」。====ThisIsTheErrorMessege====ひやむぎに中華スープをかけて出されたという経験はあそこでしかない。園田競馬にはその時以来行っていないし、吹田のACLまで時間があるんでちょうどいいや、と園田に向かったわけです。園田といえば、前回行ったときは『アラブのメッカ・園田競馬へようこそ!』ってデカい看板が出ていて、「アラブのメッカって……アラブのメッカですか?====ThisIsTheErrorMessege====」と激しくウケた記憶もあって。
結果、どうやら当該食堂はなくなったようで。そりゃそうよ、前回園田に行ったのはもう10年以上前だと思うもん。もうアラブもいなくなっちゃった====ThisIsTheErrorMessege====しね…。でも、別の食堂で食べたラーメン……いや、コメントは控えましょう(笑)。馬券の回収率100%だったし、正直申し上げて園田競馬には「お世話になりました」と言いたい気分。
阪急で南茨木、単軌に乗り換えて公園東口。そうかそうか、この日は阪急電鉄100周年記念日====ThisIsTheErrorMessege====だったのね。万博陸上は、ずいぶんと屋台村も元気なようで。ブラジル風ソーセージ、1串500円。ちょっと高いけど、喰ったら普通に腹がくちた。赤いTシャツの河南応援団もいるぞ…と中に入ったらゴール裏には200人くらいはいるっぽいぞ。いや、大したものだ。
試合は、1-1。河南のCBにはバヤ様====ThisIsTheErrorMessege====は鎮座ましましていらっしゃって、もしかして吹田隊は丸ハダカですか?ペドロ=ジュニオールは何にもさせてもらえませんでしたね。吹田隊がひたすら「パスで崩しきる」ことに拘ったせいか、河南は見事に試合を膠着させてしかもキレのいいカウンターで先制点まで取っちゃう。ルーカスのPKで追いついたけど、脚が止まってきた河南は見事にぺったりと退いてスキを見せない。吹田のサッカーは視てて面白いんだけど愉しくないというか、うまく言えないなあ。印象に残ったのは途中出場の左SB安田。まさに「コクもないのにキレもない」状態のようで、吹田側ゴール裏からも試合中に容赦ないブーイングを浴びせられ、そのせいかプレーからすっかり自信が消えてしまってるように見えた。厳しい世界だねえ。
試合終了後、ダッシュで省茨木駅行バスに乗れたおかげで、飛び道具を使わずに『のびのび』だけで23時過ぎには西岐阜に戻れた。なにより。

B.3月21日は生駒に行きました。

はじめはJFLを観に津幡に行くつもりだったのだけど、奈良県社会人連盟のサイトで全社県予選決勝が三洋スポーツCで行われることを知ってしまい、ころーんと方針変更(笑)。場所は生駒市だけど、京阪奈3府県の境付近なんで、第二京阪道路の枚方東で降りて山を越えるのがルートとしては簡単。

3連休だけど中日なんで壮絶な渋滞というわけでもなく、試合開始は12:45だけど11時には着いてしまった。ピッチではシニアの試合が行われていて、白髪の初老の方がゆっさゆっさと腹を揺すってボールを追うサマは、「俺たち、いくつになってもサッカーバカ」という感じがにじみ出てて、いいねえ。かといって『観戦したい』というレベルではもちろんない(苦笑)ので、坂を降りたとこのレストランでゆっくり昼飯…と行ってみたら、閉店しちゃったんだそうで。くすすん。結局、国道沿いの和食レストランでランチ。惣菜が自由に取れたのはありがたかった。
さて!と12:30頃に再び会場へ……と、大会運営の方が携帯電話で深刻なお話中。漏れ聞こえてくる単語から連想すると…「メジャーがないから線が引けない」「コーナーフラッグがない」……おいおい(笑)。結局、フラッグもメジャーも出てきたのだけど、シニアな方々が適当に引いたのを公式戦用に引きなおし。試合開始は35分遅れ。
県予選決勝、ポルベニルカシハラ×りんけい阪奈。====ThisIsTheErrorMessege====で、観客席には『アスペガス生駒』なるクラブのこども達がずらっと並んで、お母様方と一緒に観戦、というよりはベッタリりんけい寄り(笑)。皆さん、背中に「CHAMPION」と書かれた赤いTシャツを着ていたけど、帰宅して調べたらホントにチャンピオンでした。====ThisIsTheErrorMessege====いやいや恐れ入りました。で、こども達は前半途中からメガホン叩いて応援モードに突入。でも、「行っけえ行け行け行け行けアスペ!」って、目の前のクラブはアスペじゃないんですけど、いいのかしら(笑)。====ThisIsTheErrorMessege====
ポルベニルは3バックかな?りんけいはポルベニルの両サイドに出来たスペースを使ってカウンターを仕掛けてなかなか鋭かったけど、やはりそこはフィニッシュが(苦笑)。結局は県1部の実力を見せたポルベニルがループ2発を含む4点で4-2の勝利。でも、ポルベニルはあの両サイドのスペースをなんとかしないと。逆に、負けちゃったけどりんけいもこれからが愉しみ。====ThisIsTheErrorMessege====

C.3月28日は上京するつもり。

1月下旬に買った東京=岐阜の新幹線回数券が残り2枚。今後の観戦予定を考えると、3/28に行くくらいしか使い道がない。ここは天皇杯東京予選の社会人2次予選の準決勝が組まれていて、1試合はビルケア指扇で確定。で、もう1試合。TokyoFootball.comでは、はじめは朝鮮大学校グラウンドと書かれてたけど、東京都社会人連盟の公式では「前の試合結果によって決定」。その後、TokyoFootballでもピッチ情報は削除された。これって、3/22のコリア×警視庁でコリアが勝てばいいけど、もし警視庁が勝ったら「警察のクラブが朝鮮大で試合をする」ことになって、そうなるといろいろとナーバスな問題が……って、もしかしたらそういうことなのでしょうか。

警察と言えば、その昔に聞いた話。日本列島の真ん中あたりにある、とある地域…そうですね、行政区分的呼び方では仮に『G県』としておきましょう(爆笑)。ここの県警のサッカークラブが県2部だかにいたんです。当然、公式戦があります。この地域では、県Lは河川敷で行われることが多い。道具とかもあるので、みんな大抵はクルマでやってくるのですが、この河川の堤防道路は駐車禁止。でも、実際に誰に迷惑をかけているというわけでもないですし、“それ”は普通の休日の光景でした。ところが、「おい、今日は県警●●●ずが来るぞ」。さあどうする。と言っても、他にアテがあるわけでもない。そうこうするうちに、選手が到着。ビクビクする対戦相手や他のクラブの選手を前に、県警の選手団はにっこり笑って「今日は、オフですから」(笑)。
ちなみに、彼ら県警の選手はどういう移動手段で来たのか、クルマで来たとしたら“この問題”をどう処理したのかはわかりません(笑)。ま、もう10年以上前に聞いた話ですし、それがホントの話かも確約出来ないですし、そもそもこの『G県』ってのがどこなのかもぼくには全然見当がつかないですしねえ……って、あは、あは、あはははははははははのはー(笑)。

結局、3/22のコリア×警視庁はコリアが1-0で勝ったようです。というわけで、3/28も朝鮮大で決定したみたい。
これで2次予選は4強が出揃い。ま、でもこの大会を勝ちあがってもその先の最終予選にはJFLの町田や武蔵野がいますし、大学側も強豪がうじゃうじゃいます。天皇杯東京都予選はきっちり追いかけると相当面白い大会だと思います。

▲top