cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2008/11/17◆お待たせ!地域決勝予選通過チーム予想大会(その2)
▲home ▲index
Aグループ:北九州本城(福岡)開催
北信越1位長野パルセイロ
全社枠・1ホンダロック
九州1位沖縄かりゆし
関西1位バンディオンセ加古川
Bグループ<:春野球技(高知)開催
四国1位カマタマーレ讃岐
関東2位日立栃木ウーヴァ
九州2位Vファーレン長崎
関西2位アイン食品
Cグループ:鳥取バード(鳥取)開催
中国1位レノファ山口
東海1位静岡FC
東北1位グルージャ盛岡
補充/全社松本山雅
Dグループ:布勢陸上(鳥取)開催
中国2位佐川急便中国
関東1位町田ゼルビア
東海2位矢崎バレンテ
北海道1位ノルブリッツ北海道

●札幌&鳥取爆裂サポあさい氏の見解。

●Aグループ:長野パルセイロ
全社を制したAC長野パルセイロ、激戦かつレベルの高い九州リーグから2チーム、昨年決勝リーグで涙を飲んだバンディオンセ加古川という死のグループ。これまでの北信越勢の結果を見つつ悩みましたが、全社の勢いを買って長野を推します。

●Bグループ:Vファーレン長崎
日立栃木、アイン食品については各地域リーグでの1位チームとの差が相当あったので外します。そうするとカマタマーレ讃岐とV・ファーレン長崎が残りますが、地域リーグのレベル差とこれまでの正負合わせた経験値とを勘案して長崎を推します。ヴォルティス2ndというライバルを得て、カマタマーレ讃岐の力も上がっているのかもしれませんが、どうなんでしょうか。

●Cグループ:グルージャ盛岡
静岡FC、Grulla盛岡、松本山雅で悩みました。静岡FCは、近年連続出場していますが、結果を残せていない点が気になります。松本山雅は、今シーズンの北信越での結果からどうかなと思うのと、全社後の監督の総括から感じる「燃え尽き感」を払拭できるのかどうか疑問が残るということで外しました。「失うものはない」という開き直りができて、再度気持ちを持ち上げられれば、石垣島も見えてくると思うのですが。

●Dグループ:町田ゼルビア
関東リーグにおいて圧倒的な強さを誇ったFC町田ゼルビア。対抗馬としては矢崎を挙げますが、地域決勝を視野に入れたチーム作りをしてきた町田を推します。ただ、8/3に観た狭山戦で、大量リードにもかかわらず退場者を出してしまう甘さを感じたので、連戦で緊張感を維持できるのかが鍵でしょうか。


●元『中の人』・P氏の見解。

最近の注目チームは鶴牧サッカークラブ(都2部)です。地域のお父さん達が活躍する、街のクラブです。
前回は長文となってしまったので、今回は短くまとめたいぞ!っと。

●Aグループ:長野パルセイロ
長野:パドゥー体制3年目でチームも固まり、丸山−貞富−土橋−要田とセンターラインに人が揃っていて本命と言えば本命。A以外のグループにいたら文句無しの本命だけど…。好守がしっかりしてる王道サッカーをするけど、両サイドがスコーンと空くことがあってそれが怖い。不安はあるけど、全社の優勝を見ちゃうとココかなぁ。
ロック:全社枠で出場の元JFLチーム。特出した選手はいないけど、チーム全体が一つとなって動いて個の不足を埋める好チーム。DFラインの駆け引きはこのカテゴリーでは一番上手いと思う。頭と体力を使ってるんだけど、攻撃のパターンが少ないのが難点かな?途中交代選手の使い方が鍵。
かりゆし:クラブがゴタゴタして、逆にチームがまとまった感のある九州王者で、日本でもっとも権威のある大会に沖縄王者として出場したチーム。がっつり守ってエース齋藤将基の得点力をいかしてゴールを狙う堅守速攻スタイルはとっても地域決勝向き。A以外のグループだったら文句無く以下略
バンディオンセ加古川:私はこのチームがどうして関西王者になれたのか、理解出来ません。「濱岡さんのおかげ☆」という話しは耳にしますが、どうなんでしょう?実は本気になったら凄いとか!?取り合えず、キーパーはもっと声を出すように。

●Bグループ:日立栃木ウーヴァ
讃岐:気がつけば、カマタマーレという名前に違和感を感じない自分がいます。こんにちは。
観たことないからよく分かりません。日本でもっとも権威のある大会でSC鳥取に勝ったそうですが、やる気の無い時の鳥取さんは全くあてにならないので参考になりません。って、別に鳥取がターンオーバーした訳じゃないから誤解召されるな。如何せん観たことが無いのでコメントのしようがありません。
日立栃木:関東2位だけど、個人の力で町田に劣る分、チームは一生懸命リーグを戦っていたので経験値は町田よりも稼いでいそう。身体を張ってゴールを守って、縦に素早く攻めて前線の長身FWがゴールを狙う。なんといういかにも「栃木らしい」サッカーをしてくるので、もしかするともしかする。
長崎:読みは「ヴィ・ファーレン」だそうで「ブイ・ファーレン」では無いそうです。こんばんは。
試合順では一番恵まれているかもしれません。サポーターさんも熱くてあの勢いは素直に凄いと思います。でもチームは、、、正直、正面からドッカーンと攻められるとガッツーンと受けてしまいそうで、ヒラリと交わしてサクッとやる感じではありません。逆にダーンと攻めていって弾き返されるともう一回ドーンと行きそうで、それを繰り返してるうちにポロッとなりそうな気がしてます。なにやら擬音が多くてアレですが、そんな感じです。
アイン:今季は沢山試合を観戦しているつもりでいましたが、案外肝心な試合を見逃していることに気がつきました。ニーハオ。
観たこと無いから、なにも言えねぇ〜。成績からしかチーム力を推し量ることは出来ないのだけど、あの加古川に14試合で勝点差を12もつけられているというのはいただけない。

●Cグループ:松本山雅
山口:山口国体は2011年でしょうか?チームがJFLに昇格するとしても、もう少し先になるのでは。絶対に、何が何でも。という気配が無く、経験を積みに来ましたあわよくば。という心構えだと厳しいのでは。
静岡:言わずと知れた地域リーグ決勝の女神様に溺愛されているチーム。今年も、また会えたね。セネガル人FWが2人加入して恒例のチーム強化はしてるのだけど、良くも悪くも静岡のチームになっている感が否めません。
盛岡:観たことないので、どんなチームか知らん!とことん私と縁が無いチームです。このまま縁が無いまま終わるような気がしないでもない。。。って、去年と同じ文章じゃ。
松本:ここがNECトーキンだったら、間違えなくトーキンがグループCの本命でしたが。
企業チームの悲哀を一身に背負って舞台を去ったNECトーキンに変わり、急遽スポットライトの下に送り出されたのは北信越1部4位、全社4位の松本山雅。通常あり得ないような登場の仕方をしていますので、松本山雅は何か持ってるチームとしか言いようがありません。もう何も言うことはございません。Cグループを首位で突破して、決勝ラウンド4位になったにも関わらずミラクルQが起きて松本山雅がJFL昇格するに違いありません。以上!!

●Dグループ:町田ゼルビア
佐川中国:佐川さんのサッカー部は東北も中京も中国も埼玉も、なんか調子悪そうで。本社サッカー部がいるJFLへ、行く気あるのかなぁ?どうかなぁ?社内大会で佐川コンピューター・システム(都2部、来季から都1部昇格)と接戦したんだか負けたんだかしたそうなので、そう聞くと中国リーグ自体のレベルに疑問符が…
町田:戸塚さんがいるので、相対的にココが有利なのでは?ただ、ヨミウリ→岐阜→MIOとときて、ユニが青い町田では戸塚さんの「緑の血」がどこまで通用するのか未知数。戸塚さんが松本山雅にいたら、文句なしですが(笑)
あと、皆さん誤解があるようなので念を押しますが、町田は神奈川県です。街中を神奈中バスが走ってて、相模原市と図書カードが共有化されてて、ガス管が神奈川から回っています。あそこが東京都というのは都市伝説です。JFLに昇格したら野津田が改修中は西が丘とか夢の島を使いたいとか変な妄想してないで、大和市営とか海老名を使えば県境をまたがないで済むんだから、そっちでやりなさい。東京は競技場が少なくてヒーヒー言ってんだから、地元で全部開催しちゃいなさい!ふぅ。ここまで言っとけば、横河との試合では燃えてくれるでしょう。楽しみ楽しみ
矢崎:Dグループで町田の対抗一番手。選手のスキルは高いと思いますが、良くも悪くも静岡のチームかと。本気で勝つ気で試合に臨めばかなりいいところまで行くと思いますが、如何せん静岡のチームなんだよなぁ…。「JFLに昇格しなければ廃部」というシュチュエーションであれば、本命です(←不謹慎)
ノルブリッツ北海道:去年は好感度No.1チームだったそうなので、観てみたいなぁ。北海道はJ、社会人、大学、2種合同のリーグが始まっているそうで、こういう試みが道としての強化に繋がれば面白そう。


●京都紫光SD・たろう氏の見解。

●Aグループ:長野パルセイロ
○長野/△ロック/×加古川/…かりゆし
ダサンダー的には加古川なんだけど(後ろが閊えとるけぇのぉ…)、ここは山雅が入ったことで、ダービー実現に燃えるのでは…とパルセイロに1票。あとは、やはり大会と上(JFL)の経験値からすればロックが対抗かな。加古川はKSL杯の感じとかからするとちょっとしんどくなってるような気がするのは気のせいかな。あと…かりゆしは大丈夫なのかな…と心配なのと、Kyuリーグを勝ち上がるのでやっとやっとだったようにも思えるんで。

●Bグループ:アイン食品
○アイン/●讃岐/×日立栃木/…長崎
完璧に打算です。できればアインさんには泉州を代表して上がっていただきたいのだ。でなければ、我がクラブのOB(長谷部圭祐)のいる釜玉でないと納得できんのだ。日立栃木って、ある意味曲者だな。その昔の空調清水と違って、今回のエントリーがあるということは上がる気ある…ってことだから、相当やる気かも。初戦取ったら分からんでしょう。長崎は…鬼っ子的存在として静岡に次ぐ常連クラブになってくれると楽しいな(爆)。

●Cグループ:松本山雅
○山雅/△盛岡/×静岡/…山口
山雅は一番いいグループに入ったかもね。なので山雅に1票。対抗は静岡ではなく盛岡。やはり、最後の最後で東北を獲った勢いを続けていけばやれるかも。また、気候的にも鳥取ならば静岡・山口と比較してもアドバンテージがあると見ました。静岡は…最近あんまり沸かせるネタがないからつまんない(苦笑)。山口はいっぺん勉強したと思ってやってください。

●Dグループ:矢崎バレンテ
○矢崎/●町田/△佐川/注ノルブリ
ここは矢崎・町田で苦労しましたけど、矢崎の勝負強さに1票。町田は戸塚さんの強運頼みかな。ちょっと関東のここ数年を見るとまだまだかも。佐川中国はやる気があるんなら、下手すりゃやるかもとは思います。連戦も何のそのの会社でしょうから。あとは…ノルブリ「独自の戦い」を是非やってくらはい。ここがcastingvoteを握るのは間違いないんですから!


●吉田鋳造の見解。

●Aグループ:長野パルセイロ
事情通から聴くところによると実はチームは一枚岩ではない、のだそうだけど。でも、これは雑文にもうっすらと書いたけどチームって“一枚岩”である必要あるの?って感じのサッカーを全社では見せてくれた。公安9課か、必殺仕事人かローハイドか、はたまたムーンライダーズか(笑)。こういうチームが地域決勝に出るとどういう化学反応が起きるか、すっごく愉しみなんで、選択の余地なく長野をプッシュ。

●Bグループ:Vファーレン長崎
今年のぼくが観た唯一の長崎が思いっきしなんだかなあなデキだったのだけど、流れ着く噂ではどうやらその状況を全然抜けきっていないらしく、なんだかなあ。でも、他の3チームには申し訳ないけど、この組み分けでどうのこうの言うのなら上なんか目指せないよ。羽中田さんがどのくらい地域決勝を知っているか未知数だし。でも、ノーマークのウーヴァが思いっきり不気味ではあります。

●Cグループ:静岡FC
トーキンがいればねえ…(さめざめ)。静岡は「いてまえ」攻撃陣と「いらっしゃいませ」守備陣のアンバランスがとても魅力的で、「退屈だけはさせないさ…」なサッカー。こういうスタイルは地域決勝にはめっちゃ不向きが定説なんだけど、敢えて推してみる。山雅は切ります。中国1位、東海1位、東北1位に対し、北信越4位。そして、北信越リーグはこの差が簡単に埋まるレベルにはない。

●Dグループ:矢崎バレンテ
残念ながら、佐川中国やノルブリがどうこう出来る相手ではない。で、今年のぼくが観た唯一の町田が思いっきしなんだかなあなデキだったので、どうにも評価しにくいんだよねえ。3連戦なんで矢崎が持ちこたえられるか……という心配も、もちろんありますが、ここは敢えて穴狙いで。


はい、予想出揃いました。

 AグループBグループCグループDグループ
無料試合のS氏ロック長崎静岡町田
運び屋A氏加古川長崎松本町田
おくだ隊長閣下長野長崎静岡町田
あさい氏長野長崎盛岡町田
元“中の人”P氏長野日立松本町田
紫光SDたろう氏長野アイン松本矢崎
吉田鋳造長野長崎静岡矢崎

トーキンが……という方がこんなにも多いとは予想外でしたが、今回「トーキンが…」と書いた方は外交辞令でなくもしトーキンが出ていたら本当にトーキンに一票を入れていただろうということは申し添えます。

今回は票が割れました。どうなるどうなる?

▲top