cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2008/05/30◆単車でハシゴの週末
▲home ▲index

5月24日土曜日

どうやら雨らしい、という天気予報ではあったけど、せっかく綺麗に埋まった観戦計画。単車でとりあえず西へ。なんか腹減ったな…と思ってると右側車線に『すき家』発見。よぉしガッツリ食べちゃうぞーっとわさび牛丼をがふがふと食べて、さあ行くぞ!と再び走り始めて数分。前方に見える案内表示ではこの先に進むと岐阜に行くことになっている。……もしかして、昨年の俺は東に向かっている???
右側車線の『すき家』に寄ったのをコロッと忘れてしまい、喰い終えたらそのまま合流してしまったのだ。なんだかなあ……。しかし、今回のツアーは万事“こんな調子”なのである。

彦根→竜王は高速をかっ飛んで、湖南グラウンド着。ああ、よかった。メインスタンドにわずかな屋根があり、その下のスペースがわずかに空いている。そこで岐阜サポ一人をまず発見。それから、あとからやって来た武装組3人を発見。岐阜の試合は明日だし、びわこ隊には岐阜隊関係者も多いし…と思ったらこの日はナオキ監督====ThisIsTheErrorMessege====の誕生日なのだそうだ。若くてイキのいいDJの兄ちゃんが「試合終了後にイベントやりますから!」と盛んに煽っている。うーむ、惨敗したらどうする気だろう。
試合開始。どこかの商業高校の女子サッカー部の娘さん達が、メインのひとりびわこサポやバックスタンドのサポ連に合わせてスティックを叩く。急造チアリーダー。でも、上下ジャージ姿の彼女達の応援は勘違いしたお色気路線と違って健康的な印象だった。
キチンと引いてブロックを作る水島。短めのパスをバシバシつないで攻めるびわこ。しかし、びわこのパス回しが実に効果的、というか集団で狩りをする肉食獣が草食獣の群れの周囲を囲んで圧縮していくように、びわこのパス回しで水島の守備ブロックが綺麗に圧縮されていく。これは水島側からしたらキツい。
びわこはとりあえずボランチに木島徹也でサイドに田中大輔、なんだけど頻繁にポジションチェンジを行う。しかし、キジがボランチねえ…と思って見ていたらそのキジがいきなりの突進を見せ、たまらず相手DFが倒しPKを得る。これを本人がキッチリ決めて先制。後半も、これまた突然に飛び出して相手DFに猛アタックをかけてボールを奪うとそのままミドルをブチ込んで2−0。すごいぜキジ。水島は後半途中から疲労からか動けなくなってしまい、このまま粛々と試合は終わった。ナオキ生誕祭のイベントがシラけないでよかった。
しかし、試合が終わって岐阜サポと感想を語りあうと、実はキジと大輔はポジションチェンジをしたわけではないのだそうだ。「もう、キジが行きたくて行きたくて、前半20分しかガマン出来なかった。あとは本能のままにアタックを仕掛け、大輔がしかたなくカバーに回ってただけじゃん」。そ、そうだったのかあぁぁぁーっ!いや確かにその解釈の方がすっごい妥当に思えますです、申し訳ない。しかし、試合を語るのに選手の性格まで意識しないといけないのか(笑)。びわこ、結構面白いチームになってます。

雨も止んだようで、瀬田西から京滋バイパス→名神→中国道。途中で再び雨が降り出してきた。寒いと同時に腹が減った。そうだ、朝に『すき家』で喰ったきりだ。西宮名塩SAで担々麺を頼むが、呼び出しは間違えるわ麺はほぐれてないわで散々。西宮北で降りて給油し、神戸北から山陽道に入って備前まで行き、あとはブルーライン。====ThisIsTheErrorMessege====これだと通勤割引====ThisIsTheErrorMessege====が効く。雨はずっと降り続き、宇野港に着くまでずぶ濡れでした。途中のローソンで明日の試合とフェリーのチケを買ったおかげで若干安く乗れる。====ThisIsTheErrorMessege====船室で1時間転がってカラダを休めた。しかし、暖かい飲み物が買えないのはつらい。高松のホテルに入り、いつもの『鶴丸』と『こんぴら』で食べたら疲労もあって轟沈。

5月25日日曜日

10時から高松市内で観戦予定。となると、坂出方面のうどん屋を攻めるにはちと厳しいので、ここは新規開拓ということでまずは『穴吹製麺所』。地図はアタマに入れておいたけど、さすがに迷わずに一発で到着は出来なかった。開店時間の20分前に着いたらすでに家族連れが喰っていた。単車に腰掛けて食べる。“もちもち系”だそうだけど、確かに中讃の剛麺系とは違う。
では次だ、と会場近くの『マルタニ製麺』を目指すと、途中に『はったんじ練場』といううどん屋を発見。あれ、恐ろしい本は子細にチェックしたはずだが…。====ThisIsTheErrorMessege====発見したからには、と入って小を食べたら、ありゃこれはうまいぞ。意外な発見に喜んでしまう。
さあ、今度こそ『マルタニ製麺』だっ、と単車で西へ。すると、目的地近くの橋を渡ると河川敷にサッカー場がある。あら、ここが今日の第1観戦予定地「成合河川敷」ではないか。審判のユニを着たひとがいる。ちょうどいい、確認していこう、とサッカー場へ。この行動が後々にイベントを産むことになる。
ぼくが「全社予選の高商と四電の試合はここですか?」と訊くと、審判氏は「えーと…たしかに全社予選ですが、多度津クラブと三菱化学ですよ」と、きっぱり。おおおおおっ?!県協会の情報と違う。「でも、でも、県協会のサイトで」とさらに訊くと「今日は鉢伏でもやってるはずだから、そっちちゃいますか?」おおおっ、県協会の情報では鉢伏の試合は来週と書いてあったのだが。これは貴重な情報。やはり現地収集には勝てないね。

と、このイベントをS君に知らせようと携帯メールを打つと、mixiの日記にコメントがついていて、「午後1時からの四国L・徳島セカンド×南国高知はグラウンド不良のため延期」とのありがたい情報が。ででででででででで?!となると、今日は成合→鉢伏のハシゴが正解か?いやあ単車で来てよかった、と安心しつつ件の『マルタニ製麺』で1杯。近所のひとが食べに来る普通のうどん屋さん。で、驚いたのがこの日に高松で巡った3店舗のすべてにカマタマ隊のポスターが貼ってあったことだ。地道にがんばっている模様。
10時前に成合会場に行って、観戦。さあて、どっちが多度津だ?とデジカメを最大望遠にして選手を追うと、赤いユニの方は背中に『YONDEN』と書いてある。よんでん?では、と相手のピンクユニを追うと胸に『TAKASHO』。なあんだ、やっぱりこの試合は高商クラブ×四電FCなんじゃん。県協会サイトの情報が正しかったのだ。
試合は2-1で高商。レベルをうんぬん言うと少々厳しいものがあるけど、土グラウンドだし、しょうがないか。県1部同士の対戦だからか、両チームとも結構熱くなって審判も大変だったよう。何度も詰め寄られていたもんね。決勝点もPKだったし。ぼくの知識で追いかけると、高商クラブはカマタマ隊の系譜に乗っかっているクラブ====ThisIsTheErrorMessege====ではないかと思うのだけど、ちょっと県リーグを抜け出るのは厳しいかもしれない。
さて。上にも書いたように午後からの四国Lは中止になってしまった。正しい情報を提供してくれた県協会サイトでは善通寺鉢伏の試合は来週となっているが、もしかしたらひょっとして?だってほら成合の審判さんも「鉢伏でやっている」って言ってたし、と高速使って善通寺まですっ飛んでいったら、鉢伏グラウンドには誰もいない。結局は県協会サイトがすべて正しかったのだ。

せっかく善通寺まで来たんだ、と会場近くの善通寺山下うどんに久しぶりに行って“ぶっかけ”の大を喰う。いやあ、やはり高松の3軒とは太さもコシも違う。大満足。

で、次の観戦は午後4時の徳島×鳥栖。4時間かけて行けばいいのなら、と峠を越えて徳島県側に出て、あとは吉野川の左岸の一般道をタラタラと。途中で眠くなって、道の駅で30分昼寝したり、鍛冶屋原の廃駅跡をひやかしたり、せっかくなんで霊山寺に参拝したり。
鳴門ポカスタ着。さあ観戦だ、とあたしのマジェのトランクを開けて、呆然。

デイパックがない!

ずっと、トランクの中に入れていたと思ってたのだ。パニックスタート。どこで降ろしたか?と思い出すと、そうだ、善通寺山下うどん。電話で確認すると、たしかに保護していますとのお返事。いやあ、ありがたい。しかも、製麺所じゃなく一般店なんで夜7時まで営業してる。午後4時開始の徳島×鳥栖をフル観戦すると厳しいけど、後半途中までなら観ていける。
『J』に上がってから鳴門で観るのは初めて。印象に残ったのが、相手選手やサポに対するホスピタリティ。サガンの選手紹介の際にBGMがあったし、何より選手名と選手名の間に約1秒の時間をあけ、相手サポにコールの時間を取っていたこと。相手に優し過ぎるという批判もあるだろうけど、ぼくはいいなと思った。

しかし、試合は。前半で3−0。徳島がそう悪いわけでもなかったと思うのだけど、とにかく活性化した鳥栖の攻撃に為す術なし。おかげで、後半途中で抜け出てもあまり未練はなかった。後半途中からドゥンビア登場。サブに入れるだけでも鬼畜の所業====ThisIsTheErrorMessege====のような気もするが、あの状況ならね。ぼくが帰った後で鳥栖はもう1点加えて虐殺した模様。
ぼくは単車で高速を1時間かっ飛ばして善通寺山下に行って無事にデイパックを回収し、高松を午後8時のフェリーで神戸に向かった。もし、デイパックを忘れなければ鳴門の試合終了後にそのまま単車運転して日が変わる頃に岐阜に戻るつもりだった。しかし、フェリーが動き出して“篤姫”が流れているガラガラの船室で3時間近く爆睡してしまったことを考えたら、岐阜まで運転のプランは危なかったのかもしれない。0時過ぎに神戸三宮のカプセルに宿泊。初めて泊まったのが9年前でようやく5泊目。初宿泊の際に作ったポイントカードが埋まって次回はタダで泊まれる。風呂に入って、さあてビールでも呑んでと館内のレストランに行ったらもう閉店してた。くっすん。岐阜も惨敗だったし呑むまでもないなと轟沈。翌朝、普通に岐阜に戻ってきた。

▲top