cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2006/03/03◆第3回・J1/J2入れ替え予想会議(その3)
▲home ▲index

今回のレギュレーション。

【J1】下位3チームを予想(順不問)。ワイルドカードとして1チーム。京都の順位も予想。
【J2】上位3チームを予想(順不問)。ワイルドカードとして1チーム。湘南の順位も予想。

では、ようやくの最終・第3部です。


爆裂札幌&鳥取サポ・nomadeあさい氏の見解。

J1
新潟 甲府 福岡 京都 京都=15位

今年は降格争いに清水、大宮、京都あたりも絡むと思いますが、名古屋、大分、川崎、広島は中位を確保すると予想。京都パープルサンガは15位と予想します。

J2
札幌 仙台 神戸 湘南=7位

この4チームが昇格候補だと思っています。石崎監督を迎えた柏は、主力が去ったとはいえ、現有戦力もJ2では屈指。札幌は期待込みですが、今年は本気で昇格を狙う年だと思います。仙台と神戸が今年どれくらいやれるのか未知数ですが、監督がハマれば独走の可能性も。ハマらなければ2002年の札幌のように崩壊する可能性もありますが……。
この他サガン鳥栖、モンテディオ山形も上位に食い込むのではと思っています。徳島ヴォルティスが台風の目になるのかな。湘南ベルマーレは7位と予想します。
ちなみに、ヴェルディは、J248試合+ACL予選リーグ6試合====ThisIsTheErrorMessege====+天皇杯という試合数を主力だけで乗り切るのは無理。ACLを本気で戦うとすれば昇格は厳しいのではないかと思います。仮にACLを主力抜きで戦うとすれば「最初から出なきゃいいのに」というツッコミを入れたいところ。今年はサテライトリーグにも参戦しないようだし、後半戦に入る頃にはチームが空中分解している懸念あり。首脳陣に関してはノーコメントで(苦笑)。


有料試合は想定外?無料試合のS氏の見解。

J1
清水 福岡 名古屋 C大阪 京都=9位

飛びぬけて強そうなチームがいくつかある一方で、飛びぬけて弱いチームは存在しない印象。結構苦し紛れのチョイスです。大宮、甲府あたりも危ないのでしょうが…

清水:去年も候補に挙げましたが、去年以上に上積み度が…精神的拠り所も抜けてしまったし、今年こそ!?
福岡:いくらなんでも昇格3チーム全ては生き残らないでしょう。その中でもっとも勝ち切れなさそうなのはここか?
名古屋:安英学、クライトンとキーマンがまた抜けて、よりまとまりがなくなりそうな予感が…戦力的には上位なんですけどねえ。
WC→C大阪:やはりファビーニョの穴と一度崩れたときの強烈なもろさが心配です。トップ5か降格争いかという展開になるかと。

京都:9位
去年の川崎Fほどではないにせよ、選手たちは自信を持って臨めるはず。それに近い順位は伺えるのではないでしょうか。手島を引き抜かれたのは心配ですが、ワッシーが何とかしてくれるでしょう。

J2
山形 神戸 札幌 鳥栖 湘南=12位

J1と逆に飛びぬけて強いチームが見当たらず(以下略)
山形:去年の(自分の)経験をふまえて、「どうせ外れるんなら望みは高く」と。財前加入で得点力は間違いなくアップ、去年より確率は増えたとみます。ただ大塚の抜けたブラックホールが埋まらなければ一転Bクラスも…
神戸:降格3チームでは最も可能性があるとみます。損失を最小限にとどめているように見えるし、名将バクスターですからねえ。
札幌:順調な上昇曲線、戦力ダウンほとんどなし、間違いなく効く大塚加入。恐るべしヤンツーパワー。秘かにここが最有力だと思ったりしてます。
WC→鳥栖:存続だ除名だなんて言ってたかと思いきや何ですかあの豪華補強は。速効性はわかりませんが、近いうちに昇格争いの主役に!?

湘南:12位
それなりいい補強はしてるようですが柿本を引き抜かれたのは大きいでしょう。ここはいつも悩ませてくれますが、愛媛の後塵をも拝する====ThisIsTheErrorMessege====と大胆予想。


ツエーゲンよりフェルヴォローザ、より北國ハンド部の金沢市民・右萌え氏の見解。

表彰台で国歌歌ってた荒川選手に萌えてしまった右萌えです。長野で帽子を取らなかったズ■公D■N====ThisIsTheErrorMessege====とは違うのだよ(笑)。

J1
甲府 C大阪 清水 名古屋 京都==12位

最下位は印刷でしょう。C大阪は「優勝を逃した次のシーズンにどつぼにはまる」法則で。と言うわけで本シーズンの合い言葉は「甲府17位計画」です。

J2
札幌 鳥栖 湘南 神戸 湘南=3位

降格してきた3チームがあまりに悲惨なので、最近コツコツやってきたところが上位に来るとみました。札幌は印刷かと。あえて降格組の中から一つあげるならば神戸ですが、監督が途中で替わらないという条件がつきます。


京都紫光クラブシニアディレクター・飛行機マニアたろう氏の見解。

J1
大分 鹿島 清水 FC東京 京都=12位

大分:さすがにこんだけ抜けたらしんどいかな…と思うんだけど、長丁場であるが故に修正しやすいということを見越しているようにも思えるので、本当は16位より上かも知れない。でも、やっぱりリストアップしてしまう。
鹿島:嫌いだからです。以上。
…それはともかくも、小笠原がいつ抜けるか(去年も同じこと言ったっけ?)、そして柳沢はやっぱり柳沢。おまけに言うと、透明FW====ThisIsTheErrorMessege====はまたそのうちに鹿島に帰ってくるでしょう。だとすれば、恐るるに足らずです。
清水:しんどいですね。得点力が弱いということもちょっと根本的な問題ですね。印刷とは言わないけど、どこだと言われれば清水かな。
FC東京:なんとなくなんですけど、原博実『趣味のサッカー』でなくなってしまって、ある意味チームとしての勢いをなくしてしまうのではと危惧してしまうんですよね。昨年は結構しんどかったけど、それでも、今回の監督交代はギャンブルだろうなと思いますなのでWCとしました。

京都:落ちないだろうと思います。身贔屓する訳ではないけれど、よくぞ黒部を戻さなかったと。チームという形をJ1で戦うに当たって重要視したことはかなりこのチームにとって大きな意味があったのではないかなと思います。いじらなかったということも同様。以前と比較しても、かなりこのチームは変わったと思いますよ。

J2
神戸 鳥栖 札幌 仙台 湘南=6位

神戸:明神がいなくなった柏、山卓がいなくなった東京ヴと違って、三浦淳宏が残ったということは、チームにとっても良かったと思いますね。安達GM=バクスター監督という黄金のコンビは地味ではあるけれど、連対率の悪いノブリン、====ThisIsTheErrorMessege====コーチとしての資質に疑問があるラモスと比べても期待はできる。
鳥栖:やる気ですね。昨シーズンは中盤頃から失速してしまったけど、今季はやりますよ。問題はけが人だけだけど。あと、誰をいつぞやの中西哲也のような存在に仕立てるかだけかな。
札幌:地味ながら着実に力をつけてきたことは大したもの。昨年の福岡のようになる可能性は大。
仙台:これが都並体制継続ならば3つの中に入っていたんだけどねぇ。監督替えたのがどう出るのか。ちょっと読めませんね。だからWCです。

単軌:結局モノレールはこの辺りなのかなと思います。昇格争いに加わる訳ではなく、下位争いする訳でもなく。でも昇格争いのキャスティングボートを握る存在なのだろうなあと。


吉田鋳造の見解。

J1
甲府 清水 福岡 磐田 京都=14位

だめだあ、やっぱり甲府ははずせねえ。実は対策が練りやすいサッカーなのだろうと思うのですよ。“名を捨て実を取る”形で大宮・川崎級がカウンターサッカー仕掛けたら、機関室と弾薬庫に魚雷の直撃喰らった巡洋艦のように沈没するのではないかと。柏をすみざりーんに粉砕したことで評価は高いかもしれないけど、J2でうっちゃり3位だったという事実は忘れてはいけない。
清水はねえ、1年目から藤本にノボリの役割をさせるつもりなら崩壊するでしょう。監督が監督なだけに不振に陥っても切りにくいだろうし、ずるずると沈むとみました。
福岡は、序盤がすべて。走れれば残れるだろうし躓いたらそのまんまというJ1時代の仙台のようなシーズンを過ごすのではないか。でも、戦力の薄さはいかんともしがたく。大宮ですら昨年の最後はずるずるだったというのが瞼から離れんのです。
磐田は、ウケ狙い(笑)。ただね、選手の平均年齢が自然に1つ上がっただけという時間の使い方をしたようにしか見えないので、ひょっとしたらもしかするかな。ここが落ちるようならJも面白くなりますね。

残ると評価したチームについてですが、大分はかなり期待値込み。特効薬シャムスカは1年間効くのか。ただね、去年のあの状態を立て直した手腕を視ると、マグノと吉田の不在なんか屁でもねえって気もするんですよね。京都は、前線が研究されるまでにどれだけ勝ち点稼げるか。実は名古屋もリストアップしたところではあるんですが。みーずほで入れ替え戦がみたぁーいー♪(字あまり)

J2
札幌 仙台 鳥栖 湘南=11位

札幌は印刷…とまではいかないけど「消せるボールペン」級かな。監督そのまま選手もそのまま。それが吉と出るか凶と出るかだけど、J2の歴史を紐解けば吉と出ることになっています。
仙台は希望含有率が高い。けど、バクチは当たることもありますから。
最初は、今年は落ちた3つはともに上がれないと思ってたんだけど、さすがにそれはなあということで柏をフィーチャー。J2での戦い方に最初に対応できそうなんで。あの入替戦の「J2の3位にすみざりーんされた」負け方で、プライドも捨てやすいでしょうし。あと、昇格ラインぎりぎりで第4クールに入った時に、入替戦を2回も経験したことが生きてくるとみました。経験値を積んだのは明神だけじゃあるまい。不安点は監督の持つ“星”とフランサの残留(笑)。
監督そのままで選手は上乗せという意味では鳥栖なんかものすごいんだけど、ここは『真剣に昇格争いを経験したことがない』ってことで、第1グループを形成したまま第4クールに入った時に耐えられるのかが未知数なんで、WCまで。

上がれないと評価したチームについてですが、まずは緑みうみう。ACLがどうのというより、ここのサッカーでは“鬼の棲家”なJ2スタイルに対応できない(きぱっ)。選手層で押し切ろうとした2000年の浦和を視るがいい。どれだけ苦戦したことか。都並はJ2を知っているという点で、ラモスを“象徴的存在”に出来るか。無理でしょう。神戸は、バクスターさんに過大な期待かけ過ぎなんじゃないの。あの年のJFLといまのJ2を並列に語るのは危険だと思う。湘南は、いくらなんでも愛媛よりは上でしょう、だから11位で。====ThisIsTheErrorMessege====


あ〜ようやく終わった。では整理しましょう。敬称略。

J1
謎の運び屋A 甲府 清水 新潟 大分 京都=10位
ライブオンネット牟田 新潟 名古屋 甲府 鹿島 京都=14位
返し馬マルホン 甲府 清水 大分 名古屋 京都=10位
小倉在住freemind 甲府 名古屋 大宮 福岡 京都=10位
Sun'sSon 新潟 大宮 清水 川崎 京都=10位
nomadeあさい 新潟 甲府 福岡 京都 京都=15位
無料試合のS 清水 福岡 名古屋 C大阪 京都=9位
右萌え 甲府 C大阪 清水 名古屋 京都=12位
京都紫光SDたろう 大分 鹿島 清水 FC東京 京都=12位
吉田鋳造 甲府 清水 福岡 磐田 京都=14位

甲府が圧倒的な人気なのは、仕方ないでしょうね。清水・名古屋・福岡も想定内ですが、大分と新潟の評価が高いのは意外だったかも。

J2
謎の運び屋A 東京V 仙台 札幌 山形 湘南=8位
ライブオンネット牟田 札幌 山形 鳥栖 湘南=8位
返し馬マルホン 札幌 山形 徳島 湘南=5位
小倉在住freemind 仙台 東京V 札幌 鳥栖 湘南=8位
Sun'sSon 神戸 札幌 鳥栖 東京V 湘南=5位
nomadeあさい 札幌 仙台 神戸 湘南=7位
無料試合のS 山形 神戸 札幌 鳥栖 湘南=12位
右萌え 札幌 鳥栖 湘南 神戸 湘南=3位
京都紫光SDたろう 神戸 鳥栖 札幌 仙台 湘南=6位
吉田鋳造 札幌 仙台 鳥栖 湘南=11位

一見して、皆さん降格組の評価を決めかねているというのがわかりますね(笑)。昨年の順位上位な仙台や山形より札幌と鳥栖が高評価なのも面白いところです。とにかく笑えるのが湘南の評価のバラつき方。ここまでバラけるとは(笑)。


さて、どうなりますか。次の予想大会は例年なら夏の“入替戦予想会議”なんですが、W杯イヤーでもあるし、もしかしたらひょっとするかも。でも鋳造総研には似合わないかしらん(笑)。

▲top