cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2004/07/11◆北陸に行ってきたわけだ………が。
▲home ▲index

6月診療分のレセプト作業もほぼ終了し、わあい週末は友達と酒呑むぞーっ♪サッカーも観るぞーっ♪と楽しみにしていたわけだなこれが。宴会の舞台は富山。岐阜からなら岐阜→(高山線)→富山→(北陸線ほか)→岐阜の1周キップで安く行ける。集合時間は17時半だから、午前中はちょっと出社して統計作業をちろちろ片づけてから車内でビール呑みながらのんびり北上、なんてことも考えていたわさ。


土曜日。岐阜は朝から稲妻ピカピカの雷鳴ゴロゴロである。それでも少しは仕事しなくっちゃ出発しなくっちゃと思いはするのだけど、激しい雨が降り続くさまを部屋から眺めているうちにモチベーションはモノの見事に削り取られてしまい、まあいいか休日なんだしと軟弱に日和をキメてしまう。
自宅でうだうだしながら雨が止むのを待つうちに昼近くになってしまった。買い置きのうどんを茹でて食べ、さてそろそろ本格的に出発するかな、と思いながら念のためとJR東海のサイトで確認すると、そこには

高山線は岐阜=坂祝間で大雨のため8時半ごろより上下線とも運転を見合わせている

との表記が、あるではないかあぁぁぁぁぁぁっ!これはとりあえず現地で状況を確認する必要がある。雨が降り続く中を岐阜駅まで。みどりの窓口のお姉さん曰く「たったいま動き出したところです」。となると高山線経由でも行けないことはないが、この天気では焼石に水====ThisIsTheErrorMessege====という可能性は無視できない。窓口のお姉さんも当然だが「しらさぎご利用の方がいいです」ときっぱり言う。仕方ない、岐阜発の富山高岡周遊きっぷを買って、中へ。ホームには10:11に岐阜を出るはずの「ひだ」がまだ停まっていたが、12時少し過ぎに発車していった。さすがはJR東海だ、2時間以上は遅らせない。====ThisIsTheErrorMessege====「しらさぎ」も10分近く遅れて岐阜に到着。車内はガラガラのスカスカ、自由席でなんの問題もない。
金沢で有害指定萌え萌えと合流して富山へ。待ち合わせより1時間半も早く着いてしまい、一番カネのかからない時間のつぶし方は岩瀬浜だな、ってんで1往復。ここは2006年にメトロリンク====ThisIsTheErrorMessege====化されるそうだ。あとは電鉄富山のドトールでコーヒー呑んで、富山在住のぼくらの後輩と合流。西町の小さな居酒屋へ。カウンターに座るといきなり「地酒3種呑み比べ1000円」なんて貼り紙で我々を挑発してくれる。少々記憶をなくすくらいまで呑んでしまい、それでも一人5000円は、安い。富山の卵焼きにも挑戦してみたが、津軽ほどではないが明らかに甘かった。雪国の文化、なのだろうか。ぼくと有害萌え萌えは金沢に戻り、彼の部屋に転がり込んで速やかに轟沈。


翌日。晴れである。楽しみにしていた金沢ダービー。有害萌え萌えは日和って観戦断念。ぼくはバスを乗り継いで南松任へ。歩いて数分のところに総合運動公園がある。そろそろ試合開始だ。陸上競技場へ………あれ?サッカーのゴールポストは畳まれていて、陸上選手がハードルの練習をしている。となると、試合会場は多目的広場の方か、と行ってみると確かにサッカーの試合は行われていた。しかし、片方のチームはビブス着用。これは北信越リーグではない。試合はどこ?

事務所を訪問して尋ねると、担当のお兄さんは台帳をめくりながら

「サッカーの北信越リーグ?そんな予定は入っていませんよ」

ありえなぁーいっ♪

だって、だって、だってぼくは金沢サッカークラブのオフィシャルサイトで確認して来たんだよ。そこには7/11の11時からテイヘンズとの試合があるって書いてあって……………
と事務の兄さんに嘆願したところで、やってないものは仕方がない。現地で空振りは6年ぶりか?くそったれえ金沢サッカークラブめ許さねえミンチにしてやる。

試合がないのなら長居は無用、とっとと帰るだけだ。松任から小松に出て、再び「しらさぎ」に乗ってサクサク岐阜に戻ってきた。途中、例の地域リーグマニアS君から「今日は北信越リーグはないはずだ」とメールが来て腰を抜かしかけたが、帰宅してさっそく金沢サッカーの公式サイトを訪れるとやはりそこには今日の11時から松任総合運動公園でテイヘンズとの試合がある、と記載してあった。

rn003_33.gif

まあ諸事情あるのかもしれませんが、とりあえず公式サイトなんですから予定が変更になったらサイトの情報は修正してくださいな。それと、鋳造はしばらくの間ですがアンチ金沢サッカークラブを表明させていただきます。ま、ぼくはもともと北信越リーグでは松任FCイチオシですから、大勢に影響はあるまい。


というわけで、ちょっと裏目ぶりが目につく週末でありました。とほほ。

▲top