cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2004/06/12◆霞のオイスターソース炒め
▲home ▲index

40になってしまったわけだ。この歳になると惑わないなんて言ったの誰だよ。まあ、現在の流転激しい世の中においては、40歳ってのはカネが欲しい自由が欲しい何もしたくない====ThisIsTheErrorMessege====って方が説得力あるよね。細野晴臣が、トシ取るってことはエントロピー増大だってなんかの雑誌で応えていて、知人のSFファンは18歳の頃にこれを読んで大いに納得していたけど、それから20年以上経つのにぼくはいまだにこの回答の真意がわからない。
40歳ってのは、もっといろいろなことがわかってないといけないのだろうか。ランディ・ジョンソン====ThisIsTheErrorMessege====が「40になるのも悪くない。ようやく投げたいところに投げられるようになった」と応えたという話を読んで、しびれたね。こんな40歳になりたかった、もう無理だけど。


金曜夜は赴任者の歓迎会でカタチばかりの幹事をやった。今度ぼくの職場にやって来たひとに、ぼくの仕事をかなり引き継いでもらうことになる。まったく畑違いの部署から来た彼は、現在は仕事を覚えるのにぜえぜえ言っているけど、彼がぜえぜえ言わなきゃならないのはおそらくこれからだ。マネージメントというステップに足を踏み出さないといけなくなる。いわゆる中間管理職の悲哀を味わうことにもなるだろう。上からの無理難題と下からの不平不満に挟まれて、とりあえず暴動が起きないレベルで「こんなもんでどうでしょ」という落としどころを探っていく、消耗する作業だ。
ある程度年齢とキャリアを重ねてくると、業務に精通しているというだけではメシが喰えなくなる。サラリーマン社会においてはある意味当然のことで、だいたいここで過度のストレスに晒され、それを経験値としてクリアーしていく。そういうものなのだよ明智君。


社会に対して自分のエネルギーやら時間やらを提供して、得るものを得る。別に提供しなくても得るものを得られればそれに越したことはないのかもしれないけれど、通常ぼくらはそうしないとメシが喰えない。日々の糧が得られないとなれば、霞を喰うしか手だてはない。
ぼくは職場で、遊ぶために仕事してますからと言い放っている。ニュース番組でよく使われるフレーズを引用すると「遊ぶカネ欲しさに仕事する」というところ。労働という行為は、当然ながら目的ではなく手段だ。目的はあくまで「愉しい人生を過ごす」。そのために必要な資金調達を行っているに過ぎない。ある程度ではあるが食べたいものは食べたいし、ある程度ではあるが出掛けたいところには出掛けたいし、ある程度ではあるが現地で観戦したいサッカーの試合は現地で観戦したい。起きて、飯喰って、仕事して、寝て。なんか、死ぬために生きているみたいなのは、ぼくは嫌だ。

手段は目的のために存在する。しかし、時として手段が目的になってしまう勘違いが発生することがある。実はその方がラクだからなのだが、そうなると今度はその目的に対して手段が生まれる。そしてその手段が実行されたとしても、果たされた目的はそもそもは手段だったステップであって、本来の目的ではない。


例えば、浪人生が予備校に通うという事象。目的はあくまで志望校合格であって予備校通いは手段。そこで彼女が出来たとする。予備校通いは手段から目的になるだろう。こんどはその手段として、毎朝キチンと起きてキチンと予備校に行くようになる。帰り道にデートだってするだろう。さて1年経って、どうなるか。“本来の目的=志望校合格”という視点で振り返ってみれば、エネルギーや時間の提供がまったくの無駄になる可能性は無視できない。
もちろん、この言説には反論もあるだろう。その課程において彼女が出来たという愉しい時も過ごせたし、それはまったくの無駄ではない、と。実にその通りだ。無駄じゃない、目的は達成された。それは、本来の目的=志望校合格から、別の目的=青春時代の愉しい思い出を作る、にシフトしたから。自分で目的達成の判定基準を変えたわけだ。自分でハードルを下げた、と言ってもいいかもしれない。

別に悪い事じゃない。自分が目的をシフトさせたことを、自分が判定基準を変えたことを受け入れればよいのだ。ハッピネスは辞書にも載ってる通りで幸せなんてひとそれぞれ。ハッピネスはテレビでやってる通りで幸せなんてひとそれぞれ。
でも、ぼくらは社会の中で生きている。判定をするのは自分だけじゃない。社会から冷徹な判定を下されることだって多いはずだ。その時に、ぼくはぼくの判定基準では合格なんだからそれでいいんだ!と言い切れるかどうか。ハッピネスを手に入れられるかの分岐点はそこだ。そうは思わないかね明智君。


と、ここまで打って読み返して、ああ俺は40になったんだなあと深くため息をつく鋳造であった。なんてオヤヂくさい文なんだ。まあ、でもたまにはサッカーも讃岐うどんも出てこない雑文もいいんじゃないか?と自分で判定してしまう。ハッピネスは辞書にも載ってる通りで。ハッピネスはテレビでやってる通りで。


How do you sleep ?

▲top