cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2004/05/20◆日曜日から水曜日の日記
▲home ▲index

◆日曜日◆

たかが2部だ。しかし、それでも岐阜県に地域リーグが戻ってきたことは間違いない。もう6年も空白だった====ThisIsTheErrorMessege====のだ。FC岐阜。現在、岐阜県を代表する社会人チーム。監督は、かつて西濃運輸を率いた熱血漢・勝野正之。開幕戦のアウェー・マルヤス工業戦を3−0で初勝利。この日が初ホーム戦。
さて、どうしよう。どうしようったって、FC岐阜を応援するに決まっている!………わけでもない。なぜなら、対戦相手が春日井クラブだから。はうぅ、どうしよう。しかし、しかしだ、ぼくをサッカーべったりにしたのは勝野さんの西濃運輸だ。どうしてくれるんですかこんなカラダにして。しかも現在のぼくは岐阜県民、見捨てるわけにはいかない。よろしい、今回は心を鬼にして春日井クラブにブーイングを浴びせよう。日曜は朝から雨だったので見送りかなあと軟弱に思ってたのだが、なぜか出発ギリギリになったら急に上がってしまった。行け、と言っているねこれは。

大垣浅中公園に行くのは、西濃最終戦====ThisIsTheErrorMessege====以来。多目的広場での観戦は初めてだ。しかし驚いた、スタンドがあるじゃないか。これなら観戦に支障はない。スタンドに春日井クラブサポーターズの代表氏がみえたので挨拶。
「吉田さん、岐阜にお住まいですよね?」
「ええ、だから今日はどっちにつきましょうか」
嘘ついちゃいましたごめんなさい、鋳造は時限立法で春日井クラブを見限る覚悟だったのです。

で、試合なのですが、春日井クラブが格の違いを見せつける内容で、差はわずかなのかもしれないけどすべての部分で差があるといった感じ。考えてみれば当然で、FC岐阜は昇格組だし春日井クラブは降格組。昨年はカテ2つ違ってたんだもんな。結果は4−1で春日井の完勝、岐阜の1点も終了間際のPKのみだった。ちなみに春日井のゴールを守っていたのは用沢ルーカス。どこかで視た名前だと思ったら、愛媛にいたんだね。FC岐阜の今後だけど、2部のレベルがまだわからないのでなんとも。とりあえずは今年の目標は2部残留、でしばらく経験値を積み上げていくのがいいだろう、と。
帰宅して、J1視ながら遠征の計画練り直したりして、この日はおしまい。休みの日ってのは過ぎるの早いねえ。


◆月曜日◆

仕事が激務だったってわけじゃないのだけど、なぜかすごい疲労感と眠気でなんと8時半に寝てしまう。寝る直前に小沢一郎氏に関するニュース速報が流れて失笑。ほらだからマンUの監督とM主党の党首は誰もやりたがらないって。今年は参議院選みたいだけど、選挙どころじゃないんじゃないのか。まあ誰に入れても誰が当選してもどうせ年金未加入期間はあるんだろうし。比例区は

『ジーコいらない人びと』====ThisIsTheErrorMessege====

って書いてやろうかな。私たちは投票用紙に「ジーコいらない」と書くことが出来ます………って、いいのかしらん。


◆火曜日◆

ぼくの職場は基本的に社名入り名刺も自己負担。珍しいよね。公用と認定されれば支給されるらしいけど。で、ぼくのがそろそろ在庫枯れを起こしそうになったので資材担当に発注をかけたわけだ。久しぶりなので支払い方法を忘れていた。給料天引だっけ?現金取引だっけ?で「現金決済だっけ?」と担当の娘に質問したところ、彼女から即答。

『カードは使えません!』

………いえあのそのえーと、別に社内の取引でマイル貯めようなんて思ってたわけでは。しかし見事に読み切られているな。

帰宅して、ビール+枝豆+プロ野球、じゃなくてこの夜はアジアフットサル準決勝====ThisIsTheErrorMessege====の録画鑑賞。実は月曜は8時半に寝たおかげで1時に目覚めてしまい放送を視ていたのだけど、もう一度。フットサルを視るのはこの試合が初めて、いやいや面白いじゃないのさ。
たしかにDFの考え方はハンドボール風。あとトップにクサビ打ち込んでっていう日本のプランもハンドボールの常套戦術。対するウズベキスタンはロングからどかんどかんのサッカー風テイスト。これは現場で視たくなるスポーツだ、って書くと「やってみなよ!フットサルはプレーした方が愉しいって!」と思うひとも多いかもしれないな。でも、どうしても自分でプレーするってなるとホントはありもしない敷居を意識して萎縮してしまうんだよな。いや実は敷居はあるのかもしれない………って、ほらやっぱり萎縮してる。
日本代表に比嘉リカルドがいて驚く。いまFC琉球でその前はかりゆしにいたんだが、その前から知っていた名前だ、どこにいたんだっけ………と前回の雑文で主役になったS君に問い合わせ。そうだそうだ矢板にいたんだ!====ThisIsTheErrorMessege====で、新潟がぶっこ抜いていってスカウティング能力に驚いたんだよ。鈴木慎吾も関東リーグでくすぶっていたところを新潟がぶっこ抜いている。結構賢いのかもしれん。
さて、日本が出場を決めた世界選手権は11月に台湾開催。うーむ台湾かあ、久しぶりに行きたいなあ。士林夜市で今度こそステーキに挑戦してみたいし、ただ11月ってのは天皇杯やら地域決勝やらで身動き出来ない可能性も高い。うぐぅ。


◆水曜日◆

今日はJ2の日、サクサク帰って甲府×仙台をスカパ観戦。0−2になった時は「べ」の復調もこれまでかと思ったのだけど、なんとなんと終了間際に追いついてしまう。よくぞ勝ち点1取りました。いやあ、いいねえサッカーの『引き分け』。誰かブラッターを止めるヤツはおらんのか。しかし大宮も京都も引き分けかあ。フロンの突っ走りとコンサのヘコみが顕著な序盤戦、しかしJ2ってのは序盤の突っ走りで得た貯金はシーズン終了間際にすべて吐き出すことになってる。まだまだわからんよ。

ACLでは日本勢全滅だそうで、15点の効果テキメン====ThisIsTheErrorMessege====でしたな。スコア視たとき「特別限定ルールで楕円形のボール使ったか?」と思いましたもん。2トライ1ゴール1PG。なんてね。
これで2005年に行われるはずの『世界クラブ選手権』は日本開催だけど日本のチームは出ないことになったわけか。どこが来るんだろう?とAFCのサイトに行ったら、勝ち残り8チームのリストがあった。“And then there were eight...”====ThisIsTheErrorMessege====とヘッドライン。なるほど。

  • Group A: Pakhtakor (UZB)
  • Group B: Al Wahda (UAE)
  • Group C: Sharjah (UAE)
  • Group D: Al Ittihad (KSA)
  • Group E: Chonbuk Motors (KOR)
  • Group F: Dalian Shide (CHN)
  • Group G: Seongnam Chunma (KOR)
  • Defending Champions: Al Ain (UAE)

イラン勢がいないってのも驚き。そしてエミレーツ恐るべし。しかしダルニー====ThisIsTheErrorMessege====はしっかり生き残ってるね。まだまだ磐田も横浜もクラブの底力が足りないってことなのかな。

▲top