cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2003/10/25◆ちょっとの工夫で節約上手
▲home ▲index

去年の雑文にも書いたけど、秋から冬にかけてのぼくの行動は有害指定萌え萌えに言わせると「人生すなわちこれゲーム」====ThisIsTheErrorMessege====ということになる。JリーグやJFLが佳境に入ったり全国社会人や地域決勝や天皇杯があったりと、遠征系サッカーオタクの財布から煙も出ない状態にまでカネを絞り上げる構造になっているからで、必然的に週末の予定はボコボコに埋まっていく。
で、こないだ関東に観戦遠征をかけたにも関わらず、その翌週にも再び関東遠征を企画した鋳造である。とりあえず全都道府県観戦を達成したぼくの次の目標は、グリーンゾーン====ThisIsTheErrorMessege====撲滅。この雑文を書いている時点での国内グリーンゾーンは青森・秋田・岩手・千葉・佐賀・長崎・鹿児島・沖縄。「この『千葉』っての、どう考えてもヘンですよ」と流浪の地域リーグ観戦人S君が言う。かくして、今度の週末には土曜夜に市原臨海でJ1+日曜昼に鴨川でJFLがあり、「こっちのみーずはあーまいよっ♪」と耳元で囁かれてしまったという次第。

しかし、ひろひろが当たったり秋華賞を当てたりしたわけではないので財力にも限界がある。なるべく安く行きたい。かと言ってとにかく徹底的に安くというのも味気ない。そんな折、有害指定萌え萌えが26日夜に名古屋に出てくるので呑もうということになった。翌週の11/2の魚津桃山で観戦の予定があるので、きゃつとはその前日に金沢で呑むことになっていて、まさにホーム&アウェー宴会だ。アウェー『ビール』2倍ルールなんてのがあったりしたら、恐ろしい。で、考えた千葉遠征プランは、以下の通り。

  • 横浜まではJRの在来線でひたすら耐える。
  • 横浜から五井まではアクアマリン高速バス。市原臨海で観戦。
  • せっかくなので五井→鴨川は内房線に乗って海を見て過ごしたい。鴨川で観戦。
  • 外房線特急で東京、そこから「のぞみ」で名古屋。有害指定萌え萌えと呑む。

となると五井から名古屋は通しの切符でOKだ。乗車券は
五井→(内房[安房鴨川]外房[蘇我]京葉[東京]新幹線)→名古屋市内
となる。これを発券してもらうべく名駅にある某鉄道系旅行代理店に行ったところ、15分経っても発券出来ないとはどうしたことだあ!手配師たろう君と呑む予定もあったので「もういいですっ!」と席を蹴飛ばして店を出た。15分間端末と格闘した窓口嬢は「こんな面倒な切符を依頼するおまえが悪い」という表情で「すみませんでした」とだけ棒読みで言った。もう2度と行かないぞ名古屋中央支店。日本シリーズで優勝したこともないのにいい気になるなよ。


自宅に戻ってから、はたと考えた。そう言えば11/1〜2は北陸に行くのではないか。これはもしかするとひょっとして?JRの乗車券には遠距離逓減制====ThisIsTheErrorMessege====という性格がある。距離が伸びれば有効期間も長くなる。その手があった!と銭型警部のように席を立ったわけではないが、速攻でプランの練り直し。乗車券はこうなった。
五井→(内房[安房鴨川]外房[蘇我]京葉[東京]新幹線[名古屋]東海道[米原]北陸[富山]高山本[美濃太田]太多[多治見]中央)→南木曾
南木曾だってぇ?もちろんこれには理由がある。ぼくは岐阜市内に住んでいるので、最後は
北陸[富山]高山本)→岐阜
となるのが普通。しかしこれだと全キロが1200kmに届かず、有効期間が7日になってしまう。====ThisIsTheErrorMessege====有効期間を8日にするためには多少ムダでも1200kmを越えるように片道切符を設計しないといけない。そこで南木曾ということになる====ThisIsTheErrorMessege====わけだ。

ticket2.jpg▼ルートはこんな感じ。
ticket2_map.gif

JRの乗車券にはもう一つ使い勝手のいいルールがあって、使用開始後にに経路や行先を変更する時には未乗区間と変更後の区間の運賃をそれぞれ計算して差額があれば徴収、あまった場合は返金しないということになっている。ぼくは岐阜から大阪に行く時はいつもこのルールを使って缶ビール2本分以上の運賃を節約している====ThisIsTheErrorMessege====のだけど、今回のケースも使用開始後に美濃太田→多治見→南木曾を美濃太田→岐阜に変更すればOKではないか。こうして千葉遠征と北陸遠征をつなげた旅程の完成だ。通し乗車券は13760円。もしこれを「千葉遠征」「北陸遠征」で分けて乗車券を買えば2枚合わせて18070円====ThisIsTheErrorMessege====になる。すばらしい!名古屋中央支店のサ●キさんありがとう。あなたのスキル不足のおかげでぼくは4310円も節約することができました。それでも、2度と行かないってのは変わらないけどね。ちなみにこの13760円の切符は別の旅行代理店のトチギさんが5分で出してくれました。さすがは名古屋地域密着企業。ぱららぱららぱららぱー♪


今回は鉄道マニア限定の話題になっちゃったかな?でも、ちょっとの工夫であなたも節約上手に(はあと)ってことで。もっとも「お前みたいに動き回らないから関係ない!」って言われると、うぐぅの音も出ないのですが。うぐぅ、人生すなわちこれゲーム。

▲top