cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2003/07/27◆それはぼくのせいじゃなぁーい♪
▲home ▲index

ずいぶん前になるけど、「世界の天気予報」という企画をテレビで視たことがある。「『世界の』天気予報」じゃなくて「世界の『天気予報』」だ。つまり、海外の放送局ではどんな天気予報番組を流しているか、というもの。爆笑したのがサウジアラビアの天気予報で、アラビア半島上空からの衛星画像を流して「今年も1年中晴れが続くでしょう」って、それって天気予報なのか?
で、もう一つ笑ったのがオーストラリアだかの天気予報。キャスターがハコバンを前に歌うは踊るは。「週末は雨になっちゃうけど、それはぼくのせいじゃなぁーい♪」「楽しみにしてた予定もだいなしになっちゃうけど、それはぼくのせいじゃなぁーい♪」と歌い、バックコーラスが「そうさ君のせいじゃなぁーい♪」とハモる。楽しいじゃないのさ。日本の天気予報にもこれくらいの芸が欲しいなあと思ったものだ。


はい、サポティスタの掲示板で「疫病神」と宣告された鋳造です。「それはぼくのせいじゃなぁーい♪」って言っても説得力ないよなあ。市原がこんなにヘタれた状態になるなんてこっちだって想像してませんでしたよ。「孤立する1TOP」ってのはどういうことなのか、「中盤がずるずる下がる」ってのはどういうことなのか、しっかり観させていただきました。ホントにどうしちゃったんでしょう。タジ====ThisIsTheErrorMessege====が前線でつぶれ役になって効いてましたね清水は。ヨンスはアレックスとガチガチやってたんで、報復と見られちゃったんでしょうか。
というわけで最終節はヨンス出場停止、マリちゃんの対戦相手である神戸はDF2人出場停止。おまけにクラッシャー鋳造は土曜日は仕事なので新横浜にかけつけることも出来ない。外堀は埋まっちゃいましたね。ぼくにとっては、少なくとも磐田が優勝するより歓迎される事態なのは間違いないので、マリちゃんはさっくり決めちゃってくださいな。


27日の正午近くに帰ってきたのだけど、26日はそれでなくてもひどすぎた。第1目的地・期待していた焼津さかなセンターのマグロ料理は×。あそこは「買いに行くところ」であって「食べに行くところ」じゃないね。期待していただけに残念。
それでも天気は良かったのでツーリングとしてはOKかなと思えたのも静岡市内に入るまで。安倍川を越えると急に雲行きが怪しくなって、第2目的地・西ヶ谷運動場に着いた時は雨ざんざかざんに。ここでは東海リーグの静岡FC−空調清水を観戦したのだけど、これまで2分7敗と崩壊状態だった空調清水が、1人少ないながら静岡FCに勝ってしまう。このサッカーが出来てこれまで0勝とは、にわかにどころかまったくもって信じられん。サポ氏が「今シーズンのベストパフォーマンスだ」とつぶやくほどの内容で、空調清水は鮮やかに復活してしまったのだろうか。うぐぅ、これで我が春日井クラブの残留に暗雲が。スケジュールの変更で春日井は空調戦を2試合とも残しているのだ。うぐぅ。
さらに、第3目的地・丸子のとろろ汁は穴場情報もないので、どことは言わないがおそらく一番有名な店に行ったのだけど、味は悪くないけど高いし、なにより客室係が最悪でもう2度と行くか!という感じ。雨は日本平でも降り続いたし、要するにからっきしの土曜日だったわけだ。
今日の帰り道は各地で速度超過をしまくったはずだけど、「そこのバイク停まりなさい!」と声がかからなかっただけよしとしなければなるまい。


昨日の日本平で思ったことなんだけど、昨年のなび杯の赤軍についても思ったし、今年のレアル・ソシエダもそうなんだけど、やっぱり経験値って大事なんだなあと思う次第。そうすると、8年ぶりにW杯予選を戦う日本代表の経験値ってば、大丈夫なのかしらん。
もっとも、代表の予選に関してはクラッシャー吉田鋳造は間違いなく現地観戦をしないので、少なくともネガティブな要素は1つ減るよね。もし敗退したとしても「それはぼくのせいじゃなぁーい♪」って歌えるし。って、そういう問題じゃないですね。申し訳ない。

▲top