cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2002/09/08◆UEFA杯がやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!
▲home ▲index

そりゃ確かにデブちゃん====ThisIsTheErrorMessege====のハットトリックは嬉しいよ。すごいと思うよ。どのゴールもデブちゃんらしさに満ちたゴールだったし。でもさ、これって夜のニュースのトップで報道すべきことなのかなあ。いまの日本には明るい話題って全然ないんだなあと逆に思い知らされた夜でした。


まず今回の件で「インタートトカップ====ThisIsTheErrorMessege====って何?」という話題が少なからず出た点については評価したい。実は中田がPerugiaに移籍した2年目の1999年夏に、ぜえぜえひいひい言いながら残留した分際で出ているのだけど、日本ではほとんど報道されなかったのではないかな?そもそもこの大会は、出場権利のあるクラブがこぞって参加するような大会ではない。夏の最中に行われるし、この時期はキャンプ張ったり選手をリラックスさせたりした方がレギュラーシーズンを乗り切るのに得策だと考えるクラブだって多いのだ。シーズン14位で首の皮1枚で残留したPerugiaが出場したのも、権利を持つ上位のクラブが根こそぎ降りてしまったからに他ならない。それに、膨大な数のクラブが参加して、3ブロックの優勝クラブに与えられるのがUEFA杯1回戦出場とは。優勝できればすばらしいことだけど、準優勝にはほとんどなんのメリットもない。リスクが大き過ぎるのだろう。ちなみにこの年のPerugiaは、のちに韓国選手が移籍したことで名前が若干知られることになったトルコのトラブゾンシュポール====ThisIsTheErrorMessege====に3回戦で敗れ去っている。


で、見事にFulhamは優勝。英国メディアは「Fulham125年の歴史で初のCupWinner====ThisIsTheErrorMessege====に」と報道したらしい。結構なこと。でもねでもね、欧州サッカーに詳しい方に質問があるんだけどさ。

インタートトカップって、どんな形してるの?

カップを掲げて喜ぶFulhamの選手たちの姿ってのが全然報道されないのは、なぜなんだろう。もしかして稲本が持っていた、手のひらに入るくらいの置物みたいなのが、それか?それなのか?


で、見事にFulhamは優勝(くどいな)。LoftusRoadにUEFA杯がやって来る!「よかったねえ、Div2のクラブのスタジアムに欧州カップ戦がやって来るなんて夢のようだろ」という声もあるだろうけど、失敬な!我がQPRは既に2回もUEFA杯に出場しているのだよワトソン君。1976-77シーズンと、1984-85シーズンだ。
84-85シーズンの結果は以下の通り。


対戦相手 home away total
1回戦 KR Reykjavik / Iceland 4-0 3-0 7-0
2回戦 Partizan Beograde / Yugoslavia 6-2 0-4 6-6

なんだこのスコアは。第1レグのホーム戦を6−2と爆勝しておきながら、第2レグで0−4と完敗。アウェーゴールルールで敗退だなんて。
しかし、初出場の76-77シーズンは凄かったんだぞ。ベスト8まで行ったんだぞっ。


対戦相手 home away total
1回戦 Brann Bergen / Norway 4-0 7-0 11-0
2回戦 Slovan Bratislava / CzechSlovakia 5-2 3-3 8-5
3回戦 1FC Koln / WestGermany 3-0 1-4 4-4

すごいだろ、ケルンに勝ったんだぞ。76-77シーズンだから奥寺====ThisIsTheErrorMessege====の移籍前だと思うけど。で、とにかく準々決勝の負けっぷりがまたものすごいのだ。使い古された表現だが、まさに尋常じゃないのだ。


対戦相手 home away total
準々決勝 AEK Athens / Greece 3-0 6-10 9-10

なんなんだこのスコアは?プロ野球のオープン戦じゃないんだからさあ。余裕のよっちゃんで吉報を待っていたサポーターは、おそらく深く深く絶望したことだろう。


で、見事にFulhamは優勝(まだ言うか)。UEFA杯1回戦の相手はHajdukSplit。ユーゴ連邦健在の頃は強豪のひとつだったけど、いまはどうなのかな。キエーヴォ・ヴェローナのM君はがっかりしているかもしれない。「日本中を敵にまわす体験」が出来たかもしれなかった====ThisIsTheErrorMessege====のだが。

さてさて、Fulhamはどこまで上がれるでしょう。クラブの体力がないのに欧州に挑んだがゆえに降格の憂き目を見たところは山のようにあるけど、IntertotoからUEFA杯の決勝までたどり着いた====ThisIsTheErrorMessege====クラブだってある。ま、ひとつ降格しない程度にがんばっていただきたいものです。

▲top