cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2002/06/03◆ぼくはこんなにも韓日W杯を。(1)
▲home ▲index

金曜日。会社の噂で「自分がどこに異動するか」をおおまかにだけど把握した。どうやら白衣の天使に囲まれることになるらしい。理性を維持できるだろうか。ま、おいおい慣れていくだろう。本当に天使ばかりなのかもわからないし。それに懸案だったW杯休暇もなんとかなりそうな予感。部長はかつての萌え萌えゲロ袋の上司だったひとのようで「ストレスはまったく感じないだろう」とのことだった。

で、この日はW杯開会式&開幕戦だというのだけど、開会式は韓国色が前面に出るという話だったので、日帝の侵略を民族の団結で撃ち破り平和を讃えるというストーリーなんだろう、と思ってパチンコ屋で思いっきり遊ばれてきた。帰ってくるとフランスvsセネガルはまだスコアレス。しかしフランスはボールがつながらないなあと思ってたらサイドでDFがさっくり負けてしまい低いクロスを通されて先制され、そのままずるずると試合が終わってしまった。それほど高いレベルの試合だとは思わなかったなあ。それにマイクが観客の声をあまり拾わないせいか、サッカーの試合という感じがしない。ざわざわしているだけ。違和感が残った。

土曜日。いよいよ日本でも新潟で開幕。NHKは栗田+加茂、スカパーは倉敷+反町。どっちを視るかは明らかだ。見慣れた大白鳥大球場。ここに来てようやく「ああW杯が始まるんだ」と熱くなってくるものを感じた。アイルランドの応援団の声がすごい。カメルーンは、ディレクターが黄色い民族衣装の美人の娘さんを気に入ったらしくさかんにぶち抜いている。中津江村の村長さんも何度も映った。今回のキャンプ騒動で一番損したのは富士吉田なんじゃないかと思う。場内から歌が聞こえる。これよ、これ。試合も白熱したいい感じ。ぼくはサッカーのレベルを鑑賞したいんじゃないんだ。1-1のドロー。アイルランドのサポからYou'llNeverWalkAloneの大合唱。これLIVEで聴けたら宝物だよ。

続いてウルサン。おやまあ、空席が目立つ。どっちも決勝トーナメントを狙うがベスト8には運が要るなという感じ。飛行機マニアたろう君はニクラス・イェンセン====ThisIsTheErrorMessege====が途中から出てきたので現地で狂喜乱舞したことだろう。あまり真剣に視てなかったので感想は特に。ウルグアイはレコバ抑えたらおしまいなチームみたいね。日本に似てるかも。

札幌ドーム。途中退席した観客も多かったそうだけど、もったいない。W杯本番でここまで一方的に相手を叩きのめす試合ってそうは出会えないよ。という見方でしか視れないよあんな試合。これがアジア1位と欧州プレーオフ組の実力差だ、とは思いたくないんだけどなあ。とにかく笑えたのがドイツ応援団の断幕。1860やケルンはいいよ、まだ。256歩譲って認めよう。しかしねえ、赤地に白でF95====ThisIsTheErrorMessege====って、なにさ。フランスW杯に東邦チタニウムの断幕が出たようなもんだぞ。


で、日曜日である。北國新聞はかつて「石川県はワールドカップと無縁で幸せだなあ」というコラムを載せたことは以前ここの雑文で書いたけど、しかしものすごいものである。1面トップが「インドネシア、利払い停止要請」と来たもんだ。その脇だかに観客席の写真があってW杯かと思いきや「石川県営球場でパリーグ開催、1万5千人が歓声」。3番目のニュースは県の補正予算、W杯は1面右下隅に2段だけ、もちろん写真なし。代々木レッズ====ThisIsTheErrorMessege====だって2番目の記事はW杯だったぞ、ってサッカーは共産圏でも盛んだからね。北國新聞はデスクが徹底的な野球原理主義者=アンチサッカーなのか、石川県に関係ないものは徹底的に排除するという会社の方針なのか。もしそうなら、インドネシアの利払い停止で影響を受ける組織が県内にあるということになるが、それは問題ではないのかな。なんか前者の可能性の方が高そうだし、その方が面白そうだ。

2時半からカシマ。Jで見慣れた会場なんだけど、全然違って見える。アルゼンチン、強いわ。クレスポとアイマールをサブに置いておけるなんて、恨めしい。パラグアイ対南アフリカはパスして風呂と晩飯を片づけ、浦和美園。ここは本当に日本かね?スタジアム全体がGodSaveTheQueenを歌っているような気さえする。雰囲気は凄いんだけど、イングランドよくないねえ。ダイナミックじゃないよ。ベッカムのCKからキャンベルがヘッドでどっかーん。これで勝ったらまるで「あぶさん」だとか思ってたら、やはり守備の定評のなさを突かれて同点にされてしまいあとはスウェーデンのサッカーが面白いのなんの。勝ちたかっただろうねスウェーデン。逆に追いつめられたイングランド。さあ、いよいよ次の札幌ドーム・アルゼンチン戦がものすごいことになってきた。自衛隊も突っ込むか?


で、これを打っている間にもスペイン対スロベニアが行われているのだけど、正直言ってサッカーは腹いっぱい。こんな気分は、上海2日目の夜に「もう中華料理はいいよお」と思って以来かもしれない。これがあと4週間近く続くわけね。ぼくらは持久力も試されているのだろうか。

▲top