cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2002/05/21◆ぼくならこうする?代表選考
▲home ▲index

「困った時は長嶋選手だ」
「うん」
「きっとなんとかしてくれる」
「うん」
(矢作俊彦「スズキさんの休息と遍歴」より)

新幹線の改札に向かう途中の柱に、発表になった代表メンバーの一覧が壁新聞速報で貼られていた。足を止めて見ているのは若者だけではない。うち一人が「ほお」とつぶやいて立ち去っていった。広島に向かう「のぞみ」車中でも、電光掲示のニュースで繰り返し情報が流れた。翌朝の三次駅近くで見た中国新聞では1面で「久保外れる」の見出しがついていた。山陰合同新聞では、中田浩二が選ばれた====ThisIsTheErrorMessege====ことではしゃいでいて、中田浩二が大会に出た時の少年時代の写真をカラーで載せていた。一方、北國新聞のコラムには「私にとってもっとも痛快事なのは、我が石川県がワールドカップサッカーとは無縁でいられるだろうということ」という文章が載ったそうな。全国でいろいろなリアクションがあったというわけだ。

代表選考に関して「誰それを選ぶべきだ」「誰それを使え、なぜ使わない」などの話が出てくるのはなぜだろう。ぼくたちが語れるのは「ぼくならこうする」までであって、「選ぶべき」「使え」などと言った話が出来る筋合いではない。いちサッカーファンであっても、評論家を名乗る連中であっても、だ。で、あとで聞いて驚いたのだが「トゥルシエ監督には選手選考に関して説明責任がある」とまで言ったメディアがあったそうで、いったいこの国はどうなっているのだろう。いまさらなんだが、監督の仕事は納得するチームを編成することではなくて納得する結果を残すことであって、だからまだ説明責任などは発生しないはずなのだ。それに、もし小笠原の代わりに俊輔が選ばれていても説明責任なんて言葉が出てきたのだろうか。もっとも、平成3年の秋の天皇賞====ThisIsTheErrorMessege====中日スポーツ====ThisIsTheErrorMessege====というとんでもない例を知っているので、メディア相手にいまさら憤慨してもしょうがないのだけどね。


というわけで、以下は「ぼくならこうしたかな」というレベルでの代表選考に関する感想。

【GK】
選択の余地はないでしょうな。別選択肢を用意するなら「2人でもよかったかもね」というレベル。

【DF】
秋田選出については「ビビッたな、トルシエ」の一言で十分でしょう。そりゃあビビるわ、ここ最近の試合内容を観れば。ここも「なぜこいつがいない?」という選手は見当たらないようだし、これでいいんじゃないの。

【MF】

まあ喧しいのなんの。でもぼくは「俊輔落選」より「名波落選&福西選出」の方が意外だった。ボランチを福西&稲本のコンビにするのだけは見たくないのでやめてほしいな。2枚揃って行った行ったになったらフラット3なんか木端微塵だと思うんで。俊輔&名波不在ということで、左のプレースキックは誰が蹴るんだろう。アレックスはそんなにうまいとは思ってないんだけど。日本の武器だった「セットプレーからの得点」はかなり減る気がするけど、別にいいんじゃないの?日本のメディアはずーっと「流れの中で点を取れ」と言い続けていたんですから、トゥルシエもたまにはメディアに配慮したんじゃないかな。ぼくは知らなかったけど、今回の大会から流れの中の得点は1.5点になったんでしょう。きっと。

【FW】
結果論だと言われてもしょうがないけど、ぼくは中山隊長は絶対選ばれると確信していた。これまでの日本代表はベテランが少な過ぎた。最年長はモリシだったけど、彼は「行くぜ野郎ども!」というタイプじゃない。
約一月前に仙台で「べ」vs東京を観た時のこと。後半早々、ピッチサイドに財前宣之が登場した時のスタジアムの状態を忘れることが出来ない。瞬間的にスタンドのほとんどに大歓声が発生した。仕掛けられていた花火が一斉に点火されたようだった。それはまさに鳥肌モノの光景だった。誰もが待っていた、英雄====ThisIsTheErrorMessege====の復活。
おそらく、中山隊長はスタメンで使われることはないだろうけれど、途中交替の用意で彼がピッチサイドに立ったとき、おそらくスタジアムはあの時の仙台七北田と同じようになるだろう。逆にいえば、スタジアムを同じように出来るのは、彼しかいない。そういうパワーが必要となる時は必ず来る。だからこそ中山隊長は選ばれるだろうと思っていた。WELCOME BACK.


最後に、Number誌にお願いが。主戦級のライターを使ってずーっとトゥルシエのやり方に意義を唱えてきたんだし、中村俊輔キャンペーンも打ち続けていたのだから、ワールドカップ期間内も含めて大々的に反トゥルシエキャンペーンを打ってほしい。ほとんど人格全否定に近い攻撃を加え続けてほしい。そして、もしトゥルシエの代表が説明責任の不要な好成績を挙げたとしても、「我々の批判があったからこそトゥルシエはこの結果が残せたのだ」====ThisIsTheErrorMessege====と堂々と開き直ってほしい。新聞に一面広告をぶち抜いて宣戦布告をしてほしいくらいだ。期待してますよ>文芸春秋さん。

▲top