cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2002/05/10◆一筆啓上金属疲労が見えた(「鋳造の通販生活」9)。
▲home ▲index

ずーっとほかっといた====ThisIsTheErrorMessege====鋳造の通販生活2ですが、ほぼ終了しています。なぜほかっといたかというと、注文したものがほとんど船便で送られてきたようで発注から受領まで2ヶ月は要したから。品物が届く段階になって「俺は何を頼んだんだっけ」ということもあったけど、開けて見るとあーっ思い出した俺が頼んだのはこれじゃないぞ!とかいう事態が続出したのであった。おーい、おまんら東洋人をなめとらんかあああ。

【St.Pauli】
ホーム用ユニを頼んだのだが、送られてきたのはアウェー用ユニ。つーか、生地がどう考えてもユニのそれではない。白ベースであることもあってほとんどというかまるっきりTシャツではないか。もっとも着心地は悪くないので特に不満はない。ただ、Tシャツならもっと安いと思うのだが。

【TirolInsbruck】 よくわからんがANA-VISAが使えなかった。先方の担当者と何度もメールでやりとりし、結局ANA-VISAは使えないということになってもう1枚持っていたVISAカードでなんとか決済した。ふえーんマイル貯めてるのにいいい。やがて商品が到着、しかし頼んだのはユニとスカーフなのだがユニしか入ってないではないか!SUPERPARTIEのスカーフはどうしたんだ。さっそく「はいっとらんがねー」とメールを送ると「おおそれはすまなんだ、すぐに送るから待っててくれい」と即答。なかなかいい対応ではないかい?そして届いた緑のスカーフは、ネットに展示のサンプル写真ではわからなかったのだけど実は97/98シーズンのものだった。そんな古いブツをネットで売るなよ。お前ら、もしかして在庫処分してないか?

【Motherwell】
ホームユニはくすんだ橙色というか、その昔に不評であっという間に塗りかえられた都営バスのゴミ色みたいで嫌だった。一方アウェーユニは白ベースのシンプルなものながら、スコットランド代表のアウェーユニにも通じるセンスの良さ。当然アウェーだな、と注文したのに届いたのはゴミ色のホームユニ。同封されていたメモに曰く

OUT OF STOCK
JUST HOME TOP
SORRY
YVONNE
====ThisIsTheErrorMessege====

それってありか?ありなのか?商売としてありなのかYVONNE?もし俺が既にホームユニ持ってたらどうするつもりだったんだろ。しかしあまりに気に入らないカラーリングなので、北京国安隊ニセユニに続いてパジャマ&コンビニ出撃用に格下げの可能性大。せっかくネットでスコットランドから取り寄せて、これかよ。

【Livingston】
黄色と黒のチームカラーはレイソルか?と思ったけど、届いたものを見るとどうやら黒と黄色と言った方が適切みたい。スカーフとデイパックとキャップとマグカップ。キャップもデイパックもちょっと小さめだった。マグカップよろし。ここは満足です。

【St.Jonestone】
まだ来ねえぞー。カネは払ったんだとっとと送ってこんかい。あまりに届かないので何頼んだかも忘れちまったじゃねーか。


というわけで、鋳造の通販生活2は紆余曲折ありながらもなんとか終了しました。そのうちユニをグラフィック化しますね。たぶん次はないと思います。正直に言いますが私は疲れました。


最後に、「鋳造の通販生活」で御縁が出来たSt.Gallenですが、優勝シリーズは8チーム中6位で終了したようです。欧州行きはなりませんでした。

▲top