cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2002/02/07◆ミラーントールの衝撃。
▲home ▲index

休みに入って約1週間が経過。宣言通り、自転車で動ける範囲は自転車で動くようにしている。朝飯は雨さえ降らなければ15分漕いだ先のマンガ喫茶でインターネットを適当に見ながら食べている。今日2/7もいつものように始まった。

久しぶりに欧州サッカーの現在の情報を見ようと思った。私の愛するQPRちゃんはどうしているだろうか。1年で3部を通過する====ThisIsTheErrorMessege====かもという悪夢のような噂もあったが・・・とYahooUKで調べてみると、真ん中ちょい上あたりの順位に収まっていた。勝ち点差もまだそれほどではなく、6位にすべりこむ====ThisIsTheErrorMessege====ことは十分に狙える位置にいる。がんばっていただきたいものだ。

とりあえず安心して、次はザンクトパウリだ。20試合だかやってわずか2勝、最下位18位に根をおろしてどれくらいになるのだろう・・・とYahooDEに。fussballをクリックすると、そこには


St.Pauli 2-1 Bayern Spiel beendet


・・・・・・・・(3秒経過)

ででででででででででででででででで(以下同文)

パウリがバイエルンに勝っただとおおおおおぉ!試合のレポートページには
Sensation am Millerntor====ThisIsTheErrorMessege====: St. Pauli stoppt Bayern
の文字が見出しで躍っていた。残念ながら詳細を読み込めるほどドイツ語には精通していないので、前半2−0で折り返し後半の反撃を1点にしのいだこととパウリで得点した選手の名前しかわからない。でもそれでいい。それだけでいい。

確かに最近のバイエルンはおかしかったようだ。ここ最近の対戦結果を見ると、ウィンターブレーク====ThisIsTheErrorMessege====前にはロストック====ThisIsTheErrorMessege====にも負けてるし、年が明けた最初の試合でシャルケ====ThisIsTheErrorMessege====に5−1と粉々にされている。しかし、まさかパウリごときに星を落とすとは思ってもみなかったことだろう。逆にパウリはこれで念願の最下位脱出。残留ラインはまだ上に見える程度だが、今日くらいはそんな現実的悲観は忘れてもいいだろう。この時間、向こうはまだ深夜の1時くらい。レーパーバーン====ThisIsTheErrorMessege====では熱く猛る男達の激情を吸い上げているはずだ。きっと、パウリがブンデスリーガ1部昇格を決めた夜と同じくらいに。

しかし不許可なのは反革命的放送局WOWOWだ。1860====ThisIsTheErrorMessege====戦なんか放送してる場合じゃねーだろが!バイエルンの試合なんだぞ、なぜ放送しないのだ。これは断固たる決意で重殲滅を加える必要がある・・・とは思うものの、次節にバイエルンvsドルトムントなんてとんでもない試合が組まれていては。当然これはLIVEだろうし、そうなるとウィークデイ開催の試合までバイエルン優先というわけにはいかなかったんだろうなあ、と萎えてしまう鋳造であった。弱い。


まあ、これでパウリも大きなお土産を手に入れたというわけだ。2部に戻ってもしばらくはサポの自慢のタネになるだろう。

「俺達1部でバイエルンに勝ったんだぜぇーっ!」

これだからサッカーは面白いんだよなあ。

▲top