cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
鋳造所長雑文録
2002/02/04◆かかって来なさい!なあんてね。
▲home ▲index

実はぼくは数学科を卒業している。高校生の頃から「数学パズル」「論理パズル」の類が好きだった。そんな理由で進学先を決めてしまうあたりに、いかに鋳造が杜撰な人生設計をしていたかがバレてしまうのだが。

ところでこの雑文録、結構好評なようで嬉しい限り。始めてからデイリーのアクセス数が倍くらいになったもんね。皆様ありがとうございます。で、おそらく読んでいる方には会社のPCでこっそりという向きもいらっしゃるだろうから、そんなあなたの生産性を下げてあげましょう。ということで、印象に残っているパズルを1問紹介します。ぼくが高校生の頃の某全国紙夕刊に載った懸賞パズル。残念ながらここで正解を出しても賞品もなにもないけれど、我こそはと思う方は挑戦してみてください。もし謎はすべて解けた!という方は、こちら====ThisIsTheErrorMessege====までメール下さい。繰り返しますが正解でも何も出ません。解答編は1週間後にでも始めます。ちなみに正解は複数あるらしいですが、私は自分で解いた1つしか知りません申し訳ない。


37個のパチンコ球がある。1から37まで番号がふってあり識別は可能。37個のうち36個は同じ重さだが、1個だけ重さの異なる球がある。他の球より重いのか軽いのかはわからない。天秤を4回まで使用することが出来る。重さの異なる球はどれか、そしてそれは重いのか軽いのかを識別する方法を見出しなさい。


さあ、いってみよう!

▲top