cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
travelnotes : overseas
【SHANGHAI-01】 2001/10/07 上海駅のバリケード、新世界城へ
▲home ▲index <<prev next>>
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====

地下鉄の終点で降りて外に出ると、そこには人があふれていた。駅舎はとても大きかったが、わかったのはそこまで。というのも、駅舎の入り口にバリケードが出来ていて、そこで乗車券のチェックをしている。ここが改札口というわけでもあるまいに、と思って近づくと張り紙があった。漢字を一生懸命読むと、過剰乗車を防止するために国慶節連休の間は駅舎の手前で一度乗車券を確認させてもらいますというようなことが書いてあった。なるほど。とすると駅前広場にたまっているのは乗車券を持たない連中なのか。しかし、どちらにしてもこれでは駅の売店にも近づけないので時刻表も買えない。なんとか見つけた小さな書籍系売店で交渉するが「没有」====ThisIsTheErrorMessege====の一言で終わりだった。
そろそろ帰国のことも考えて土産物を買いたい。たしか人民広場新世界城====ThisIsTheErrorMessege====に中国土産コーナーがあるとか観光ガイドに書いてあったような。地下鉄で戻り、行ってみる。
地下1階がスーパーマーケットになっていた。行ってみるとものすごい厳戒態勢だ。商品陳列コーナーに入る入口は2ヶ所しかなく、警備員が張り付いている。ぼくが通ろうとするとさっくり呼び止められた。反対側にいけという。反対側で入ろうとすると、ここでも呼び止められた。おいおい、また向こうに行けというのではあるまいな。すると彼はぼくの背負ったデイパックを指差し、後ろのコインロッカーに入れろというような仕草。といっても日本で見るコインロッカーとは感じが違う。少し戸惑っていると警備員氏が使い方を教えてくれた。1元コインを通す(入れると下の口から戻ってくる)と小さな紙が1枚印刷され、未使用のロッカーの鍵が開く。そこに荷物を入れて閉じる。紙には暗証番号のような10桁くらいの数字が印刷されていた。これが鍵の代わりらしい。なくしたら大変だ。しかし、ここまでの設備を作るとは、よほど万引きの被害が多いのだろうな。ようやく中に入ったぼくは、歯磨き粉====ThisIsTheErrorMessege====とかインスタントラーメンとかの日用品を土産として購入した。

====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====

このデパートビルの上の方に中国土産コーナーがあるはずだ。吹き抜けのど派手な設計のデパート、エスカレーターで上がる。6階はスポーツ用品コーナーだった。すでに上海申花隊のユニは持っているので、他のユニはないだろうかと気軽に覗いてみると、ここでも申花隊のユニを扱っているではないか。しかも、胸にSHARPと書いてある====ThisIsTheErrorMessege====トレーニングウェアも置いてある。ちなみに飾ってあったユニのサイズははXXXL。本部より在庫のサイズも豊富だったりして。本部で手に入れたユニはサイズ的に少々不安だったので、店員に私が着るんだけどと身振りで説明すると、出してきたホームユニにはXXXXLだった(笑)。これだけデカければぼくでも大丈夫だ。一緒にトレーニングウェアの上下も買った。トレーニングウェアは198元、ユニは100元。おいおい本部より安いぞ?!カネを払おうとすると店員はなにやら伝票に書き込むとぼくに手渡し、店の隅のほうを指差した。なるほど。まだこうした買い方が残っている====ThisIsTheErrorMessege====のね。戻ってくると、ユニの入った袋には何か別の物も入っていた。おまけで何か入れておいてくれたらしい。

▲top <<prev next>>