cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
travelnotes : overseas
【KOREA-09】 2013/07/28 休戦線地方の天気予報
▲home ▲index <<prev next>>
====ThisIsTheErrorMessege==== ====ThisIsTheErrorMessege====

2013年7月28日

起床。晩飯が午後10時過ぎだったからか、不思議と空腹感がない。これは朝飯なしでいいな、とまた孔徳駅から地下鉄に。すると、ホームにはここ始発の電車っぽいのが停まってて、行先に문산とある。あら、ムンサン行は孔徳始発になったんだ。というか、電車になったんだ。====ThisIsTheErrorMessege====

====ThisIsTheErrorMessege====

この日の目的地は、烏頭山統一展望台。地下鉄2号線で合井に行き、2番出口から出るとネット情報どおりにバス乗り場があった。たしか200番だったな……よし、200番はここから出る。『とんいるとんさん』というバス停で降りればいいはずだ。
やがて、やって来たバスは2200番。違う。とバスの出発を見送ると、バスの横腹に『とんいるとんさん』と書いてあるではないか。なんだ、2200番も行くんだ。しばらく待つと、やって来たのは200番のバス。よしよしこれだ、でも一応確認しておこう。運将に『とんいるとんさん?』と訊くと「行かないよ」とそっけない返事。あらららら?ぼくの調査間違いで、200番じゃなくて2200番だったか。しまった。200番も見送り。
再び2200番がやって来た。もう確認する必要もないので乗り込んだ。バスは高速道路に入って漢江沿いにぶっ飛ばす。外はスゴい雨で、果たしてこんなんで『北』が見えるのかちょっと心配になる。

====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====

パジュあたりから郊外の印刷団地とかに寄っていく。バス車内にはときどき次のバス停案内の表示が出るし、次の停留所放送はキチンと流れているのでとにかく『とんいるとんさん』に気をつけていればいい。景色はどんどん田舎になっていくけど、そもそも統一展望台が住宅地の近くにあるわけがないので、全然気にしなかった。ところが、突然、次のバス停案内の表示でその先がなくなってしまって、はい?と思った時には、もう終点。そこはどっぱずれのバスの車庫だった。
あーらららら。『とんいるとんさん』を聞き逃したか?とにかく終点なんで降りるしかない。なんで韓国まで来てバスの車庫の写真を撮らねばならん(笑)。車庫発の2200番のバスが出るとこだったので、『とんいるとんさん?』と訊くと、両手の人差し指を向かい合わせてくるくる回す。「乗換えがいる」という意味か。うひゃあああああ。
こうなったらもうタクシーを拾うしかない。住宅街でもないこんな田舎でタクシー拾えるのか。しかし、そこはさすが韓国。10分もせずに空車のタクシーをつかまえられた。『おどぅさん、とんいるちょんまんで』。バスの車内から交差点の案内標識で「統一展望台」は韓国語で통일전망대ということを見かけていたのが役に立った。統一展望台へは麓のサービスエリアから無料シャトルバスがあるのだけど、タクシーで上まで上がってもらった。

====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====

入場料金は3000ウォン。展望台の建物に入る。とりあえず『北』が視たいだけなんで、途中の歴史説明シアターはパスして一気に屋上へ。うあああああああすごい霧だ。でも、だんだん左側にうっすらと陸地が見えてきた。ほうほう、あれが『北』か。
しばらく眺めてから、階下にある北韓製品の売店に行ってみた時に、なんとなく「もしかしたらさらに霧が晴れてもう少しはっきり眺めることが出来るかもしれない」と気になったので、もう一度展望台に上がってみることにした。今度は説明シアターにも入って。すると、そこには統一展望台周辺のジオラマが置いてあって、さっきぼくが眺めていた陸地が実は『南』側だったことが判明してわははははははははのはー。あやうく大恥をかくとこだったぜ(笑)。もう一度展望台に上がり、今度はちゃんと右側の『北』を確認することが出来た。とはいっても、霧の向こうにぼんやりと海岸線が見えるだけだったけど、やむを得まい。
もう一度、北韓製品の売店へ。一番安い焼酎を買っていこうと思ったけど、『北』製品にしてはラベルがピカピカで。どうやら『北』レシピの焼酎を『南』で製造しているだけのようだ。ちゃんとした『北』製、Made In DPR Koreaの焼酎は結構高かった。そりゃそうだよなあ。

無料シャトルバスで麓のサービスエリアに戻る。あ、バス停だ。통일동산とある。ところが、ここを通るバスの系統に200番も2200番もないではないか!ぶははははははは、いやあ、やられたぜ。

というわけで、2013年7月の情報です。烏頭山統一展望台に行きたい方は、地下鉄3号線・大化駅か国鉄京義線・金村駅から900番のバスに乗って『とんいるとんさん』で降りてシャトルバスに乗り換えです。路線再編が行われたようで、200番も2200番も『とんいるとんさん』は通りません。おそらく2200番系統は再編されてから日が浅くて横腹の案内を修正する前だった====ThisIsTheErrorMessege====のでしょう。韓国では鉄道路線の新規開通などで路線バスのルートは再編される可能性があるので、あとは現地で出たトコ勝負(笑)。韓国のタクシーは安いから、京義線の金村駅でタクシー拾って『とんいるちょんまんで!』が一番確実かもしれない。

▲top <<prev next>>