cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
travelnotes : overseas
【KOREA-06】 2007/09/19 KTXでソウルへ
▲home ▲index <<prev next>>
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====

翌朝。例によって5時半起き。朝飯に狙ってたシジミスープ屋は6時開店のはずなんで、合わせて行ったらまだ準備中だった。
では、と昨日世話になったPC房へ。ところが今回の担当さんとはうまくコミュニケート出来なかった。残念。仕方なく他のPC房を探してウロウロ。そうだ、せっかく旧市街にいるのだからチャガルチ市場に行ってみようと歩き出すが、ぼくが迷い込んだ朝7時前のそこは“市場”というより“水産加工場”で、大量の貝が並んでいる中でみんな黙々と魚介類を捌いている。とても観光客が冷やかせる雰囲気ではなく、撤収。
うーむ、どうしよう。6時40分になった。そういえば先刻のシジミスープ屋は休みではなく準備中だった。もしかしたらもう開いているかも、と思って再度訪れたら、果たしてそこは開店していた。よしよし。
店内にはメニューが写真入りでデカデカと。シジミの刺身ってのがどんなのか気になるけど、ここはオーソドックスにシジミスープ定食を。ここでもまたとんでもない量のおかずが。魚料理は、韓国風“ぶり大根”か?味噌が入ってないスジミスープもあっさりしていてよし。しかし、朝飯でこんなに喰っていいのかしらん。
すっかり満足して、さあKTXでソウルだ。地下鉄で釜山駅へ。初韓国の際の駅舎とはまるで違っていて、さすがKTX効果。巷の噂では「チケットが取りにくい」とのことだったけど、7時30分に窓口で交渉すると7時40分発のがあるという。そうバタバタしてもしょうがないし、と8時ちょうど発のを選択。で、釜山駅をウロウロすると、コインネット端末を発見した。15分500ウォン。コンパネが隠されてて日本語入力用にカスタマイズは出来なかったけど、読むことは出来た。
7時45分にムグンファが出るというのでホームに降りてみた。かつては特急扱いだったムグンファ、しかしいまや急行以下の扱い。====ThisIsTheErrorMessege====これでソウルまで何時間かかるんだか。乗客もそう多くない。出発を見送って、さあKTXホームに行こう。

20両。長い。でも、先頭と最後尾は機関車で客が乗るのは18両。特席にしたので、1435mmゲージの車両に座席は1+2。広いです。これで67100Wはありがたいなあ。しかし、特席は一般席の1.4倍設定だそうで、これは概算で東京=名古屋を新幹線普通席利用とグリーン車利用と同程度の差になる。そう考えると、確かに簡単には手が出ないかもしれない。ありがたかったのは、特席車はミネラルウォーターのチビペットボトルがタダで手に入ることだ。デッキにある自動機で自由にもらえる。

====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====

列車は釜山を定時に出て、北へ。たしかに、静か。でも、ずっと在来線なのね。====ThisIsTheErrorMessege====だから、速さを感じない。途中、湿原のようなところを通過して、すごいところに線路を敷いたんだなあと思ったらそれは湿原じゃなくて先日の台風で水没した畑だった。そのまま在来線を走って東大邱へ。
東大邱を出てしばらくすると、ようやく高架専用線に入って、新幹線らしい速度になる。外の景色は長閑なもの、退屈なんでテレビを視る。一般席車は知らないけど、特席車にはテレビがあってニュースやら芸能紹介やらを流していて飛行機の機内のよう。印象に残ったのが鉄道公社が流していた車内マナー向上キャンペーンで、イケメン兄ちゃんの手品師が禁煙の車内で煙草に火を点ける男から煙草を取り上げるとペロペロキャンディーに変えたり、携帯電話で話し続ける女の電話機をバラの花に変えたり。ただ「だめですっ!」とやるよりずっと気が利いていると思う。
ソウルの市街地に入って再び在来線に。車窓にはソウル近郊電車、あの103系もどきはまだ走っているのね。そして雨が降ってきた。釜山で視た天気予報の通りだ。ソウルにはほぼ定刻に到着。集札のご婦人に「記念に欲しい」と申し出て乗車券をなんなく手にする。

いやあ、ソウル駅は変わった。旧名古屋駅のようなゴミゴミした雰囲気はなくなったね。で、都羅山行の切符を買わねばと出札口のお姉と交渉するが、「ない」とつれない返事。もしかしてこの大雨で運休?それとも『北』と何かあったか?別の窓口で今度はお兄と交渉して事情が飲み込めた。彼はPCの画面をこちらに回し、10:50の列車を表示して「LastTrain」と言うではないか。げげつ。
実際、都羅山だけ行って帰ってくる連中は多くない。大抵は都羅山からDMZツアー====ThisIsTheErrorMessege====に行き、そして戻ってくる。DMZツアーは半日程度かかるから午前中に出発する。だから、最後のDMZツアーが出た後は都羅山行列車は出さないのだ。恐るべし。とはいえ、都羅山駅は民統線====ThisIsTheErrorMessege====の向こうだから、しょうがないんだろうな。しかし、ソウル駅で交渉開始したのは11時ちょうど頃。つまり、釜山で素直に7:40のKTXに乗っていたら10:50発の都羅山行に間に合った可能性が高い。迂闊。
とにかく、行けなくなったものは仕方がない。民統線の手前の臨津江までは普通に行けるので、そこまでは行くことにして片道券を購入する。次の列車は11:50。さて、どうしよう。まずは、何か喰っておこうと食堂を探す。

====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====

『さぬきうどん』
はい????????????

ひらがなでそう書いてある。ソウルで讃岐うどん。このケンカ買った!と勇んで中へ。メニューはいたって普通。海老天うどんがあったのには脱力を通り越して笑ってしまうが、ここは盛り合わせうどんを。何が盛り合わせなんだと思ったら、竹輪やら練り半やらが入った普通のうどんだった。5500W。朝のシジミスープ定食と同額なのは、仕方ないか。普通のうどんが喰えたことを感謝すべきなのかもしれない。
次は傘だ。どこかで入手しなければ、新ソウル駅にはロッテスーパーが隣接してるので、どうせ外に出たとこでワゴンセールやってるだろうと行ってみたらまさにビンゴ。折り畳み傘を7000Wで購入。そうこうするうちに列車の時刻が近づいてきた。改札を通って中へ。

▲top <<prev next>>