cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
travelnotes : overseas
【KOREA-01】 1998/09/13 目的地へは早めに
▲home ▲index <<prev next>>
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====

朝起きてテレビのスイッチを入れる。言葉はわからないが雰囲気でつかめるものも多い。もちろん、パーフェクトにわかってしまうものだってある。釜山からソウル====ThisIsTheErrorMessege====までは国内線を利用する。空港まで素直にタクシーで行ってもいいのだけど、せっかくだからとプサン地下鉄西面====ThisIsTheErrorMessege====まで行くことにする。

地下鉄南浦洞駅の入口は工事中のよう。黄色と黒のトラ縞の鉄板に
안전제일
…………あん・じょん・じぇ・いる。安全第一ね。韓国通の友人が言っていたハングル=漢字の変換遊びってのがどういうものか、わかってきた。混んでいるという噂の地下鉄は朝早いせいかガラガラ。でも駅構内が暗いという噂は本当だった。名古屋地下鉄より暗いと書けば一部の方はわかってくれるだろう。まだデパートが開く時間でもないし、西面で降りた客はわずかだった。

ロッテホテルの前で模範タクシーをつかまえる。キメエアポート・ドメスティックターミナル・・・全然通じないぞ。困った。身振り手振りと単語の羅列で、なんとか空港の国内線だと理解してもらえた。いまなら、片言でもキメコンハン・クンネソントミノルって言えばよかったんだとは思うのだが。運転技士様は気を遣ってカーステレオで日本の曲をかけてくれた。

空港には離陸の1時間前に着いてしまった。朝飯もまだだし、チェックインしてから何か喰うか、とカウンターへ。出発電光掲示に曰く、10:00発のKALソウル行はCANCELLED。

・・・・・・・・・・きゃんせるど?

バタバタとカウンターで交渉する。どうやら1本前の9:30出発便がまだ空いている、らしい(実はナイン・サーティーとアベイラブルだけしかまともに聞き取れなかった)。皆さん、目的地には早めに到着しましょうね。そんなわけで、朝飯も喰えずにバタバタとソウル金浦====ThisIsTheErrorMessege====空港に到着です。

最近出来た地下鉄で市内へ。途中で一度乗り換えて、乙支路入口====ThisIsTheErrorMessege====で降りる。外へ。ドッカーンと威圧する巨大ビル。さすが大都会ソウルだ。明洞====ThisIsTheErrorMessege====に向かって繁華街を歩く。新宿を歩いているような感じ。街を歩くアガシ====ThisIsTheErrorMessege====脚が細くて長くてスラッとしてて、ブティックのマネキンですら日本のものよりディテールが強調されているように思うけど、気のせい?昼になったばかりなのに、ホテルではチェックインさせてくれた。ありがとう。荷物を置いて、いよいよKリーグの観戦に出発だっ!

・・・と鋳造は引っぱってしまうのでした。次のページへどうぞ。

▲top <<prev next>>