cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
travelnotes : overseas
【HONGKONG-03】 2004/01/10 ちょっと警戒した旅立ち
▲home ▲index <<prev next>>

特にこの日じゃなきゃだめというわけじゃなかったのだけど、1月に3連休があるなあと思った途端に香港に行きたいという欲求がふつふつと。12月なかばの段階で全日空のPEX往復はサクサク取れてしまい、同行者も出来たことからホテル代も折半出来てラッキーに裏ドラも乗ってしまう。と、ほいほい準備は進んでいた。出発の3日前までは。


木曜の午後、上司が不幸のメッセージを持ってきた。

「おい吉田、SARS出たぞ」

うわーい!職場が職場だけにSARSが出たとなると迂闊には近づけない。しかしその後の詳細な情報収集により、患者はあくまで「疑い」に過ぎないこと、発生は香港ではなく100kmは離れた広州であること、WHOも香港に関しては何の危険情報も出していないことなどが判明。一応さらに上層部の部長にも報告したが、「いまの段階では『行くな』とは言えないが、マスクはして行けよ」とのお達しが。だいたい、100km離れた街で「疑い例」が2~3あるだけでぼくがSARSを拾ってきたとしたら、それは乗ってる飛行機が墜ちるより確率低いと思うぞ。
というわけで、関西空港でマスクとうがい薬を買って、いざ出発。


====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====

全日空で香港に行くのは2度目。機内は日本語だらけなので海外に向かっている気に全然ならない。隣に座った女性はガイドブックのファッションコーナーを丹念に読み漁ってはメモを起こしている。いろいろ頼まれているのかな。そういうぼくも、今回の香港行きがバレると職場の女性からブランド物の購入を頼まれていた。やれやれ、だ。普通の機内食を食べ、普通にビールと白ワインで酔っ払って時間をつぶした。機内では「ファインディング・ニモ」を上映している。いやあディズニーの映画ですねえ以上終了。だいたい定時に====ThisIsTheErrorMessege====に降りた。
イミグレをサクッと通過して、銀行で10000円分の香港ドルを入手。前回の旅行の際に900元くらい残してあったのだけど、念のため。通天巴士====ThisIsTheErrorMessege====の乗り場でちょっと待っていると、成田から飛んできた同行者2名がやって来た。いつもと違うバス、A22ライン====ThisIsTheErrorMessege====で街に向かう。
同行者の2名を紹介しておこう。この旅行記ではB屋とK屋としておく。B屋の方は香港通、というか海外は香港しか知らない。K屋は中国東北部には何度か行っているものの香港は初めて。青衣大橋を渡ると本格的に香港に近づいたなあと思えてくる。だいたいこの辺りまで来るとこの街はいつでもNowEditingだという感想を持つのだが、K屋によれば中国大陸の大きな街はいまではどこでもこんな感じらしい。

▲top <<prev next>>