cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
travelnotes : overseas
【HONGKONG-02】 2003/03/16 香港的甲乙丙(上半場)
▲home ▲index <<prev next>>
====ThisIsTheErrorMessege==== ====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====

さて、初めて見る香港のアマチュアサッカー。香港リーグは甲級・乙級・丙級A・丙級地区というカテゴリーになっていて、ぼくが観戦するのは一番下の丙級地区聯賽・葵青vs湾の試合。こんなカテの試合でも、チーム関係者ではなさそうなおじさんが3人くらい観戦に来ている。しかしまあ、試合の方はこれまでにぼくが見たすべての試合の中でも1、2を争うレベルの低さだった。チームで何かをしようという動きがまったくない。我が春日井クラブが戦ったら、10試合やったら7つは確実に取れるような気がする。ぼくはいろいろと地域リーグやらの試合を観ていて、レベルが低くても観戦の愉しさってのはある部分共通点があると思っていたのだけれど、さすがにここまで降りてくるとそうでもないなあ。この試合は観戦スケジュールの都合で前半終了までしかいられないのだけど、それだけ観れば十分といった感じだった。あまりに試合がなんだかなあなので、競技場から見える機場快線の電車や、目の前の海を横切る貨物船やタグボートを眺めたりしていた。前半終了と同時に撤収。次の試合は、前回の訪港でも行った旺角大球場。
高級銀牌決勝は午後3時から。南華====ThisIsTheErrorMessege====愉園====ThisIsTheErrorMessege====という名門同士の対決である。もしかして旺角のキャパでは満員になってしまうのではないだろうか。ぼくが入場門の前に着いたのは開始10分前。S君夫妻もTX氏も待ってくれていた。入場料は1人60元。足球総会のサイトでは20元/60元とだけ書かれていて、ぼくは座席にカテゴリーがあるのだと思っていたのだが、あとで現地新聞を読むと学生&老人20元/一般人60元ということらしい。メインもバックもほぼ満員だったが、日本でいうところのホーム側G裏には結構余裕があったのでそこに座る。アウェー側ゴール裏はガラガラ。もっとも、これは競技場の設計が原因であって、競技場は東西に造られているので、アウェー側ゴール裏は西向きに試合を観ることになって暑いわ眩しいわということなのだ。どちらのクラブにもいわゆるサポはいない。メインスタンドにはテレビカメラも何台かあり、ゴール裏には集音マイクもあった。試合開始。
どっちもカウンターのチームではないので中盤戦ということになるが、明らかに南華が有利。右のウィンガーを勤めているのは李健和====ThisIsTheErrorMessege====という選手で、髪型といいプレースタイルといい、オルテガ====ThisIsTheErrorMessege====を思い起こさせる。しかし得点シーンは縦一本のロングパスだった。抜け出したFWがループシュートを決めて南華が先制。ぼくらの前ではすごい胸板の西洋人男====ThisIsTheErrorMessege====がウォーミングアップをしていたが、先制されたということもあって愉園は前半途中でさっそくこの選手を投入。DFを削って前線勝負に出た。ぼくらはいかにもフィジカルに優れたといった感じの彼のカラダを見て期待していたのだけど、プレーをいくつか見て印象は変わった。「………でく?」ゴール前での決定的チャンスははずすし、相手を押し込んでミドルシュートのチャンス!という時も打たないし。しかし愉園が必死に前がかって攻勢に出た結果、ゴール前の混戦を押し込んでついに同点。残り数分の同点劇に南華の選手はかなりへこんでいた。愉園はこの時間に一気に押し込めば試合を決められたと思うのだが決定機を逃し続け、試合はこのまま延長戦に。

====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====

それまで観客はどちらを応援するというわけでもなく、好プレーには声援を送りミスには不満の声を漏らすという感じだったのだが、延長戦に入るとメインスタンドの一部が明らかに南華に声援を送り始めた。すると、ゴール正面で李健和の打ったシュートは愉園DFの足にあたり大きくバウンドしてGKの頭を越えてゆるやかにネットの中に吸い込まれていった。まさに時間がゆっくり動いているような感じだった。ゴールデンゴール。延長から応援を送り始めたスタンドに走り寄る南華の選手達。ピッチにへたり込んで動けない愉園の選手達。技術という点では、日本のJ1の下の方という感じだったけど、カップ戦決勝らしい試合だった。しかし、南華は香港リーグを飛び出して中国甲Aに参戦した方がいいのではないだろうか。おそらく香港リーグに所属することで得られるものはほとんどないような気もするが、それってグラスゴーの2チームがプレミアに参戦するような無謀なものなんだろうか。そしてもう一つ、この大会に関して翌日の新聞でぼくの気持ちは沈んでしまうことになる。それについては後ほど。

====ThisIsTheErrorMessege====

さてどうしよう。晩飯はTX氏推薦の越南料理店にしようということになり、一度解散。集合は「聯合広場の『80M』====ThisIsTheErrorMessege====。ぼくらにはこれが一番わかりやすい。ホテルに戻り荷物を置いた。ホテルの入口には案内があって、今日の夜10時からバーでプレミアのライブ中継をやります、とのこと。1ドリンクでいくらだったかな。で、中継のカードがなんと曼城伯明翰====ThisIsTheErrorMessege====とな!かなりそそられるカードだ。香港の英国人や中国人と騒いで観戦なんて実に愉しそうだが、夜10時ではむずかしいかもしれない。佐敦駅近くの屋台でまたしてもよくわからん鞄を38元で買った。値切る気にもならない。件の『80M』から15分近く歩いた旺角の街中に、小さな越南料理店====ThisIsTheErrorMessege====がある。ビールは缶の生力====ThisIsTheErrorMessege====だし、高級な感じはまったくない。セットメニューと、あとは春巻を食べた。微妙な酸味がエスニックな雰囲気。ここで1時間くらい会食して、山頂====ThisIsTheErrorMessege====に行くというS君夫妻と別れた。ぼくらは地下鉄で茘枝角へ。

▲top <<prev next>>