cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
travelnotes : overseas
【EUROPE-01】 prologue 掘り起こされる外堀
▲home ▲index <<prev next>>

にっぺり担当者の説明によると、3/23までだかに航空券の決済を済ませてくれということだったのだが、にも関わらず実は運賃が確定していなかった。日本=欧州の往復は確定していたのだが、欧州内の運賃がまだ決まってない、とのこと。よくわからんが、そんなもんなんだろうか。やがて運賃確定の連絡を受けてにっぺりに電話すると、ここで大トラブルが発生した。実はスタアラのairpass制度ってのは行程内に24時間以上滞在の都市が2つ以上必要なのだそうだ。先に書いたようにぼくのプランは24時間以上の滞在都市は1つもない。つまりairpass制度は使えない。

Wien→München→Manchester→München→
Köln→Frankfurt
が、全部「どノーマル運賃」になります

というのだ。申込の段階では何も言わなかったくせに、購入期限ギリギリになって「すみません割引運賃は使えません」ってのは、世間一般で通じるわかりやすい表現では「悪徳商法」って言うんじゃないか?
徹底的に戦うぞーっ!と気合十分にはなったのだが、ここで再びたろう君のお世話に。スタアラのairpassはだめだけど、StopOver無関係のLHの割引運賃を使えば運賃はほとんど変わらずに行程が組めることが判明した。いやあ、感謝です。しかし、海外航空運賃に習熟したマニアさんが知人にいなかったら、にっぺりはマジでどノーマルを売るつもりだったのだろうか。

さて、ようやく運賃が確定したので航空券を買わなければならない。そういえば試合の時間の最終確認をしていなかった。時間が決まっていなかったKöln-Pauliの試合はどうなったかな。とドイツ情報サイトKickerに行ってみたら、あらびっくり仰天。Köln-Pauliの試合だけが28日に延期になっているではないか!なんとですか!しかし、こんなこともあろうかとぼくはちゃあんと保険の観戦試合を考えていたのさ、とOberligaのFortunaDüsseldorfの試合を確認すると、なんとなんとFortunaの試合は16日に前倒しになってしまっているではないか!なんとでございましょう!もうこうなったら手近なところで観戦できる試合を探すしかない。NordrheinOberliga所属のUnionSolingenというクラブの試合が組まれていたので、それにしよう。となると、降りる空港はKöln/Bonn空港ではなくDüsseldorfの方が便利だ。かくして購入直前に急遽プランの組み直しとなった。

25apr kansai 1040 nh1285
wien 1600
26apr wien 0650 os0111
münchen 0750
münchen 0905 lh5994
manchester 1015
27apr manchester 0700 lh5943
münchen 1000
münchen 1110 lh803
düsseldorf 1220
28apr düsseldorf 1105 lh185
frankfurt 1200
frankfurt 1350 nh6006
29apr kansai 0745

これで決定!もしUnionSolingenの試合すら観戦不可になったら、その時はWuppertalの首吊り電車====ThisIsTheErrorMessege====でも乗りに行くさ。
しかし、いまからもう一度Düsseldorfのホテルを探すのは大変だし、宿はKölnのままにしておいた。宿をKölnにしたのにはもう一つ理由があって、最終日にはライン川の渡船に乗ろうと思っている。ドイツの地図サイト====ThisIsTheErrorMessege====を調べていたら、LeverkusenにAutoFähre====ThisIsTheErrorMessege====があることが判明したのだ。LeverkusenというのはKölnの隣り町なので、こちらをベースにした方がいいように思えたのだ。


というわけで、一度掘り返された外堀は再び埋まった。鋳造は金曜の夜にWienでオーストリア地域リーグを観戦し、土曜の午後にManchesterでPremiershipを観戦し、日曜の午後にSolingenでOberligaを観る。またしても完璧な計画のはずだった。この完璧に埋めた外堀が、このあともう一度掘り返されてしまうのである。

▲top <<prev next>>