cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
travelnotes : overseas
【BEIJING-01】 2002/10/27 東方新天地フードコート
▲home ▲index <<prev next>>
====ThisIsTheErrorMessege====
====ThisIsTheErrorMessege====

最後の悪あがきで、人民解放軍女兵士カレンダーを求めて西単をうろうろした。地元民向けのショッピングビルの5階だかで本の安売りをやっていたので、「機動警察パトレイバー」と「カードキャプターさくら」のマンガ====ThisIsTheErrorMessege====を購入。その店に、卓上カレンダーのコーナーがあったが、残念ながら解放軍のものはなし。代わりに中国代表のものがあったのでありったけ購入====ThisIsTheErrorMessege====してしまった。そしてエレベーターで1階へ。扉が開いた途端にどやどやと大勢の客が乗り込んできた。おいおい、エレベーターですら「降りる方が先」というルールが成り立たないのか。そういえば、地下鉄駅でも「文明乗車 先下后上」という標語をそこらじゅうで見つけた。「文明乗車」ねえ……。解放軍カレンダーは本格的に諦め、ホテルに戻る。

北京の最後の夜。出発前は、ホテルにある潮州料理====ThisIsTheErrorMessege====店で最後の夜くらいはディナーとしゃれこもうと思っていた。しかし、レストランが予想以上に混んでいたこともあり、やはり王府井に出ることに。例の東方新天地の地下フードコートでは、中国のいろいろな料理が安く食べられるらしい。
ホテルから初めてバスに乗って王府井に出た。東単や王府井のあたりは渋滞するという話を聞いていたのでこれまでは敬遠していたのだが、実は西単駅まで10分かけて歩かなくても、ホテル前の民族文化宮バス停からサクサク王府井までは動けることが判明。しかも1元。最後の夜に判明しても。とほほ。
東方新天地のフードコートはプリペイドカード方式。入口の窓口でカードを買う。5元のデポジットが含まれている。つまり50元のカードを買えば45元分喰えるというわけだ。もちろん、余った分は帰りに窓口でデポジット分も含めて払い戻してくれる。====ThisIsTheErrorMessege====店内には本当にいろいろな店が出ていた。餃子や焼売などの小吃から、四川、上海、広東、福建、雲南、などなど。中国料理以外にも、韓国、西洋、日本料理の店が出ている。鉄板焼の店が結構繁盛していた。ぼくは福建の店で海鮮炒飯を頼み、四川の店で粉蒸排骨を頼んだ。とにかく炒飯の量が多い。味付けは香辛料が前面に出過ぎている感じがしてイマイチ。粉蒸排骨は四川だから辛いのは当たり前だが、なんか食べにくかった。北京滞在中にいろいろ食べ比べてみるのがいいだろう。ちょっと口の中に香辛料が残ったので、ジュースコーナーで西瓜汁を飲んだ。実は萌え萌えゲロ袋が西瓜ジュースの大ファンなのだが、飲んでみてわかった。ほんのり甘くてすっとして。確かに、街中のスタンドで暑いさなかに飲んだらたまらんだろうなあ。腹一杯になったので店を出る。払い戻しすると19元戻ってきた。海鮮炒飯が10元、粉蒸排骨が12元、西瓜汁が9元。全部で31元。普通の中国の食堂に比べるとかなり高いということは強調しておく。
王府井の繁華街から徐々にひとが少なくなっているように感じた。日曜の夜。明日からは仕事がある。北京に来るときに一緒だった紳士は「北京の夜は長い」と言っていたが、おそらく彼は三里屯近くで遊んでいたのだろう。王府井・東単や西単の夜は、ソウルと比べるとかなり早い。

====ThisIsTheErrorMessege====

最後に、もう一度天安門に行こうと思った。どうせ帰り道だ。歩いてもいいのだがいい加減疲れたのでバスで天安門へ。ライトアップされた門を観光客が写真に納めていた。しかし、昼間と比べるとひとの数もだいぶ少ない。眺めているうちに、天安門の屋根を飾るイルミネーションが消されて、少しだけ地味になったような気がした。人民大会堂も、中国革命博物館も照明を落とした。日曜の夜の9時半。ぼくはバスに乗ってホテルに戻った。風呂に入っていると電話が鳴る。「にーはお?」と応える。「にーはお………Hello?」フロントからだった。中国語が返ってくるとは思ってなかったのだろう。マッサージはいるか?との結構なお誘い。やはり、需要も供給もあるのだ。きっぱり断って、風呂から上がると2日前に4本買ったビールの最後の1本を呑んだ。明日の朝は早い。

▲top <<prev next>>