cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
travelnotes : motorcycle
tour:三洋電機はしご【第1日】
▲home ▲index <<prev next>>

はるが〜きた春がきたっ♪花粉もおとなしくなって単車で最高!の季節到来、土曜と日曜で地域リーグのハシゴを考えた。土曜日にユニバのサブで関西リーグ2試合、日曜に徳島は松茂で四国リーグ1試合。この組み合わせだと通常は高速バス====ThisIsTheErrorMessege====での移動を考える。ぼくだって最初はそう考えた。でも、この日曜が「第2日曜」だと気づいた瞬間に、スイッチが入ってしまったのだから仕方がない。第2日曜。坂出山下でうどんが喰える。この段階でサッカー観戦とうどんとどっちが主たる目的なのかわからなくなってしまう。最近の鋳造は会場本位制かつ食本位制なのだ。


金曜夜に盟友Sun'sSonと呑んだものの、単車移動を考えて若干ながら控えめにしたおかげで翌日の移動も支障はなさそう。朝マックでコーヒー呑んでカラダを覚まして出発。関ヶ原から名神高速で西へ。天敵・滋賀県警に十分注意して、瀬田からは京滋バイパスへ。京都東の出口渋滞はまっぴらごめんだ。吹田SAについたところで飛行機マニアたろうに連絡を入れ、西宮ICで降りたところのローソンで待ち合わせ、関西リーグの資料などをいただく。ありがたい。
好天の土曜日だけあって西向きは渋滞傾向。西宮から神戸三宮まで結構な時間がかかってしまう。長田から2003年開通の山手線に入る。この道路の開通広告に使われたのは元・神戸製鋼ラガーマンの大八木で、コピーは「好きです、強い神戸」とかだったはずで、そりゃこのコピーじゃオリックスやヴィッセルの選手は使えないよなあと思ったものだ。

途中で弁当を買ったりしたせいで、ユニバサブが見える高台に着いたときには試合は始まっていて、どちらかのチームが得点した直後だった。そして坂を下りて単車を止めている最中にもう1点入ったらしい。第1試合はバスティア====ThisIsTheErrorMessege====と神戸FC1970の対戦。FC70のサッカーは昨年の全社====ThisIsTheErrorMessege====でしっかり愉しませていただいている。どうやら今日もバスティアは粉砕されてしまうのか、今年も残留争いの主役を張りそうだなあと思いながら、観戦しているひとに尋ねると、「いま2−0で三洋です」「………はい?」
心穏やかならぬ状態で試合を観始めると、おおっアローズと同じくバスティアもサッカーがなんか違うぞ。ポストプレーも出来てるしサイド深くからの崩しも出来ている。前半、さらに1点追加して3−0になった時は「こんなバスティアは視たことがない」と興奮状態になってしまったのだけど、その後ドヤドヤと得点され後半なかばには同点に。ああ、ぼくのバスティアは………と嘆いている矢先に再びバスティアが得点!勝てるか?勝てるのか?しかし再び同点にされ、残りわずかな時間でPK取られて万事休す。結局4−5で負けてしまった、うぐぅ。でも、でもでも、このサッカーが出来るのなら今年のバスティアには目がある。関西リーグは来年から2部制になるため、上位8位に入ることが1部残留条件。がんばっていただきたい。

第2試合はスポンサー獲得で強化を図ったセントラル神戸とエルマーノ大阪の試合。メンバーを視ればセントラルに分がありそうに思えるのだけど、試合を観るとその印象は消え去ってしまう。セントラルはまだチームになってない。やってるサッカーはエルマーノの方がわかりやすいしはっきりしている。試合は4−2でセントラルが勝つのだけれど、3点目4点目は残り5分を切ってからのもの。結構苦戦するんじゃないの?主力をごっそりぶっこ抜かれたアインや降格組の破竹隊の試合を視ていないけれど、今年の関西リーグは混戦模様の予感。


さて、観戦を終えたので食本位制モードに速やかにシフト。第2神明→加古川バイパス→姫路バイパス→太子竜野バイパスと抜けて竜野西から山陽道へ。4月からブルーラインが無料になったのを幸いに備前で降りて、あとはブルーラインをのんびりツーリングして、18時半のフェリーに乗って高松へ。

今回は、夜のうどん3連荘で3軒ともカレーうどんを食べてみたのだけど、やっぱ鶴丸が一番好みだなあ。ぼくが入ったときは7人が注文済みだったのだけど、どうやら全員がカレーうどんを頼んでいたらしくぼくがカレーうどんを頼むと店員さんも少々困惑気味。五右衛門と元祖五右衛門はどっちも同じようなカレーだったのだけど、あとから食べた元祖五右衛門の方が鶴丸の後だけだっただけにちょっと印象的に不利だったかも。締めはこんぴらうどんでざる大を食べて大満足。
マイル獲得のために空港近くまで走って「空港グランドホテル」へ。フロントのおじさん曰く、まだ全日空と契約したばかりでマイル申請をした客はぼくが初めてなのだそうだ。値段の割に部屋も広くて大満足。単車で来るなら宿はここだな。

▲top <<prev next>>