cyic.co.uk 吉田鋳造総合研究所
『私は田中智博ではない』
▲home

まず、はっきりさせておきたいことがあります。


私は田中智博ではありません。


平成9年3月に(財)日本海事広報協会発行の「LA MER(ラメール)」に田中智博なる人物による、渡し船に関する原稿が掲載されました。タイトルは「各地に残る渡し舟は利用がふえても減っても存在が危ういやじろべえ的交通機関」というもので、各地に残る渡し船の紹介ならびに訪問時のアドバイスといった内容ですが、これは、私こと吉田鋳造がG.ZEPPELIN名義で、平成7年6月に発売された『週刊プレイボーイ27号』(表紙は石田ゆり子)に書いた原稿の盗作です。


盗作とはまた穏やかじゃないですね。で、私が「どう考えても盗作だ」と判断する根拠は別表====ThisIsTheErrorMessege====の通りですので、参照して下さい。はっきり言って盗用だらけなので、対照表も相当大きくなってしまうけど、つきあってください。

一応弁護士の人とも相談しましたけど、訴訟は見送りました。
理由1.加害側(ラメール)より被害側(プレイボーイ)の方が圧倒的に発行部数が多く、従って賠償額は低くならざるを得ず、訴訟費用の捻出も疑問。
理由2.著作権侵害の訴訟は通常時間がかかる。
理由3.週刊プレイボーイ側は、こうした「盗用」を一種の“有名税”と考えている(優れた企画がTV局などに使われるのは日常茶飯事、らしい)。


いまさら訴訟を起こす意思などありませんが、このままではただの泣き寝入りですし、G.ZEPPELIN(=吉田鋳造)と盗作者・田中智博が同一人物であると勘違いされる(同じことを書いているのですからね)可能性の存在がどーしても許せないので、ここに盗作があった、という事実を記したいと思います。ちなみにこの田中智博という人物は、某全国紙(なんとか経済新聞)の記者だという話も伝わってきたけど、どうなんでしょ。


くどいようですが、私は田中智博ではありません。吉田鋳造です。

▲top